グルメ

フードパンダが撤退?日本で使えなくなった理由について徹底解説!

フードパンダは、2012年3月に設立したオンラインフードデリバリーサービスです。

開発地であるシンガポールがある東南アジアを中心にオンラインフードデリバリー業界を席巻しました。

日本では2021年に惜しまれつつ日本徹底となりました。

しかし、引き続き東南アジアを中心にオンラインフードデリバリーとして引き続き人気サービスです。

このページではフードパンダのオンラインフードデリバリー事業撤退の理由について解説をしていきます。

フードパンダとは?

フードパンダとは?

フードパンダはアプリやWEBページを通して、食べ物のデリバリーをオーダーできるオンラインフードデリバリーサービスです。

多種多様なフードや日用品なども含めて、すぐにオーダーができて便利だと人気です。

誕生したのはシンガポールで、その後ドイツのベンチャーキャピタルであるロケット・インターネット社が主要出資先となっておりデリバリーヒーローの傘下に入りました。

会社名 foodpanda
本社所在地 ドイツ ベルリン
設立 2012年3月

フードパンダの徹底理由について

フードパンダの徹底理由について

フードパンダが日本から撤退した理由は、ズバリ「競合が増えて、配達員の安定的な確保ができなくなった」です。

そしてドイツ本社でも同じように、フードパンダ事業の縮小が決まったことが後押ししてしまったのです。

昨今市場が変わっていくスピードも速く、予測しづらくなっていることも理由として挙げられるでしょう。

フードパンダの徹底に関するSNS投稿【体験談】

まだフードパンダがある時に日本法人のインタビュー記事もあった様です

フードパンダが撤退?日本で使えなくなった理由について徹底解説!【まとめ】

このページでは、フードパンダが日本撤退した理由について解説をしてきました。

便利なフードアプリが乱立する中で、東南アジアで大手のアプリが使えないのはちょっと寂しいですね。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。

人気の注目記事

05031311651からの電話には要注意!Amazonドライバーからの電話番号であることを忘れずに【徹底解説】

【2022年最新】0120932759からの電話は迷惑電話?実態を徹底調査