ハロウィン

ハロウィン 血糊の作り方♪簡単な7つの方法を紹介

目安時間 9分

来週はハロウィンだし、
仮装とメイク気合入れるぞー!

と思っていた矢先に「血糊」を買い忘れていたことに気づき、
急いで買いに行ったけど、どこももう完売していた…泣

という方、安心してください^^


実は血糊って、家にあるような普通の材料で、
自分で簡単に作ることができるんです♪


今回は、血糊を作る7つの方法
作り方のポイントを交えながらご紹介します^^

スポンサーリンク

  

ハロウィン 血糊の作り方を紹介


今から血糊の使い方を紹介していきますが、
血糊を自分で作ると、粘度や色合いも調整できるので、


 顔に使うのか
 身体に傷メイクとして使うのか
✓ 洋服に使うのか
 子供が使うのか
 固まった血の雰囲気を出したいのか



など、使用用途によって、
作り方を選んでみてください。


【例】

◇ 顔や身体、子供が使う場合

→ 口に入っても大丈夫
  肌についても害がない
 「食用」のものを使用する


◇ 洋服につける場合

→ しっかり接着する為に、
  接着度の強い「のり」を使う


◇ 傷メイクの部分に使う

→ かさぶたのように、
  固まった血の雰囲気をだすため、
  「片栗粉」を使ってドロっとさせる

など。



それでは早速紹介していきますね。




スポンサーリンク




◆「食用」の材料を使用した作り方 ☆顔や子供にオススメ


1.はちみつ×食紅






【材料】

・はちみつ
・食紅 赤
・食紅 緑


【作り方】

1.お皿にはちみつと食紅の赤を適量入れて混ぜます。

2.赤いはちみつになり、一見完成したにように見えますが、
  これでは、リアル感がないので、
  食紅の緑を少しづつ足し、好みの色になるまで混ぜます。

3.赤黒い、本物の血のような色になれば完成!


はちみつの粘度がいい感じのドロっと感になります。

そして、はちみつなので
子供に使う場合もおすすめです^^


2.水あめ×食紅


こちらは、上記で紹介した方法の
はちみつを「水あめ」にしたバージョンです。


作り方は一緒ですが、
水あめの方がはちみつで作ったときよりも、
粘度の高いものに仕上がります。


固めの血糊が良い方は、こちらの方法がおすすめです。


【材料】

・水あめ
・食紅 赤
・食紅 緑


【やり方】

1.お皿に水あめと食紅の赤を適量入れて混ぜます。

2.食紅の緑を少しづつ足し、好みの色になるまで混ぜます。

3.赤黒い、本物の血のような色になれば完成!


3.チョコレート×食紅




【材料】

・チョコレート
・食紅 赤


【材料】

1.チョコを湯煎して溶かす

2.好みの色になるまで食紅を加える


完成!


元々茶色のチョコレートに赤色の食紅を混ぜるので、
赤黒く、リアルな血糊に仕上がりますよ♪


基本的な手順は以上ですが、
1点注意しておかなければならないのが、
湯煎したチョコレートは「冷えたら固まる」ということ。


洋服に薄く塗りつけるならまだしも、
顔や手に塗ってそのまま固まると・・・

ご想像通りボロボロとれます(^-^;


ドロっとした液体として使用したい場合は、
水などを加えて濃度を調整しましょう!


4.ケチャップ×食紅×インスタンスコーヒー




【材料】

・ケチャップ
・インスタントコーヒー
・食紅 赤


【やり方】

1.お皿にケチャップを出す

2.食紅を加えて混ぜる

3.インスタントコーヒーを少しづつ加えて、
  赤黒くなるように調整する



ケチャップやインスタントコーヒーなら、
自宅に常備しているという方も多いのではないでしょうか?

買い足さなくてもあるもので作れたら助かりますよね^^


そして、口に入っても安全なのが嬉しいです♪


5.食紅×片栗粉×水




【材料】

・片栗粉
・食紅 赤
・食紅 緑
・水

・空のペットボトル


【作り方】

1.ペットボトルに水を入れる

2.赤い食紅を入れて振る

3.緑の食紅を少量いれて振る

4.片栗粉をとろみが出るくらい入れて振る


完成!


この方法だと、一度にたくさん血糊を作ることができます!

「食紅1本分:500ml程度」の血糊を作ることができますので、
これを踏まえて上で、作る分量を考えてみてくださいね。


お皿でも作れますが、
ペットボトルの方が振るだけなので便利です^^

もう少し粘度がほしいという場合は、
少し「加熱」すると、ドロッとした血糊になります。




スポンサーリンク




◆「のり」を使用した作り方 ☆衣類にオススメ


6.洗濯のり×絵具




【材料】

・洗濯のり
・アクリル絵の具 赤
・アクリル絵の具 黒(又は緑)


【やり方】

1.お皿に洗濯のりと赤の絵具を入れて混ぜる。

2.黒の絵具を少し加えて、
  リアルな血の色になるように色を調整する。


水性絵の具はダメなの?
と思う方もいらっしゃるかと思いますが、

水性絵の具だと、
色移り」しやすく「匂いがきつい」という点から、
あまりおすすめしません。


その為、血糊を作る際は、

 ポスターカラー
 アクリル絵の具


がオススメですよ。


アクリル絵の具は100円ショップでも購入できます♪


7.スティックのり×マスカラ×口紅


【材料】

・スティックのり
・マスカラ 黒
・口紅 赤

・あれば紙コップや紙皿
(普通の紙でもOK)


【やり方】

1.スティックのりと口紅を同量程度とり、
  紙コップに入れてよく混ぜます。
  

2.少量のマスカラを加えて混ぜる。


完成!


女性なら、マスカラも口紅も持っている方が多いと思うので、
手持ちのアイテムで作れるのも嬉しいポイントですよね♪


更に、のりを使って作るので、塗った後に渇き、
色が付着しづらく、取れづらいのも良い所です。

傷メイクにピッタリですね^^


よりリアル感を出したいならコレ!





傷メイクなどで、よりリアルな傷の雰囲気を出すために、

固まった血」や「肉片」をイメージしたい

という方は、「ワセリン」を使いましょう。





やり方は簡単!

いずれかの方法で作った血糊に
ワセリンを加えるだけ!


中でもおすすめなのが、
水あめ×食紅」の血糊です。


POINT

上記の血糊を、一度「電子レンジで加熱」して、
水分を飛ばしてから、しっかり冷やします。

その後に適量のワセリンを加えましょう。


更に市販の血糊を少し足すと、リアル感が増しますよ^^


まとめ


血糊の作り方は、この通り簡単なんです♪

家にあるものなら、安くで済みますし、
自分で作ることで、好みのものが作れるので
是非作ってみてくださいね^^

◆ 関連記事

>> ハロウィンメイク 傷のやり方を紹介!血のりを使うと更にリアルに♪

>> ハロウィンメイク ゾンビのやり方!花嫁やナース向けも紹介♪

>> ハロウィンに関する記事まとめ♪

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

スポンサーリンク




人気記事TOP5!

ディズニーオンアイスに関する記事まとめ

赤ちゃんの夏バテの症状は?正しい対策を紹介

  新着記事
記事検索はコチラ

カテゴリー
お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ^^

運営者情報

運営者情報はこちら

メタ情報