仕事

仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?実体験から傾向を徹底解説

日本の労働人口は6860万人(2021年)で、国民の半数以上が何らかの職に付いていることが分かっています。

そういった数字は、少し大きすぎる数字かもしれませんが仕事や職場単位で見ていけば20~500人くらいと会社に寄って異なるかと思いますが、その人たちのパーフォーマンスの良し悪しも人それぞれと言えるでしょう。

しかし、この中で仕事ができない人の顔つきというのは何か特徴があるのでしょうか?

このページでは、仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?について解説をしていきます。

仕事ができないと言われる特徴的な行動とは?

仕事ができないと言われる特徴的な行動とは?

下記はよくある、仕事ができないと言われる人の特徴になります。

  • 同じことを何回も聞く
  • ミスする
  • 報告・連絡・相談が苦手
  • 基本的なスキルが足りない
  • いつも受け身
  • やる気がない様に見える

あなたの身の回りにいる、仕事ができないと言われてる人の特徴と合致していませんか?

仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?①緊張感がない雰囲気

仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?①緊張感がない雰囲気

筆者がこれまで見てきた仕事ができる人は、顔に張りがあってハキハキとした人が多かったです。

逆に仕事ができないと揶揄される様な人は、仕事に対して緊張感や義務感が無いので顔つきも緩いというかボケーっとした感じの方が多かったですね。

実際、緊張感があれば筋肉が硬直して刺激が入るはずなので、顔つきも変わってくるというのは理にかなっている理由になるでしょう。

仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?②口角が下がっている

仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?②口角が下がっている

人ととコミュニケーションを取る際に、笑顔は大切です。

話す際にも笑声というものがあるくらい、相手のことを考え少しでも明るい印象を与えて会話を進めようとする人には変化があるものです。

しかしそういった努力をしてこないで、誰からの評価も気にしない一匹オオカミタイプの顔つきは笑顔になると上がる口角がずっと下がりっぱなしです。

ずっと一人で仕事をする様な自営業ならそれでいいのかもしれませんが、会社の一員として動く際には色んな人を巻き込んで仕事を進める必要があるので、逆を行くようなタイプは仕事をができない人と見られれてもしょうがないでしょう。

仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?③目つきに自信がない

仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?③目つきに自信がない

仕事ができない人は、周りにそう思われていることを自分自身が一番知っているので態度や行動に自信がありません。

特に身体の部位の話しになると、顕著に出るのが目つきになります。

仕事ができないと言われ続けている限り自信が出てこないので、どこかおどおどして目が泳いだりして自信がないのが相手にもそれが伝わってしまうのです。

仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?SNS投稿【体験談】

行動は外見に表れます

年齢を重ねると顕著

 

仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?実体験から傾向を徹底解説【まとめ】

このページでは仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?について解説をしてきました。

これだけ人の数が多いので、ある程度特徴はあるという感じですね。

この記事の内容があなたのお役に立てば幸いです。

おすすめの関連記事

40代の歯茎が下がるのを自力で何とか戻す!方法について徹底解説

仕事ができない人の顔つきってどんな感じ?実体験から傾向を徹底解説

30代独身がかわいそうでみじめだと感じる理由5選!実態を徹底調査

一生独身男ってずるいのか?SNSでの口コミや体験談を一挙紹介!

【2022年最新】40代のパーカーって痛いの?SNSの反応や体験談について徹底調査

自己愛性人格障害の追い込み方!ストレス対策の方法を徹底解説

人気の注目記事

05031311651からの電話には要注意!Amazonドライバーからの電話番号であることを忘れずに【徹底解説】

【2022年最新】0120932759からの電話は迷惑電話?実態を徹底調査