日々のトラブル

双極性障害って寿命がなぜ短い?体験談を元に徹底解説

双極性障害って寿命がなぜ短い?体験談を元に徹底解説

現代人は多忙を極めていて、精神の身体のバランスを保つことは非常に難しいと言えます。

その中で現代病と言える、うつ病などメンタルヘルスに関わる問題も社会問題化しているのが今の日本でもあります。

うつ病とは異なりますが、双極性障害を抱えて生活している人も少なくありません。

このページでは、双極性障害の寿命は短いのか?について解説をしていきます。

双極性障害とは?

双極性障害とは?

双極性障害はハイテンションの状態と抗うつ状態が交互にやってきて、人々を苦しめる病状のことを指します。

通常「テンションが高いなんて良いことじゃないか」と思われるかもしれませんが、気持ちが高揚した分、後からジェットコースターの様に気分の落ち込みがやってくるのでそのギャップが辛いのです。

俗にテンションが高い躁状態には、「自分は何でもできる!」「世の中素晴らしいことだらけ」と気分が高揚してショッピングやギャンブルをして大失敗してしまうことが多いといいます。

厄介なのが、躁状態の時に「何かおかしいかも」と気付ける人はほとんどいないことです。

そのまま調子が良いと勘違いして、日常生活を続けてしまうのですがこの躁状態が終わったあとの鬱状態により自分の体調がおかしいと気付く方が多いのです。

日本国内では、100人に1人の割合でこの双極性障害を持った人がいると言われており、ただの気分の波ではなく乱高下する為、家庭崩壊や自己破産、失業などを繰り返してしまうのです。

双極性障害って寿命がなぜ短いと言われる理由①自殺率の高さ

双極性障害って寿命がなぜ短いと言われる理由①自殺率の高さ

双極性障害はいわゆる気分が上がったり、下がったりを繰り返します。

昨日良いと思ってやろうとしたら、次の日はやる気が無くなって「自分には何もできるはずがない」と諦めてしまうほど気分が上下に振れるのです。

この気分が上がった状態から急激に気分が落ちるとは、この上なく辛いことです。

この双極性障害は、精神病の中でも自殺率が高い部類に入ると言われており、家族や医師も細心の注意を払ってサポートしていると言われているくらいです。

中でも、うつ状態から少し行動力が回復した状態が一番危ないと言われていて、故に双極性障害は寿命が短いと言われる理由になっている様です。

双極性障害って寿命がなぜ短いと言われる理由②薬の影響

双極性障害って寿命がなぜ短いと言われる理由②薬の影響

双極性障害に苦しみクリニックに通うと、薬が処方される。

薬の処方は危機的な状況を救う助けになることは言うまでもありません。

しかし、副作用についてはよくわからないことが多く身体的に何か悪影響を与える可能性は否定できません。

結果、身体で通常生成されない薬物が溜まっていき寿命に何らかの影響を及ぼすこと考えられる学説もあるのです。

双極性障害に関するSNS投稿

双極性障害について正しい認識を持っている人は多くない

長い間気付かないで生きて生きづらさに苦しんでいる人もいます

双極性障害って寿命がなぜ短い?体験談を元に徹底解説【まとめ】

このページでは、双極性障害の寿命が短い理由について解説をしてきました。

双極性障害には、その特性故に切実な問題をたくさん抱えていると言えるのです。

このページの情報があなたの役に立てば幸いです。

おすすめの関連記事

自己愛性人格障害の追い込み方!ストレス対策の方法を徹底解説

心療内科で予約取れない時の知恵袋!予約が取れる方法を徹底解説

人気の注目記事

05031311651からの電話には要注意!Amazonドライバーからの電話番号であることを忘れずに【徹底解説】

【2022年最新】0120932759からの電話は迷惑電話?実態を徹底調査