エンタメ

東京ドイツ村がやばいって本当?つまらないと言われている噂について徹底解説!

東京ドイツ村がやばいって本当?つまらないと言われている噂について徹底解説!

東京ドイツ村は2001年にできた、ドイツの田園生活がコンセプトのテーマパークです。

施設内には、ふれあい動物園、ビアガーデン、マメ汽車、ゲームセンター、ショップを備えてる広大な施設となっています。

入園料は大人800円、子供400円です。

そんな東京ドイツ村が「やばい」ということがインターネット上でささやかれています。

この記事では、東京ドイツ村がやばいと言われる理由について解説していきます。

この記事でわかること
  • 東京ドイツ村とは?
  • 東京ドイツ村がやばい点
  • SNSの反応

 

東京ドイツ村とは?

名称 東京ドイツ村
住所 〒299-0204 千葉県袖ケ浦市永吉419
設立 2001年3月8日
テーマ 共生
運営会社  明和興産株式会社

東京ドイツ村がやばい理由①なんも無い

前述した通り、東京ドイツ村は広大な敷地です。

そんな敷地を有効活用したテーマパークになっているのかと言われると?です。

あまりにドイツを意識し過ぎた結果、お店や来園者が楽しめるイベントが少なく「本当にドイツの田舎村」へ来たかの様に錯覚してしまう作りになっています。

その結果、来園者は「何も無い」と感じてしまうのでしょう。

東京ドイツ村がやばい理由②東京にない

皆さん普通に東京ドイツ村へ行くのに、千葉へ行ってきたとお話されています。

つまり、東京ドイツ村なのに東京ではなく千葉にあるテーマパークなんです。

千葉ドイツ村では、やっぱりインパクトが足りないということになったのでしょうか。

某記事によると、設立者になぜ千葉に作ったのか聞いたところ下記の様な回答があったそうです。

なぜドイツ村となっているのでしょうか」と訊ねたところ・・・「オーナーがドイツに行ったとき、袖ケ浦のこの丘陵地がドイツの田園とそっくりだったので、それをテーマパークとして再現した」とのこと。

https://news.1242.com/article/126747

東京ドイツ村がやばい理由③イルミネーション

実際に東京ドイツ村について調べてみると、SNSを中心に「イルミネーションがやばい!」と投稿されまくっていることに気付きます。

写真を見る限り本当にやばいですね。

これはヤバすぎるくらい綺麗!の略なのでしょう。

東京ドイツ村がやばい理由④謎のバイク入園禁止

東京ドイツ村は、バイクでの入園が禁止されていて駐輪場から20分以上歩く必要があります。

特に広い東京ドイツ村において、この距離を歩かされるって致命的ですよね。

序盤のこのロスを考えるとバイクで東京ドイツ村へ行くのは止めた方が良いでしょう。

東京ドイツ村がやばい理由⑤ドイツっぽくない

全然ドイツ語が無いんので、なんとなくドイツ感はありません。

東京ドイツ村に行く目的としては、日本に居ながら海外にいる風の雰囲気を感じたい方が多いと思うのでそれが達成されないと満足度は低いでしょう。

このあたりは、東京ドイツ村も何らかの対策を打ちたいところですね。

東京ドイツ村のやばいイルミネーション

東京ドイツ村については、毎年冬のイルミネーションがやばいと話題です。

今年は、2022年10月28日(金)〜2023年3月19日(日)の期間、ウインターイルミネーション『Fun!~光る笑顔に福来たる~』が開催されます。

このやばいという意味ですが、良い意味で毎回「綺麗!」「すごい!」話題になるので一見の価値がありそうですよ。

東京ドイツ村がやばいに関するSNS投稿【体験談】

かなり広大なことであることが写真から分かります

イルミネーションは凄い!

東京ドイツ村がやばいって本当?つまらないと言われている噂について徹底解説!【まとめ】

この記事では、東京ドイツ村がやばいと言われる理由について解説してきました。

色々ツッコミどころがあるテーマパークであることが分かりましたね。

本記事の内容があなたのお役に立てば幸いです。