地震が来る前に!準備すべき持ち物は?簡易トイレの作り方とやるべきこと

      2018/06/18

なかなかギリギリまで予測のできない地震。
起こってしまってからは避難するのがやっとで、ゆっくり荷物を準備する時間はありません。
軽い被害であればすぐ家に帰れるかもしれませんが、残念ながらどのような状況になるかも分かりません。

いざという時の為に準備をしておくだけでも、避難時にスムーズに動くことができ、避難後も少しは空腹や危険をしのぐことができます。

非常時・災害時の必需品についてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

地震の前兆に関してはこちらを参考に:地震の前兆現象はあるの?海洋生物の打ち上げと地震雲の発生

スポンサーリンク


地震が来る前に!準備すべき持ち物リスト

非常時・災害時に備えて、準備すべきものですが、注意点があります。
  • 持出品は、避難活動に支障が出ないよう、重さはなるべく軽くすること。 ( 重さの目安  成人男性:15kg 成人女性:10kg)
  • 可能であれば、家族1人につき1つのリュック(持出品のはいったもの)を準備する。
  • 持出品は、玄関や車のトランクなど、持ち出しやすい場所に保管しておくこと。

せっかく準備していた物が重くて、避難の邪魔になってしまっては意味がないので、なるべく軽く、最低限必要なものを用意しておきましょう。

それでは、本題の非常時・災害時の必需品リストです。

1.非常食・水

・水
(1人あたり2L。可能であれば、500ml×4本の方が扱いやすい。空きボトルは他の用途にも使える為。)
・乾パン
・缶詰
・ビスケットなど火を使わずに食べられるもの
・赤ちゃんがいる家庭は、ミルク缶・離乳食缶

2.照明器具

・懐中電灯(できれば一人に1個。手回し充電式などのタイプもあり。)
・予備の電池
・ろうそく(太さのある、安定したもの)

3.携帯ラジオ

・小型のもの
・予備の電池

4.着火できるもの

・マッチやライター

5.携帯電話

・バッテリー式の充電機が好ましい

6.軍手

・滑り止め付のものを人数分

7.マスク

・人数分(交換用に余分に用意)

8.軽量ブランケット・アルミシートなど

・アウトドア用品などが好ましい。(防寒対策)

9.救急・衛生用品

・絆創膏、ガーゼ、包帯、消毒液などの応急医療セット
・解熱剤、胃薬、風邪薬、鎮痛剤、やけど薬、目薬 etc

10.生活用品

・ナイフ
・缶切り
・ティッシュペーパー
・ビニール袋

11.生理用品やおむつ

・三日分を目安に用意
・おしりふきも忘れずに


 

 

次に非常時・災害時、すぐに役立つものをご紹介します。

靴を購入した時、箱に入ってますよね?
この箱、邪魔になると捨ててしまう方もいらっしゃると思いますが、この箱を一つは必ず取っておいてください。

箱にサンダル以外の靴を入れます。(普段あまりはかない靴が良いと思います。)
次に、軍手懐中電灯を入れて、この箱をすぐに手の届くところに置いておきます。

地震が起こると、食器棚が倒れてきたり、窓が割れてしまったりすることがあります。
その際、ガラスや食器の破片の上を通って避難しなければならない場合、素足では大変危険ですし、何か拾おうとした時にも怪我をする可能性があります。
そんなときに、この箱を準備しておくと役立ちます。

すぐに準備できるものばかりなので、安全に避難するために、ぜひ用意してください。



スポンサーリンク



緊急時の簡易トイレの作り方

地震により水道が止まると、水洗トイレを使うことができなくなります。(断水状態でも、配水管が無事であれば、流すことだけはできます。)

避難所のトイレはとても酷い状況だということを覚悟しておいてください。
アウトドアなどの簡易トイレを用意しておくこともなかなか難しいと思います。

そこで簡単にできる簡易トイレの作り方を紹介します。

*材料*

・丈夫なバケツ
・大きなビニール袋
・新聞紙

1.バケツにビニール袋をはります。
2.中にちぎった新聞紙を入れます。(汚物がその中に埋まるように)

用を足した後は、すぐに汚物をまとめて捨てることが可能です。
もしトイレの便座が外れる場合は、バケツの上にのせて使うこともできます。

小さなお子様がいらっしゃる家庭の方は、オムツの問題が出てくると思うので、簡易オムツの作り方も紹介しておきます。

*材料*

・スーパーの袋(赤ちゃんのお尻より大きめ)
・はさみ
・タオル

1.レジ袋の持ち手の繋がっている所と両脇を切って、長い1枚のビニールにします。
2.広げたビニールの上に、吸水体としてタオルを縦三つ折りにして敷きます。
3.赤ちゃんをタオルの上にのせて、タオルを腹部まで覆います。
4、レジ袋の取っ手を結びます。(はみ出したタオルは中へ入れます。)

動画を載せておくので参考にしてください。





スポンサーリンク



地震がきた!これだけはやるべきこと!

準備はしていたけれど、いざ地震が起こってしまうと、気が動転してしまい、どうしたらいいか分からないということも。

ここからは起きてしまった後に、やらなければならないことを紹介します。

1.家の中に居る場合

この場合まず自分と家族の身の安全の確保が第一優先
・窓の近くにはいかない
・大きな棚から離れる
・机の下に隠れる
急いで外に!という考えが頭をよぎるかもしれませんが、ガラスが割れておちてきたりする時もあるので、中で様子をうかがった方が良いです。

そして、揺れがおさまってからやるべきことは以下です。
・水を貯める(風呂・シンク・バケツ等)
・ガスの元栓を閉める
地震の際最も重要なのは水の確保。
水が出ない場合、公園などに行ってできるだけ水を確保しておきましょう。

ガスの元栓は、普段から使用後は閉める習慣をつけておくと良いでしょう。

2.外にいる場合

・家、電柱やブロック塀の近くは近づかない。(広い空き地や、公園、運動場などがベスト)

街中に居る場合、ビルなどから、窓ガラスや看板等が降ってくる可能性があるので、バッグなどで頭を守りながら避難してください。

3.電車の中にいる場合

・立っている場合は吊革や柱にしっかり握って、横転しないようにする。

低い姿勢をとり、バッグ等で頭を守ってください。

4.車内にいる場合

・急に外にはでない(ガラス等降ってくる可能性がある為)
・ラジオ等で情報を収集。

被害の大きい場合は緊急車両の妨げにならないよう、車を路肩に駐車し、車から降りて避難する。
車で逃げようとすると、渋滞に巻き込まれたりして、かえって避難するのが遅くなる可能性があります。

まとめ

地震が起きてしまってからは避難するのが精一杯で、準備をする時間はありません。
前もってしっかり準備しておくことで、避難時に少しでも安心した生活をおくることができます。

地震や災害はいつどこで起こるか分かりません。
しっかり準備や対策をして、避難時に備えましょう。

スポンサーリンク