イベント

クリスマスチキンが余ったら?残りが絶品スープに!アレンジレシピを紹介♪

クリスマスのチキンと言えば、
日本ではローストチキンを食べるのが鉄板ですが、

他の料理も沢山作ったから、
チキンが残ってしまった…

という経験はありませんか?

残ったチキンは固くなっちゃってあんまり美味しくないし
捨てようかな…と思っている方、

ストーーーーーーーーップ!!!

余ったクリスマスチキンは、
アレンジすることで、
更に美味しく食べることができちゃうんです!

今回は、

◆ クリスマスチキンが余った時の活用法
◆ 残りのアレンジレシピ

をご紹介します^^

クリスマスのチキンが余ったらどうする?

クリスマスチキンって、
出来立てはジューシーで美味しいですけど、
どんどん固くなっちゃうので、
余ったら捨てる方もいらっしゃるみたいなんですけど、
ちょっと待ってください!!

余ったチキンって、
実は色んな料理にリメイクして、
更に美味しく食べることができちゃいます!

たくさん活用レシピがありますが、
簡単なものをザっと紹介すると、

◆ サラダチキン
◆ サンドイッチの具
◆ 炊き込みご飯
◆ シチュー
◆ カレー

などなど。

チキンを小さく割いて、
そのまま入れるだけなので、
本当に簡単にできちゃいます!

何よりもパサパサ感が気になるという方は、
シチューやカレー、クリーム煮など、
煮込み料理にいれると、
ビックリするほどホロホロのお肉になるので、
試してみてくださいね^^

クリスマスのチキン 残りはスープに♪

クリスマスチキンと言えば、
お肉を食べた後、必ず“アレ”が残りますよね。

そうアレです。

「骨」です。

きっと捨てる方が多いと思うんですけど、
超勿体ないです!!

この骨を使えば、
本格的な絶品スープが作れちゃうんです!

しかもやり方は、意外と簡単で、
たくさん作っておけば、冷凍も可能♪

早速作り方をご紹介しますね^^

ローストチキンの骨で作る 絶品スープ!

【材料】

・残りのローストチキンの骨
・しょうが
・長ネギ(主に青い部分)

・クッキングペーパー
又は、キッチンペーパー

・あれば キャベツやニンジンの切れ端

【作り方】

1.ローストチキンの骨を水洗いする

もし、食べた後の骨を使うことに抵抗がある方は、
軽く熱湯をかけてから使用してください。

POINT

この時に、筋のような余計なものは取り除きます。

骨についている多少のお肉は、
良いダシがでるので、そのままにしておきましょう。

2.鍋に1の骨を入れます。

そして、臭みを取るために
しょうが、ネギを入れ、
たっぷりの水を入れて
弱火」で「1時間程度」煮込んでいきます。

この時に、キャベツやニンジンの切れ端などがあれば、
一緒に煮込んでいくと、
更に美味しいスープになりますよ^^

POINT

 沸騰したら必ず「弱火」で煮込みましょう。
 骨や野菜からアクが出るので取り除きましょう。

煮込む時間は1時間程度としていますが、
コッテリが良い!という方は、
もう少し時間を長くしてください。

3.煮込んだら、ザルにクッキングペーパーを敷いて、
別鍋にスープを漉して完成!!

作ったスープは、そのまま野菜をいれて
野菜スープ」や「ポトフ」にするのも良し♪

↑の野菜スープをご飯にかけて、
お粥」にするもよし♪

中華麺を入れて「ラーメン」にするのも良し♪

お鍋」のスープにするのも良し♪

様々なレシピに活用できちゃいます!

たくさん作ったスープは、冷めた後、
小分けして冷凍しておくことも可能です^^

「洗う → 煮込む → 漉す」

の3ステップで、
簡単に本格的なスープが作れるので、
是非作ってみてくださいね♪

クリスマスのチキン 残りのアレンジレシピ♪

スープだけでも色んな料理に活用できるんですが、
今回は骨ではなく、余ったお肉がメイン!

余ったクリスマスチキンが、翌日立派な夕飯に大変身!!

子供~大人まで、
幅広い年代層の方が大好きなあの料理です^^

残りのローストチキンがふんわり「親子丼」に変身!

【材料】2人前程度

・ 残ったローストチキン  適量
・ 玉ねぎ    1/2個
・ 卵      2~3個

◆ 醤油   大さじ2
◆ みりん  大さじ2
◆ 酒    大さじ1
◆ 砂糖   大さじ1
◆ ほんだし 小さじ1弱
◆ 水    160cc

・あれば三つ葉やネギ

【作り方】

1.残ったクリスマスのチキンを粗めにほぐして、
骨は取り除いておきます。

2.玉ねぎは薄くスライスします。

3.鍋に◆と玉ねぎを入れて
玉ねぎが透明になるまで煮込みます。(中火)

4.玉ねぎが透き通ったら
1のローストチキンを入れてなじませます。

5.卵をほぐして、1/2量を入れ、
火を弱火にして、蓋をして1分待ちます。

6.残りの溶き卵を入れて、蓋をし、
中火で15秒程度煮る。

POINT

10秒経過したあたりで、確認してみて
お好きな半熟具合になるように調整してください。

ちなみに私はいつも10秒くらいでとめて、
そのまま一時蓋をしておき、余熱で温めてます^^

7.ご飯の上に盛って、
三つ葉やネギをかけたら完成!!

普通の親子丼と違って、
既にローストチキンは火が通っていて、
煮込む時間がいらないので、
かなりの時短になりますよ^^

忙しい日の夕食にもってこいです♪

他にもアレンジ方法はたくさん!!

ここで我が家がよくする、
超簡単レシピを紹介します♪

餃子の皮、又は食パンに、ピザソースを塗り、
ほぐしたローストチキンとチーズを乗せてトースターでチン!

簡単ピザの出来上がりです♪

後は、上記のピザソースを
照り焼きソースにして、仕上げにのりを乗せ、
照り焼きチキン風ピザも美味しいですよ♪

グラタンやドリアに入れても美味しいです。

残ったチキンは、
本当に様々なアレンジができるので、
是非今年からは、
安心して丸焼きローストチキンを買ってくださいね!(笑)

まとめ

クリスマスのチキンは、
そのままでももちろん美味しいですが、
残りをアレンジして更に美味しく食べることができちゃいます♪

クリスマス当日はチキン、
翌日はカレーやポトフ、
余った骨はスープの出汁取りに、
無駄なく美味しく頂いてくださいね^^

◆ 関連記事
>> クリスマスチキンの日持ちは?正しい保存方法や残りは冷凍できる?
>> クリスマスチキンの上手な温め方はコレ!パリパリに焼くコツも紹介♪

人気の注目記事

05031311651からの電話には要注意!Amazonドライバーからの電話番号であることを忘れずに【徹底解説】

空白 コピペはこちらから!役に立つ情報を徹底提供