エンタメ

死にたい疲れたもういいや!そんな時にやってみて欲しいことについて徹底解説

死にたい疲れたもういいや!そんな時にやってみて欲しいことについて徹底解説

現在日本では、毎年21,007人もの人が自殺を図っていると言われています。

その数は、年々減ってきていると言いますが、果たしてそれは事実なのでしょうか?

正直昨今の物価高や日本国内を覆うような閉塞感は、年々ひどくなっている様に感じます。

人々は家族、友人関係、仕事、恋愛と悩むことだらけで「死にたい疲れたもういいや」と感じることは、もはや別に珍しいことでも無くなっている様に感じます。

それでは、人間が「死にたい疲れたもういいや」と感じた時はどうすれば良いのでしょうか?

このページでは、「死にたい疲れたもういいや」と感じた時にやってみて欲しいことについて解説していきます。

この記事でわかること
  • 「死にたい疲れたもういいや」と感じる理由
  • 「死にたい疲れたもういいや」の対処法
  • SNSの反応

死にたい疲れたもういいや、そんな時の対処法①自分に正直になること

死にたい疲れたもういいや、そんな時の対処法①自分に正直になること

日本人は、幼少期から「人と同じように行動すること」「輪を乱さないこと」を学校の授業で教育されます。

人と同じであることで、成績が良いと判断されるのです。

結局、大人になると優秀である人とも同じであることが求められるので、人と違うことに思い悩み詰める様になると言われています。

自分らしくあることがわがままで悪とされてしまうのです。

同じように毎日学校で勉強して、満員電車に乗って通勤して優秀な成績を収めないと評価されない生活って辛いですよね。

もう少し自分がやりたいこと、なりたい自分になってみませんか?

会社を辞めて、自然と触れ合ったり、一人でゆっくりしでもいいのではないでしょうか。

きっと今「死にたい疲れたもういいや」と感じいても、気力が充実してきたら「もう一度頑張ろう!」と思えるようになるかもしれませんよ。

死にたい疲れたもういいや、そんな時の対処法②いつもいる場所から離れる

死にたい疲れたもういいや、そんな時の対処法②いつもいる場所から離れる

もしあなたが今「死にたい疲れたもういいや」と感じているなら、きっと今の環境に飽きてしまっているのかもしれません。

そういった環境では、知らず知らずのうちに脳疲労が溜まって気持ちが鬱っぽくなったりするものです。

そんな時は、あなたが行ったことが無い場所へふらっと小旅行へ行ってみましょう。

例えば都内住みの方が神奈川や千葉にふらっと行ってみるだけでも、初めて見る場所に感動できるかもしれません。

もっと思いきって変えられる方は、在住の都道府県を変えたり海外へ移住する方も昨今増えていますよ。

いつも居る場所では、感じられることもいつも感じることの繰り返しです。

少しあなたの居場所を変えてみませんか?

死にたい疲れたもういいや、そんな時の対処法③睡眠時間をとる

死にたい疲れたもういいや、そんな時の対処法③睡眠時間をとる

いくら健康な方でも睡眠時間が不足すると、一時的に気持ちが不安定になると言われています。

最低でも毎日8時間は睡眠時間をとるようにしてください。

くれぐれも毎日3~4時間ということが無い方が良いでしょう、筆者の体験としてもそれぐらいの睡眠時間になると1日だけで疲れやすくなったりしますよ。

死にたい疲れたもういいやに関するSNS投稿【体験談】

こう考える人は多いと思います

人はなかなか死ぬことができません

https://twitter.com/ML_33m/status/1319230359020580864?s=20&t=0mDuPLtXxikMNybvxAwrOg

死にたい疲れたもういいや!そんな時にやってみて欲しいことについて徹底解説【まとめ】

この記事では、死にたい疲れたもういいや!そんな時にやってみて欲しいことについて解説をしてきました。

人間の人生は、女性なら100歳まで生きても不思議ではない時代が訪れようとしています。

人の価値観や生活スタイルも変わってきていますので、順応しないと生きてはいけないのかもしれませんね。

本記事の内容があなたのお役に立てば幸いです。