妊活

産み分けで女の子の可能性を高める食べ物とは?口コミや評判を徹底解説!

産み分けで女の子の可能性を高める食べ物とは?口コミや評判を徹底解説!

日本では平成30年に92万1,000人の子供が生まれましたが、前年比で25,065人減少と少子化が止まりません。

これは夫婦共働きといった家族のあり方が変わったことや考え方が多様化した影響だと言われていますが、当然子供が欲しいと妊活を行う家族も当然いらっしゃいます。

その中で「第一子が女の子だったので、次は女の子が欲しい」と考えてる家族もいらっしゃる訳ですが、実は男の子が生まれる可能性を高める食べ物があると言われています。

このページでは産み分けで女の子が生まれる可能性を高める食べ物についてご紹介していきます。

産み分けで女の子の可能性を高めるには?

まずは身体を酸性に高める必要があると言われています。

肉や魚を中心とした食事が身体の成分を酸性にするという説が多くあります、

しかしそれらばかり食べていても身体全体の栄養バランスが崩れてしまうので、全てをバランスよく摂取することが求められるのです。

産み分けで女の子可能性を高める食べ物

それでは具体的に、女の子が生まれる可能性が高まる食べ物とはどんな物なのでしょうか?

穀類

米やパン、パスタ

肉類

豚肉、牛肉、鶏肉、卵

乳製品

バター、牛乳、ヨーグルト

野菜

ホウレン草、ニンジン、玉ねぎ

酢の物

産み分けで女の子の可能性を高める食べ物とは?口コミや評判を徹底解説!まとめ

このページでは、食べ物で女の子を産み分ける方法についてご紹介しました。

実際に100%産み分けるのは、医学的に証明されている訳ではないので難しいでしょう。

しかし実績や可能性が少しでもあるなら試してみたいものですよね。

\家事や育児の合間にできる!お得なWEBライター講座/