暮らしの知恵

HSPの疲れの取り方ってなに?厳選した5選を一挙公開!【気になる情報を徹底解説】

HSPの疲れの取り方ってなに?厳選した5選を一挙公開!

あなたの周りに繊細さんはいますか?

繊細さんことHSPハイリーセンシティブパーソンは、SNSを中心に話題となることが多いですよね。

そんなHSPの疲れの取り方があることをご存知でしょうか?

気を遣って疲れやすいHSPだからこそ実践したい方法。

このページでは、HSPの疲れの取り方について解説をしていきます。

この記事でわかること
  • HSPの疲れの取り方
  • SNSの反応

HSPの疲れの取り方①よく寝ること

HSPの疲れの取り方①よく寝ること

HSPの疲れの取り方で一番効果的なのが、「よく寝る」ことです。

HSPの脳は、刺激に弱いです。

なので、結果としてHSPはロングスリーパーが多いらしいですよ。

日常生活で刺激をたっぷり受けて、他人には気を遣ったあなたの脳は疲労しています。

脳の電源を一旦OFFする様に、しっかり寝て脳疲労を取ってあげましょう。

HSPの疲れの取り方②ヨガ・瞑想

HSPの疲れの取り方②ヨガ・瞑想

HSPは、常に頭の中で何かを考えています。

逆に何も考えないことが難しいです。

それはHSPならではの特性であり、思慮深いところが起因となっています。

一つの物事に対して、深く知ろうとするんですね。

その為、そんな思考をストップさせるのに最適なのが、ヨガや瞑想です。

ゆっくり呼吸することで、自律神経が整ったりするんですね。

ぜひお試しください。

HSPの疲れの取り方③一人になること

HSPの疲れの取り方③一人になること

HSPが疲れを取りたい時は、一人になることをおすすめします。

理由としては、第三者といると急に話しかけられたり、気を遣ってしまってHSPのあなたの休息時間を作ることができない為です。

ゆっくり外を散歩してみたり、芸術に触れてみたりして一人で時間を過ごしてみましょう。

頭がスッキリするかもしれませんよ。

HSPの疲れの取り方④泣いてみること

HSPの疲れの取り方④泣いてみること

HSPは、普段から理由もないことに対して我慢しがちです。

人から言われたことをそのまま受け止めたり、それは時々あなたにとって棘がある様なことですら心で受け止めてしまうんですね。

そして、「もう我慢したくな」「泣きたい」と思っても涙が出てこないのです。

本能的に我慢してしまったいるのかもしれません。

なので、もしあなたが疲れて泣きたいと考えたら、Youtubeでもテレビでも良いので感動できる映像を見て涙を流す様にしましょう。

心理学的にも、人間は泣くとスッキリすることが分かっています。

HSPの疲れの取り方⑤ノートに自分の気持ちを書き出す

HSPの疲れの取り方⑤ノートに自分の気持ちを書き出す

HSPは、理由もないことに対して不安を感じてストレスを抱えやすかったりします。

そういったあなたが感じている不安を、紙やパソコンに書き出して定期的に吐き出す様にしましょう。

自分でも分からなかった不安が見える化されて、気持ちが落ち着きますよ。

いわゆる日記は最適かもしれません。

HSPの疲れの取り方に関するSNS投稿【体験談】

HSPの方におすすめしたい一覧ですね

刺激追及型HSPもあるので、通常とは対処法が異なる様です

 

HSPの疲れの取り方ってなに?厳選した5選を一挙公開!【まとめ】

この記事では、HSPの疲れの取り方について解説をしてきました。

対処法を知っていると驚くぐらい体の疲れが残らないのでおすすめです!

本記事の内容があなたのお役に立てば幸いです。