インフルエンザ予防で効果的なのは正しい手洗い!湿度管理や換気も重要!

      2017/03/02

普段から風邪やインフルエンザなどに感染しないように予防しているはずなのに、何故か毎年かかってしまう…
なんて方はいらっしゃいませんか?

実はあなたのその予防方法、間違っているかもしれません。

今回は、インフルエンザの予防方法について。
正しい手洗いや湿度管理、換気の方法を詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク


インフルエンザの最良な予防方法①手洗い

手洗いと言えば、予防策の基本中の基本。
基本すぎて、本当に効果あるの?と疑う人も多いですが、簡単で最良な方法がこの手洗いです。

インフルエンザや風邪など、感染症の多くが、を介してウイルスが身体の中に侵入すると言われています。

日常生活の中で、手を使うのは当たり前のこと。使わないで生活しているという人はまず居ませんよね。
そして人は無意識に手で、目や鼻、口を触る癖があります。

例えば、通勤中の電車の吊革、デパートのエスカレーターやエレベーターの押しボタン、飲食店のドアノブ…
言いだしたらきりがないほど出てきますが、様々な場所にウイルスは付着しています。

そのような場所を触った後に、目や鼻、口を触ったり、食事をすると、ウイルスはすぐさま体内へ侵入します。
手にウイルスがつくのを完全に防ぐというのは、まず不可能でしょう。

そこで、ウイルスが身体に侵入するのを防いでくれる1番の方法が手洗いなんです!

有効的な手洗いの方法は?

1.頻繁に手洗いをする

食事の前や、お手洗いの後、帰宅後に手洗いをする方がほとんどだと思いますが、
可能であれば、不特定多数の人が触っているものを触った後には、出来る限り手洗いをするようにしましょう!

ウイルスの予防策としては、頻繁に手洗いをすることが非常に重要で有効的な方法となります。

2.正しい方法で手洗いをする

非常に多いのが、間違った手洗いをしている方。
これでは、せっかく行っている手洗いも効果が発揮されず、無駄な動作になってしまいます。

それではまず、あなたの手洗いは正しいか、セルフチェックしてみましょう!


  • ハンドソープを使わず、水やぬるま湯ですすぐだけ
  • ハンドソープは使っているが、数秒こすったらすぐに洗い流す
  • 手のひら以外は簡単に洗っている
  • 熱いお湯で洗っている
  • 洗い終わったら共用タオルで拭いている


1つでも当てはまった人は要注意
しっかりウイルスが落とせていない可能性があります。

石鹸を使わずに水だけでは、まずウイルスは落ちません。
そして、冬場は特に冷たい水は嫌だし、ウイルスは熱に弱そうだから熱いお湯で洗っているという方、これも間違いなんです。

熱いお湯で洗うと、皮膚の油分まで失われる為、手荒れの原因に。
実は荒れた皮膚には細菌が繁殖しやすいというデータがあるんです。

私はハンドソープ使ってるから大丈夫!という方、しっかり時間をかけて洗えていますか?
手のひらだけでなく、指先や爪の間、指の間や手の甲までしっかり洗っていますか?

せっかく石鹸を使っても、時間をかけてしっかり洗い、洗い残しがないようにしないと、効果は激減してしまいます…。

そして共用のタオルなんかで拭いてしまったら、せっかく洗って除去したウイルスがまた付着してしまって、台無しです!

せっかく手洗いをするなら、正しい方法でばっちり菌を取り除きましょう!

正しい手洗いの方法

感染症の予防には、ハンドソープや石鹸を利用した流水による手洗いを、15秒以上する必要があります。

それでは、手順を紹介していきますね。
①手指を流水でぬらす

②石鹸やハンドソープを手のひらにとる(適量)

③手のひら同士をこすり合わせて、良く泡立てる

④手の甲を片方の手のひらで良くもみ洗う(両手)

⑤指を組んで、指の間を良く洗う

⑥親指を片方の手で包み込むように持って、ねじるように洗う

⑦指先や爪の間を、片方の手のひらの上でもみ洗う

⑧手首を、片方の手でねじるようにしてしっかり洗う

⑨流水で良くすすぐ(※洗い残しがないように!)

