身体ケア

40代の歯茎が下がるのを自力で何とか戻す!方法について徹底解説

一般的に40代は、気力や体力、そして体調が変わる潮目と言われています。

そういう筆者も40代を迎えるにあたって最近は「なんだか疲れやすくなったなあ」「疲れが翌日まで残るな」と思うことが多くなりました。

中には筋トレで身体を強くしようとする方もいたり、マッサージで疲れを回復させたりと努力している方々もいますがどうしても自分の努力で衰えを抑えることができないのが歯茎になります。

加齢によって、歯茎はどんどん下がっていってしまいます。

しかし加齢による歯茎が下がることを自力で抑えることができるのでしょうか?

40代の歯茎が下がるのを自力で戻す方法について解説をしていきます。

歯茎の役割とは?

歯茎の役割とは?

歯茎とは、歯の根っこを守っている組織と言えます。

歯茎が無いと、歯根の部分に食べ物のカスが溜まって虫歯になっていきます。

又、歯茎があることで歯が安定しているのです。

加齢によって下がる歯茎

加齢によって下がる歯茎

歯茎は、10年で2mm下がると言われています。

これは加齢による原因となります。

歯茎は少し下がるだけで、顔の印象が変わるので、若々しくいる為にはキープする努力が必要なのです。

40代の歯茎が下がるのを自力で戻す方法①歯磨き粉を使う

40代の歯茎が下がるのを自力で戻す方法①歯磨き粉を使う

あなたがもし歯茎が下がるのを抑えたい場合、歯磨き粉を使って歯を磨くことをおススメします。

人によっては、歯磨き粉は使わない方もいるかもしれませんが、現代の歯磨き粉の成分は非常に優秀で歯の健康を保つ有効な成分が含有されています。

泡がよく立つ歯磨き粉は、歯が磨けている雰囲気でケアしている気になってしまうので、低発泡性の歯磨き粉を使ってケアしていった方が良いでしょう。

40代の歯茎が下がるのを自力で戻す方法②食生活の改善

40代の歯茎が下がるのを自力で戻す方法②食生活の改善

身体の免疫力を高めるのにビタミンを安定的に摂取していくことが必要です。

特に歯茎の成分は、ビタミンCで作られているので重要なのです。

又、ビタミンB群は細胞再生などに効くので合わせて摂りましょう。

40代の歯茎が下がるのを自力で戻す方法③身体の新陳代謝を高めて喫煙をしない

40代の歯茎が下がるのを自力で戻す方法③身体の新陳代謝を高めて喫煙をしない

喫煙は、身体の血中酸素飽和濃度が下がる為免疫力が下がっていきます。

口の中で最近が増えると対抗できる免疫が下がるので、口内トラブルが発生する原因となります。

まずは禁煙することをおススメします。

そして免疫力を高める行動として、運動などで身体の新陳代謝を高めるトレーニングは効果的だと言われていますよ。

40代の歯茎が下がるのを自力で何とか戻す!方法について徹底解説【まとめ】

このページでは、40代の歯茎が下がるのを自力で何とか戻す方法について解説をしてきました。

年齢による衰えは避けられませんが、そのスピードを抑えることができるとお分かり頂けたかと思います。

この記事の情報が役に立てば幸いです。

人気の注目記事

05031311651からの電話には要注意!Amazonドライバーからの電話番号であることを忘れずに【徹底解説】

【2022年最新】0120932759からの電話は迷惑電話?実態を徹底調査