暮らしの知恵

一人暮らしに最適な生ごみの扱い方とは?絶対に役立つ方法を徹底紹介

一人暮らしに最適な生ごみの捨て方とは?絶対に役立つ方法を徹底紹介

一人暮らしを始めると、実家暮らしの時に気づかなかった点というのが徐々に見えてきますよね。

特に料理については、普段気付かなかったようなことも目に付く様になるのですが、誰もが経験するのが生ごみにたかるコバエの煩わしさです。

顔の周りに飛んでくると本当にたまったものではないです。

それでは、一人暮らしに最適な生ごみの扱い方ってあるのでしょうか?

このページでは、一人暮らしに最適な生ごみの扱い方について解説をしていきます。

一人暮らしに最適な生ごみの扱い方を一挙公開

それでは一人暮らしで使える生ごみの扱い方をご紹介していきます。

三角コーナーを置かない

まずは、ゴミ自体を溜めておくことを極力失くすことです。

最たる例がキッチンに置く三角コーナー。

捨てるのが面倒で、さっと三角コーナーに生ごみを入れがちなのですがこれは不衛生で且つコバエが発生する温床になるので気を付けましょう。

密封して冷凍庫へ入れる

これは汚いからやりたくないという方もいるかもしれませんが、袋に入れて口を閉じてから冷凍庫で凍結させてしまう方法です。

こうすることで生ゴミが腐って異臭を発生することを防げるので結構行っている人は多いですよ。

生ゴミが出ない生活をする

そもそも生ゴミが出ない生活をすれば、生ゴミでストレスを感じることはありません。

一人暮らしならコンビニや出来合いの物で終わるパターンもあるので、既に実践している方もいるかもしれませんね。

新聞紙に包んで捨てる

とにかく生ごみはそのままにせずに密封しておくことが大事です。

捨てる時は、水を切って新聞紙に包んでぱっと捨ててしまうのもいいでしょう。

専用機を使う

今は便利な生ごみ用の専用機というものがあります。

消臭機能や乾燥機能があるのでとても便利で夏場は特に必須アイテムですよ。

 

一人暮らしに最適な生ごみの扱い方とは?絶対に役立つ方法を徹底紹介まとめ

このページでは、一人暮らしに最適な生ごみの扱い方について解説をしてきました。

こういった方法を知っておくことは普段の生活のしやすさに繋がるので覚えていて損はないと思いますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

\家事や育児の合間にできる!お得なWEBライター講座/