お歳暮のお礼状は必要?書き方は?いつまでに出すの?

      2017/03/02

年末になると、今年1年親交のあった方々から、お歳暮が贈られてくる方も多いですよね。
そこで、ついつい忘れがちなのが“お礼状”。


  • そもそもお礼状は必要なのか?
  • 書き方は?
  • いつまでに出したらいいの?

について、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


お歳暮のお礼状は必要?

お歳暮は手渡しの場合と、郵送されてくる場合があります。

手渡しの場合には、直接お礼が言えるので、特に改めてお礼状をかく必要はありませんが、
郵送されてきた場合に関しては、
感謝の気持ちと、無事に届きました!
という意味を込めて必ずお礼状を書くようにしましょう。

Q1.電話やメールぢゃだめ?

A.近年では電話やメールで済ませるといった方が増えてきているのが、事実です。
しかし、電話やメールはやはり、略式。
はがきや手紙のように、手書きで書いた物の方が、より感謝の気持ちが伝わります。

なんらかの理由で、どうしてもはがきは…という方は、メールではなく、せめて電話でお礼を伝えましょう。

Q2.自分がお歳暮を出していなかった場合、お返しで送るべき?

A.お歳暮は感謝の気持ちとして贈る物なので、必ず品物をお返しをしなければいけない、ということはありません。
送らなかったからといって、マナー違反にはなりません。

親族はもちろんですが、仕事関係でも、お世話になっている目上の方に贈るのが一般的なので、あえてお返しはしないというパターンもあります。

ただし、お礼状はどんな場合でも出すようにしましょう!



スポンサーリンク


お歳暮のお礼状の書き方は?

ここからは、基本的なお礼状の書き方を紹介します。

基本的なお礼状の文章(構成)は、
1.季節の挨拶

2.相手の健康など、安否を気遣う言葉

3.お世話になっていることや、お歳暮に対してのお礼の言葉

4.相手の家族を含めた、心遣いの言葉

5.結び
となっています。

この構成に当てはめて、書いていくとスムーズに書くことができます^^
【文例】
拝啓

師走に入り、寒さも一段と厳しくなってまいりましたが、
お変わりなくお過ごしでしょうか?

この度は、お心遣いの品をお送り頂き、心より厚く御礼申し上げます。
とろけるような美味しいスイーツに、家族全員大喜びしております。
日頃より、公私ともに大変お世話になっておりますのに、ご配慮いただき、大変恐縮するばかりです。

まだしばらくは厳しい寒さが続くようです。
家族皆様、どうぞご自愛くださいませ。
略儀ながら書中にて取り急ぎお礼申し上げます。

敬具

○○ ○○(氏名)


など。

自分だけではなく、家族も喜んでいることを入れると、より良い印象に☆

上司など、目上の方に対しては、定型的な文章で書くのが一般的です。

親しい間柄の知人などの場合は、形式にとらわれずに、
感謝の気持ちや、近況などを伝えるもので問題ありません^^

厳しく形式にとらわれた文章を書くよりも、素直なメッセージの方が、親しみが湧いて良いでしょう。
ただし、“喪中”の方へ関しての書き方は少し通常と異なっている部分がありますので、注意が必要です。

詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ。
≫お歳暮は喪中の相手に贈っても良い?熨斗の種類や送り状の注意点は?



スポンサーリンク



お歳暮のお礼状はいつまでに出したらいいの?

お歳暮を送った相手は、

「無事についたかな?」
「お口にあったかしら?」

など、色々と気にしています。
その為、お歳暮が到着したらなるべく早めにお礼状を書いて、発送するようにしましょう!

時期としては、受け取ってから2~3日中に出すのがベスト。

感謝の気持ちは早く伝えるに越したことはありませんので、なるべく早めに出しましょう。

まとめ

お歳暮をいただいたら、こちらも感謝の気持ちを伝える為に、お礼状は必須です!
略式ではなく、正式なマナーである、直筆のはがきや手紙でお礼を伝えるようにしましょう。

■関連記事
お歳暮って誰に送るの?時期はいつ頃?関係別の相場が知りたい!
お歳暮に贈るのは何がいい?絶対だめな物は?もらって嬉しいものランキング!

スポンサーリンク