暮らしの知恵

指の腹を押すと痛いのはなぜ? 対処法の知恵袋【気になる情報を徹底解説】

指の腹を押すと痛いのはなぜ? 対処法の知恵袋

ある日突然、指の腹が「痛っ!」と感じることってありませんか?

何かできものができた訳でもなく、傷がある訳ではなくあの痛みって謎に感じますよね。

筆者も何度か感じたことがある指の腹を押すと痛くなるやつ。

このページでは、指の腹を押すと痛いと感じる理由について解説していきます。

指の腹を押すと痛いのはなぜ?

考えられる理由は複数あり、下記の通りです。

打撲

何かに指を打ち付けた時に、打撲の様な状態になっており押すと痛みを感じるケースです。

しばらく酷使しないように安静にしましょう。

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

手首にある手根管が圧迫されて、指先まで痛みが出る症状です。

手をよく使う方に起こる症状で、休むことと手を振ることで治ることがありますよ。

ばね指(弾発指)

指の曲げ伸ばしをする屈筋腱が炎症を起こして、痛みが出ます。

糖尿病の方に出るパターンもありますが、主には使い過ぎによることがほとんどです。

指の腹を押すと痛い人のSNS反応【体験談】

関節痛の症状としてはリウマチのケースも考えられる様です

やはり酷使することが原因の場合が多い様です

指の腹を押すと痛いのはなぜ? 対処法の知恵袋【まとめ】

このページでは、指の腹を押すと痛いと感じる理由について解説してきました。

突然起こる指の痛い原因がお分かり頂けましたでしょうか?

この記事の情報が参考になれば幸いです。