上履き入れの作り方 簡単裏地付き☆ 手順写真有

   

入園準備の必須アイテム!
「上履き入れ」


既製品でお子様の好きなキャラクターで
サイズもピッタリの物があれば良いですが、
中々そうはいきません(^^;


初めての入園で子供自身も不安なので
せっかくなら子供の好きな物を持たせて
少しでも楽しく通わせてあげたいですよね^^


そこで今回は上履き入れの作り方を
手順画像付きでご紹介します^^


裏地マチ付きでかなり丈夫に仕上がるので安心です♪

スポンサーリンク




上履き入れの作り方 簡単裏地付き☆



【用意するもの】


・表生地:60cm × 26cm
・裏生地:60cm × 26cm



・持ち手用生地:35cm × 8cm 1本
        8cm × 8cm 1本

作るのが面倒な場合は、カバンテープでもOKです。
その場合は、

・3cm幅の35cm 1本
・8cm 1本 

用意してください。

・Dカン:3cm幅 1個

・待ち針
・裁ちばさみ
・アイロン



今回は表生地にキルティング、
裏地にオックスを使用しています。

生地選びに悩んでいるという方は
コチラの生地を参考にされてださいね。

>> 通園バッグの生地はキルティングが良い?裏地はどうする?


ちなみに生地はいつも種類豊富なコチラのお店で
購入しています^^
>> ハンドメイドのお店ファブリックス




そして、今回はミシンを使って作りますが、
ミシンがないという方は、
裁ほう上手を使えば、貼り付けるだけなので
簡単に作れますよ♪






それでは早速作っていきましょう!





1.持ち手を作る


まず、持ち手を作ります。

持ち手用生地の【端から1cm】の所を
アイロンで型付けします。




生地を半分に折って待ち針で固定し、
【端から3mm】の所(赤点線部分)を縫います。




8cm × 8cmの方も同様に仕上げ、
できたらDカンを通して、半分に折っておいてください。


2.持ち手を生地に仮止めする


先程作った持ち手を表生地に仮止めします。
端から11.5cmのところに持ち手を縫いつけます。

縫い代内の5mm位の位置(赤点線)で縫ってください。



3.裏地を重ねる


表生地と裏生地を
表になる方を中にした状態で重ねます。



4.表地と裏地を縫う


返し口を8cm程残して、端から1cmの所を縫います。




POINT

この時、表地よりも裏地を
3㎜程度多めに縫い代をとって縫ってください。


こうすることで、裏が少し小さめに仕上がり、
中に入れた時に綺麗に仕上がります^^


5.縫った部分を開き、アイロンで型付けする


4で縫った部分を開き、アイロンで型を付けます。



6.表地と裏地を半分に折る


4で縫った部分を重ねて待ち針で固定し、
表地と裏地が半分になるように折ります。



7.端を縫う


両端1cmの所を縫っていきます。



POINT

この時、4と同様に、
裏地になる方の縫い代を少し多めに縫って
表よりも少し小さく仕上げます。




8.マチを作る


底の部分の角を綺麗に三角形におって、待ち針で固定し、
縦3cm、横6cmの所(赤点線)を縫います。
(計8ヵ所)





縫い終わったら、縫い代1cm位を残し、
ハサミで角を切り落とします。




9.返し口から生地を返す


返し口から生地を返していきます。





返したら、綺麗に中に入れます。




10. カバンの口を一周縫う


カバンの口の部分(縫い代5mm位所)を1周縫います。




完成です♪♪




裏地があるので丈夫ですし、
見た目も綺麗に仕上がりました♪


ママの愛情がたっぷり詰まった上履き入れに、
お子様も喜んでくれること間違いなしです!


お疲れ様でした^^




スポンサーリンク



まとめ


一見難しそうですが、
作ってみると意外と簡単にできますし、
少々失敗しても、正直分かりません(笑)

レッスンバッグとおそろいにしても
可愛いですよ^^ ↓↓


是非作ってみてくださいね^^



裏地なしの更に簡単バージョンはコチラ。
>> 上履き入れの簡単な作り方!手順画像付き☆





スポンサーリンク