エンタメ

木へんに花と書いてなんと読むの?気になる漢字について徹底解説!

木へんに花と書いてなんと読むの?気になる感じについて徹底解説!

漢字の数って実に10000万個以上あるってご存知ですか?

大漢和辞典では、約50,000字が収録されているとあって、その数は無数に感じます。

そんな中で、「木へんに花」でなんという漢字になるのか?という疑問を感じている方が多い様です。

果たしてどういう意味があるのでしょうか?

この記事では、木へんに花の漢字について詳しく述べていきます。

この記事で分かること
  • 木へんに花の漢字の意味
  • 日本の紅葉の名所
  • SNSの反応など

結論、木へんに花で「椛」(もみじ・かば)と読む

結論、木へんに花で「椛」(もみじ・かば)と読む
漢字
読み方 もみじ、かば
画数 11
意味 木と、花とから成り、木の葉が赤く色づく「もみじ」の意を表すと言われています。
備考 椛は、木々が色付き秋を感じさせる言葉として古くから人々に愛され、和歌に使用されることも多かったと言います。

日本で椛の名所と言えば

椛
  • 千畳敷カール(中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ)の紅葉
  • 那須連山(茶臼岳)の紅葉
  • 栂池自然園の紅葉
  •  磐梯吾妻スカイラインの紅葉
  • 谷川岳の紅葉
  • 栗駒山(宮城県)の紅葉
  • 白駒の池の紅葉
  • 瑠璃光院の紅葉

木へんに花に関するSNS投稿【体験談】

木へんに春で、椿

木へんに冬で柊ひいらぎ

 

木へんに花と書いてなんと読むの?気になる感じについて徹底解説!【まとめ】

この記事では、木へんに花と書いてなんと読むのかについて解説をしてきました。

私達日本人は、日頃から漢字に触れているので何だか感覚で読めてしまうところってありますよね。

本記事の内容があなたのお役に立てれば幸いです。