ジャニーズ

滝沢歌舞伎がひどい理由!つまらないなど言われている原因について徹底解説!

滝沢歌舞伎がひどい!つまらないなど言われている原因について徹底解説!

滝沢歌舞伎は、2006年に故・ジャニー喜多川さんが「僕は城を作りたいんだ。滝沢の城を」という一言で始まった舞台として有名ですよね。

ジャニーズ事務所の旗振り役として活躍してきた滝沢秀明さんへの想いもジャニーさんは深かったのでしょう。

そんな滝沢歌舞伎については、「ひどい」というキーワードで検索される方も多い様です。

一体が滝沢歌舞伎の何がそんなにひどいのでしょうか?

この記事では、滝沢歌舞伎がひどいと言われる理由について解説していきます。

この記事でわかること
  • 滝沢歌舞伎について
  • 滝沢歌舞伎がひどいと言われている理由
  • SNSの反応

滝沢歌舞伎について

https://twitter.com/wode_chulian/status/1609794994386382848?s=20&t=aKot2PPY9NudoW3ahEJEcQ

公演名 滝沢歌舞伎ZERO FINAL
開始年 2006年(滝沢演舞城として)
内容 「僕は城を作りたいんだ。滝沢の城を」の一言から企画され、“和に特化した舞台”を目指して制作。
主催 ジャニーズ事務所

滝沢歌舞伎がひどい理由①演出

滝沢歌舞伎がひどい理由①演出

滝沢歌舞伎については、前述した通り・ジャニー喜多川さんが「僕は城を作りたいんだ。滝沢の城を」という一言で始まったということもあり、観客が置いてけぼりのストーリー構成だったという様な感想もありました。

つまり、ジャニーさんが滝沢秀明さんの為に用意した箱であり、世界観がかなり複雑だったと言えるでしょう。

現在では、物語のテーマも決まっており見ている方も分かる内容になっていると言えます。

滝沢歌舞伎がひどい理由②予約がスムーズにできない

滝沢歌舞伎については、過去に何度か予約上のトラブルが散見されます。

直近では、2021年にSnowManのファンクラブ会員向けのチケット予約がスムーズにできずに、不確かな情報が流れファンが混乱したということもあったそうですよ。

滝沢歌舞伎2023についても、早めの予約準備をした方が良いでしょう。

滝沢歌舞伎がひどい理由③内容が違う

滝沢歌舞伎がひどい理由③内容が違う

2021年コロナ禍で行われた滝沢歌舞伎にて、緊急事態宣言に伴う公演中止が起きました。

コロナの状況が分からない中で、公演中止自体はしょうがないことです。

しかし、公演中止前最後の回でSnowManが幕を閉じずに観客を見送るというサービスを行ったところ「私の行った回ではなかった」と不満が爆発。

SNSを中心に炎上する事態になってしまいました。

滝沢歌舞伎がひどいに関するSNS投稿

予約に対しての不満が大半の様です

https://twitter.com/ddoo0OO/status/1285122574309928965?s=20&t=aKot2PPY9NudoW3ahEJEcQ

滝沢歌舞伎がひどい理由!つまらないなど言われている原因について徹底解説!【まとめ】

この記事では、滝沢歌舞伎がひどいと言われる理由について解説してきました。

実際に内容がとんでもなくひどければ10年以上も続けられないと思うので、大半は肯定的な意見を持っている方が多いという事でしょう。

本記事の内容があなたのお役に立てば幸いです。