閉店

コールドストーンが閉店した理由!一世を風靡したのに徹底している理由

コールドストーン、が大量閉店した理由!一世を風靡したのに徹底している理由

皆さんはコールドストーンのアイスクリームを覚えていますか?

というか、今でもコールドストーンの大ファンという人は国内にいらっしゃるかもしれません。

最盛期では日本国内で、34店舗あったコールドストーン。

そんなコールドストーンも現在は国内で2店舗を数えるのみとなってしまいました。

なぜコールドストーンは、日本で規模を縮小させてしまったのでしょうか?

このページではコールドストーン閉店の理由について解説していきます。

コールドストーンとは?

コールドストーンとは?

温度-9℃の冷たい板で作るアイスクリームとして、日本でも一世風靡したコールドストーン。

「体験型デザートショップ」を掲げて、楽しく人々をハッピーにさせるとして有名になりましたよね。

アメリカ・アリゾナ州のテンピーという街が発祥の地。

現在の店舗数は?

日本では下記の2店舗になります。

  • 佐野プレミアム・アウトレット店(栃木県)
  • 三井アウトレットパークジャズドリーム長島店(三重)

現在の運営会社は?

コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン株式会社でしたが、現在は株式会社ホットランドの完全子会社になっています。

コールドストーンが閉店した理由は?

コールドストーンが閉店した理由は?

コールドストーンが最近日本で見なくなった理由について考察してみました。

シンプルに日本人が飽きた

これは日本でマーケティング活動をしていく上で必ず押さえておかないといけない事実だと思います。

日本人は飽きやすい

これは過去に流行ったタピオカミルクティーやティラミスなどスイーツが起こした一大ムーブメントを考えると回避できない結末と言っても過言ではありません。

最近はトレンドが起こるやそれが終わるスピードがどんどん短縮化されているので、ブランド側はそのスピードに追い付く必要があります。

そういった意味でコールドストーンは、なかなかそのスピードに追い付くだけの施策を打つことができなかったのかなというところです。

値段が高い

筆者も何度かコールドストーンは食べたことがありましたが、コンビニや他のアイスクリーム店で食べられる物と比べて、値段が1千円越えとかなり高かったイメージです。

それは流行となれば「一度は食べてみたい」と人々はこぞって店舗へ」行くと思いますが、リピートに繋がりません。

価格が高いことで人々が一度食べたら満足してしまったことが原因の一因と言えるでしょう。

コールドストーンが閉店した理由に関するSNS【体験談】

閉店を間際にして悲しむ人も多かった様です

当時の流行したキャラクターとのコラボもあったみたいですよ

コールドストーンが大量閉店した理由!一世を風靡したのに徹底している理由【まとめ】

このページでは、コールドストーンが大量閉店した理由について解説をしてきました。

実際は日本人の飽きやすいという性質や価格設定が上手くフィットしなかった理由が考えられるみたいですね。

この記事の情報があなたの役に立てば幸いです。

人気の注目記事

05031311651からの電話には要注意!Amazonドライバーからの電話番号であることを忘れずに【徹底解説】

【2022年最新】0120932759からの電話は迷惑電話?実態を徹底調査