冠婚葬祭

結婚式でグローブは必要?どんな意味があるの?長さ別にメリットを紹介

目安時間 7分
結婚式を挙げる中で、女性が重視するのは、やはりドレスですよね!

ドレスの試着にかなり時間がかかり、旦那さんはグッタリ…ということも。笑

ドレスが決まると、次は小物決め。
その中でも大半の方が身につける「グローブ」について、今回はお話ししていきたいと思います。


  • グローブはそもそも必要なのか?
  • どんな意味があるのか?
  • いろんな長さがあるけど、長さ別のメリットは何か?

以上の3点について、紹介していきます。
スポンサーリンク

結婚式を挙げるんだけど、「グローブ」は必要なの?

結婚式を挙げる方や、挙げた方ならご存知だと思うのですが、
グローブって、結構良い値段するんですよね…^^;

「そもそも、グローブしなきゃダメなの?」

と思う方も多いと思います。

結論から申し上げます。

絶対にしなければならないわけではありません。
最近ではリストブーケなども増えてきている為、しない方が増えてきているのも事実です。

その他でも、


  • ネイルが見えないから
  • 式場やドレスの雰囲気と合わなかった
  • 予算的な問題

などで、付けない方もいらっしゃるようです。

しかし、キリスト教式をお考えの方は、グローブが必須となります。

この理由は、グローブを着用する意味に関係してきます。


スポンサーリンク



結婚式でグローブを身につける意味は?

グローブには様々な意味がありますが、その中でも有名なものを紹介します。

1.露出を避ける

グローブには「露出を控える」という意味が含まれています。
グローブを身につけることで、フォーマルな装い(正装)ということになります。

元々キリスト教式では、肌の露出をしない衣装が正装とされている為、必ずグローブが必要となります。

2.花嫁は「無垢で穢れの無い存在」である

結婚前の新婦は、「無垢で穢れの無い存在」と考えられており、
グローブを身につけることで身を清め、無垢な新婦を守るという意味があります。

挙式にて行われる指輪交換の際、花嫁がグローブを外しますよね?
この行為には、

「今から私は、あなたのものになります。」
という、誓いの意味があるんです♪素敵ですよね。

知っ得!
ちなみに、新郎や両家のお父様が右手に持つグローブにも意味があります。
これ、手にはめないのは何でか気になりますよね?

実は、このグローブは「剣の象徴」として持っているんです。
「大切な新婦を、今後ずっと守ります!」
という意味が込められているんです☆

補足ですが、新郎が新婦の右側に立つのは、
昔、右手には剣、左手にはを持っていたことから、

「盾で新婦を守る」
という意味があります。



結婚式で身につけるグローブの長さ、それぞれのメリットは?

近年では、様々な種類のグローブがあり、かなり迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

今回は、長さについて詳しく紹介していきます。
選ぶ際の参考にされてください^^

長さには、


  • ショートタイプ
  • ロングタイプ
  • フィンガーレスタイプ

の三種類があります。

種類別にメリットを含めて紹介します。

1.ショートタイプ

メリット
・暑さ対策になる
・カジュアルなドレスにピッタリ

ショートタイプのグローブは、梅雨時期や夏の屋外のウエディングなど
暑さ対策として、選ぶ方も多いです!

その他のグローブと違い、カジュアルなイメージなので、
ガーデンウエディングなどのカジュアルな結婚式やドレスにオススメ☆

素材を定番のサテン地から、レースやオーガンジーなどに変更するだけでオシャレ度がUPしますよ♪

2.ロングタイプ

メリット
・腕が細く見える
・腕が綺麗に見える

挙式の定番で、肌の露出を控えることもでき、フォーマルな装いといえば、
ロングタイプでサテン地のグローブですね。

教会での挙式スタイルの場合は、こちらのロングタイプがオススメです。

そしてこのロングタイプのグローブには、腕を細く、綺麗に見せる効果も◎ 実際に私も、ロングタイプを着用しましたが、自信のない腕を綺麗にカバーしてくれました!

ちなみに私の着用したのはコレです。値段が式場と違って格安で、生地もしっかりしていたのでオススメです^^

3.フィンガーレスタイプ

メリット
・着脱の手間がかからない
・自慢のネイルがバッチリ見える

最近人気急上昇中のフィンガーレスタイプ☆

指輪交換の際、脱ぐ必要がないので手間がかかりません!
当日の為に美しくしたネイルもバッチリ見えるので、ネイルを見せたい方にオススメ☆

しかし、教会式ではNGな場合もあるので、事前に式場へ確認してください。

まとめ

一生に一回の大切な結婚式、グローブも大切な小物の一つです。
今はさまざまな種類のグローブがあるので、ドレスや会場の雰囲気にあったものを選んでくださいね^^

素敵なグローブに出会えますように…☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして。
ブログ管理人の芽衣です。

暮らしに役立つ情報を
随時更新していますので
是非ゆっくり見ていってください^^

スポンサーリンク




人気記事TOP5!

花粉症のレーザー治療 術後の経過記録。

恵方巻きは前日に作る?保存は冷蔵庫?冷凍できる?

  新着記事
記事検索はコチラ

カテゴリー
お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ^^

運営者情報

運営者情報はこちら

メタ情報