バレンタインのお菓子に込められた意味は?

      2017/02/25

バレンタインに何をあげよう悩んでいるそこのあなた!

バレンタインにあげるお菓子には、それぞれ意味があるということをご存知ですか?
間違えると相手を勘違いさせてしまうかもしれません。

今回はバレンタインのお菓子の意味についてご紹介致します。

スポンサーリンク

  

バレンタインのお菓子に込められた意味とは?


生チョコ、ブラウニー、ガトーショコラ、クッキー、パウンドケーキ etc・・・

様々な種類のお菓子がありますが、
実はバレンタインに贈るお菓子にはそれぞれ意味があるんです。

お菓子別に紹介していきますね。

1.チョコレート・ケーキ類:特に意味なし


バレンタイン=チョコレート

というイメージですが、チョコレートには実は深い意味合いはありません。

チョコレートには、ミルクチョコレート、ビター、ブラックなど様々な種類がありますし、生チョコやガトーショコラなど、チョコレートを使って作るお菓子も多いですが、全て特に意味はありません。

同様に、ケーキ類(生ケーキ、パウンドケーキ、タルト、ガトーショコラ etc・・・)も特に意味はありません。

チョコレートやケーキ類は、本命にも義理チョコでも、安心して贈って問題ないオールマイティーなお菓子です☆

2.キャンディ・マカロン・キャラメル:本命


キャンディー:「あなたが好き」
マカロン:「あなたは特別な人」
キャラメル:「一緒に居ると安心する」

という意味が込められています。


キャンディーやキャラメルは、食べると口の中で長く残るものなので前向きな意味が込められているんだとか☆

マカロンは、他のお菓子よりも見栄えや値段も含め、高級感があることから、「特別な人へ贈るお菓子」とされています。

本命に贈る場合は、上記の3つがおすすめです☆




スポンサーリンク




3.クッキー:友達


クッキーには「友達でいよう」という意味があります。

クッキーはサクッとした食感が特徴で、乾燥していますよね?
この乾いている状態とサクッとした食感から、

2人の関係も乾いていて、サクッとあっさりしている

という意味で、友達のままとで居ようということになるんだとか。


その為、本命の相手に渡すのはNGなので、注意しましょう。

1度に大量に作ることが可能なので、義理チョコや友チョコにはピッタリのお菓子ですね♪

4.マシュマロ:あなたが嫌い


1番の要注意お菓子なのが、マシュマロ!

なんとマシュマロは、「あなたのことが嫌いです」という意味を持つんです!

何故かというと、マシュマロは食べるとすぐに溶けてなくなってしまいますよね?
そこから「あなたとの関係もその程度にしておこう」という意味になっているんだとか。

知らずに渡してしまうと、相手がショックを受けてしまう可能性があるので注意しましょう。

本命はもちろんですが、友人にも渡さないに越したことはないですね^^;

し・か・し、

チョコ入りのマシュマロ」は意味が違い、
中に入っているチョコを“愛する気持ち”と例え、

純白の愛で包み込む

という意味があるそうです☆

とはいえ、見た目だけでは分からないので、もし渡す場合は相手にも説明する必要がありますね^^;


上記は、渡す場合はもちろんですが、
バレンタインのお返しで渡す際も、同じ意味を持ちます。

ホワイトデーのお返しがドキドキですね…♪



まとめ

いかがでしたか?
意味って意外と知らないことが多いですよね。
私も昔何も知らずに、本命の彼にマシュマロをあげたような…(笑)

もちろん気持ちがこもっていれば、しっかり伝わると思いますが、さりげなく意味を意識するのもいいかもしれませんね☆

◇バレンタインの関連記事

・バレンタインの相場、彼氏編は≫こちら

・バレンタインの相場 本命&義理編は≫こちら

・お菓子の日持ちと保存方法は≫こちら

・チョコを渡す日にちやタイミングに関しては≫こちら

スポンサーリンク