暮らしの知恵

眠れないまま朝になった時に使える知恵袋!実際の体験談を踏まえた方法を紹介

眠れないまま朝になった時に使える知恵袋!実際の体験談を踏まえた方法を紹介

夜寝ようとした時に、何だか寝つけずに眠れないまま朝になってしまった経験ってありませんか?

寝る前に興奮状態だったり、アルコールを飲酒していたり、何か頭から離れないことがあったりと理由は様々かと思います。

それではそんな時に疲れを取る為に、どんな対処法があるのでしょうか?

このページでは、眠れないまま朝になった時に使える対処法について解説をしていきます。

眠る前にしない方が良い事

眠る前にしない方が良い事

人間が眠る前にしない方が良い行動というのが医学的に存在しています。

それらをすることで、あなたの快眠を妨げる理由になるので気を付けてください。

スマートフォンの画面

人は朝を迎えると明るくなり、夜は暗くなると眠くなるという体内時計が働いています。

いざ夜寝ようと思った時に、スマートフォンの明るい画面を見続けることで身体が「まだ外は明るい」とまだ活動を続けようとしてしまうんですね。

なので、眠る前はスマートフォンから離れておくと眠気がおとずれることでしょう。

アルコールの摂取

夜眠れなないからアルコールを飲んでから寝る。

そういった方は少なくないと思います。

しかし実際はアルコール成分が脳を覚醒させてしまって、眠りには良くないことが立証されています。

身体が体内のアルコールを分解しようと内臓が働いてしまうからなんですね。

就寝前のアルコール摂取は極力控えてください。

就寝前の運動

忙しい会社員の方などは、日中に運動ができないので夜走るという方もいるのではないでしょうか?

身体を動かすことで、せっかく眠る体制に入っている身体を起こしてしまうことになるので就寝前の運動はおススメしません。

もし行うとしても、就寝前4時間くらいを目安に行う様にして身体を休めてください。

眠れないまま朝になってしまったらどうしたらいいか?

それでは上記を気を付けたとしても、朝眠れずに朝を迎えてしまった時はどうしたらよいのでしょうか?

下記が具体的な推奨される行動です。

とりあえず目は閉じておく

眠れないからといって、ずっと目を開けて何かをしていればそれは眠れません。

明るくなってもまだ出掛ける時間まで1~2時間ある様であれば、目を閉じて身体を休めることに集中してください。

目を閉じるだけで、目から入る外部からの情報が遮断されて脳が休息状態に入ることができるのです。

仕事や授業中は極力手や足を動かす

睡眠不足の状態でじっとしていると眠気が襲ってきます。

手をぶらぶらさせたり、首を動かしたり、目立たない様に足を動かしたりすると寝不足状態でも眠たくなりませんよ。

ぜひ試してみてください。

恒常的に眠れない場合は診察を受ける

1日、2日眠れない日が続くことは身体が健康な人もあることですが、眠れないで朝になることを繰り返してしまう方は病院で医師の診察を受けた方が良いケースもあります。

医師に相談することで、睡眠薬を処方してもらえるので、身体に害がない程度で服用をしていれば睡眠障害が改善するかもしれません。

市販の睡眠薬を自分の判断で服用することは、薬に依存してしまうこともあるので気を付けてください。

眠れないまま朝になった時に使える知恵袋!実際の体験談を踏まえた方法を紹介まとめ

このページでは、眠れないまま朝になった時に使える知恵袋として、対処法をご紹介してきました。

実際に翌日仕事や出掛ける予定があるのに、前日眠れていないと気分よく1日のスタートを切ることができませんよね。

そういったことがない様にぜひご紹介した方法を活用してみてください。

\家事や育児の合間にできる!お得なWEBライター講座/