⑩ペーパータオル、又は清潔なタオルで水気を良く拭き取る
指先や爪の間は特に、意識してしっかり洗うようにしましょう!

アルコール手指消毒剤を活用しよう!

可能な限り頻繁に手洗いすることが一番の予防策ですが、やはりできないという場合もありますよね。

そんなときに役立つのが、アルコール消毒剤
ウイルスや細菌に対しての消毒効果はもちろん、即効性もあるので、上手に活用していきましょう。



スポンサーリンク



インフルエンザの最良な予防方法②湿度管理

インフルエンザウイルスは、空気冷たくて乾燥した状態が大好き!
気温(室温)や湿度の低い、乾燥した環境になると、ウイルスがどんどん活性化してしまうんです。

じゃあどんどん加湿しよう!と思うかもしれませんが、
湿度が高すぎると、カビやダニが大繁殖してしまい、今度はアレルギーの原因になってしまいます!

あくまでも、適度な湿度を保つことが重要です。

また、湿度を保っていても、室温が低いウイルスの生存率は高まるとされています。

その為、理想的な環境は

湿度:50%~60%
室温:18度~20度


になります。

冬は、暖房機器などの利用で、部屋の中はどうしても乾燥しがち。
加湿器や除湿機を上手に利用して、適度な湿度を保つようにしましょう!

体感で、湿度や室温を測ることは厳しいので、温湿度計などを利用して、こまめにチェックしましょう!

インフルエンザの最良な予防方法③換気

室温を下げたり、空気を乾燥させないように、換気をしないというのはNGです。

暖房機器などの使用により、一酸化炭素二酸化炭素、またホコリチリなど、部屋の中の空気はとても汚れています。
汚れた空気を吸いこむことによって、気管や粘膜を傷つけてしまい、抵抗力は低下。
結果、インフルエンザなどのウイルスに感染しやすくなってしまいます。

例えば、インフルエンザウイルスに感染した人が部屋の中に居たとしたら、
その人の咳やくしゃみによって、インフルエンザウイルスが空気中にまい、換気するまで部屋の中でウイルスが漂っているという状況に!泣

インフルエンザウイルスは空気感染の可能性もあるので、同じ部屋の中にいる人に感染する可能性は十分あります。
その為、空気の入れ替えがとても大切なんです。

換気は、1時間に1回程度行うのが理想的。


  • 対角にある窓同士を全開にする
  • 扇風機等を使う


などして、部屋全体の空気をスムーズに入れ替えましょう!



スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたか?
手洗いに湿度管理、換気と、とても基本的なことですが、この基本的なことを正しい方法で行うというのが、非常に重要なことです。

そして、何より最良の予防策になります。

正しい方法で、インフルエンザウイルスを撃退しましょう!


■インフルエンザ関連記事

・予防や対策
≫インフルエンザ予防には緑茶が効果抜群!うがいの方法やペットボトルでもOK?

≫インフルエンザ予防でうがいは効果がない?マスクは?徹底解説!

≫インフルエンザは家族にうつる?感染しない対策はいつまで行う?

≫マスクで耳が痛い時の対策は?痛くないグッズはコレ!

・予防接種
≫インフルエンザの予防接種は効果ない?気になる副作用は?いつ受ける?

≫インフルエンザ予防接種の副作用とは?起こる確率や対処法を紹介

≫インフルエンザの予防接種は妊婦は危険?赤ちゃんへの影響は?いつ打つべき?

≫インフルエンザの予防接種の赤ちゃんへの効果は?時期や間隔、値段について

・感染後のQ&A

≫インフルエンザの頭痛を和らげる方法は?市販薬を飲んでもいい?

≫インフルエンザ菌の排出期間はいつまで?寿命はどのくらい?

≫インフルエンザの時のお風呂はいつからOK?シャワーは?

≫インフルエンザはお風呂でうつる?入る順番は?

スポンサーリンク