海外留学&移住

マレーシア移住のデメリットってあるのか?3年半生活した感想を紹介!【予想外】

マレーシア移住のデメリットってあるのか?3年半生活した感想を紹介!【予想外】

マレーシアは日本からの移住者も多い人気の海外移住地です。

しかし実際に住んでみると、テレビやインターネットで見えない悪い部分なんかもあるのでしょうか?

このページでは、マレーシア移住のデメリットについて実際に住んでみた筆者が解説していきます。

マレーシア移住のデメリットってなに?①言葉の問題

マレーシア移住をして、実際日常生活レベルでマレー語や中国語をマスターできる人はどれくらいいるでしょうか?

私の周りでは0人でした。(大体30人くらい日本人が居た会社で)

マレーシアでは英語が通じますが、公用語はマレー語です。

そういった意味では母国語で話す時の様な、相手を深く知るということがとても難しかったなと思います。

普段目にするのはマレーシア人が大半なのですから、やっぱり交流は図ってみたいと思うもの。

それができないのは少し自分に対して残念でしたね。

マレーシア移住のデメリットってなに?②体調を崩したとき

これは①にも通ずるところがあるのですが、体調を崩して病院へ行った際に微妙にどこが痛いのかということを伝えるコミュニケーションが難しいという点です。

お医者さんに説明したいのですが、何となく大枠しか伝えられないので治療が正しく行われるのか不安です。

なので痛くても我慢して病院へ行かないなんてこともあるのですが、若ければ良いものの年を取って気づいたら大病になるまで放置していたとなると大問題です。

病気になって体調管理が難しいと海外移住を続けることもハードルが上がってしまう印象です。

マレーシア移住のデメリットってなに?③ヘイズ

そんな時はやはり体調も崩しやすかったので、外出は控えた方が良いかもしれません。

これは日本ではないケースなので、意外に思われる方もおおいかもしれません。

マレーシア移住のデメリットってなに?④治安が良くない

別の記事では「日本でも治安が悪くなっているからマレーシアでも同じ」と書いたのですが、実際マレーシアで日本人が歩いていれば外国人な訳でひったくり強盗に遭う可能性はローカル民に比べたら上がることでしょう。

実際に私が住んでいた地域は安全とされていたものの、暗くなってから外を歩くなんてことは3年半マレーシアに居てほとんどありませんでした。

それは無意識の内に危ないと思っていたからかもしれません。

また、近所でたまにひったりや変質者が出たなんていう情報も回ってきたのでやはり気は抜けないでしょう。

マレーシア移住のデメリットってなに?⑤スケジュール通り物事が進まない

これはマレーシアに住む日本人は皆一度は経験していると思いますが、約束した時間などに業者や友人が来ないことです。

マレーシアは沖縄より南にあり、おっとりタイプだといわれる沖縄人の方よりもおっとりしているイメージです。(偏見だったらすいません)

ガスコンロが壊れたから見て欲しい、天井の水漏れがあるから修理して欲しい時など業者を読んでも時間通りに来た試しはありません。

そういうことに対して寛容になるか、時間に余裕を持ってスケジュールを組むのがマレーシア流の生き方かもしれませんね。

マレーシア移住のデメリットを乗り越える方法

マレーシア移住に限らず、どこの国で住めば良いところもあれば悪い所もあるでしょう。

上記で挙げるマレーシア移住のデメリットを乗り越える方法を3年半住んだ経験をお伝えできればと思います。

経験者から話を聞く

私がマレーシアに住んでいた時に、同じ日本人で行動範囲が広い人や情報をたくさん持っている人から情報をもらったことがありました。(厳密に言えば聞いていないけど)

コロナ禍の様な異常事態では、その様な人達からの情報はとても役立つものが多かったと思います。

例えば日本語が通じる病院とかどこのスーパーでは日本食がたくさん売っているなど、自分が分からないのであればマレーシア移住の大先輩方に聞くのは一番効率的と言えます。

適度に運動・外出する

これは3年半の内、約半分がコロナ禍で外出自粛モードだったからかもしれませんが、やはり家の中に居ると気持ちも塞ぎこんでくるものです。

そんな時は大体運動や外出することをおすすめします。

大体日本人が住む様なコンドミニマムには、スポーツジムも付いているかと思いますので、エレベーターですぐ運動できる場所まで移動ができます。

また、日中は日差しがかなり強いので、雨が降ったあとや夕方は若干涼しくなるのでおすすめです。

汗や日光を浴びると、ポジティブな気持ちになることは医学的に立証されているそうですよ。

言語を学んでみる

マレーシア移住を長期で考えている方は、現地のマレー語や中国語を勉強してみることで言葉の壁を乗り越えられるかもしれません。

1年や2年で上達するのは難しいかもしれません。

しかし長期で考えているからこそ、ゆっくりしっかり勉強していけば少しくらいは話せる様になるでしょう。

私は長期滞在する予定は無かったのでマレー語の学習はしませんでしたが、同僚の社員と一緒に出掛けた時に金額をマレー語で伝えているのを見て驚いたことがあります。

焦らずいきましょう。

マレーシア移住のデメリットってあるのか?3年半生活した感想を紹介!【予想外】まとめ

ここまでマレーシア移住のデメリットについてお話をしてきました。

実際に私が3年半住んでみて感じたことであるので、人によってはもっとあるかもしれません。

しかし、せっかく異国の地マレーシアへ来た訳ですから何でも日本と比較して「日本の方がよかった」と言ってしまうよりも、違いを楽しむくらいの余裕があるといいかなと思います。

マレーシア移住は人生1度きりのチャレンジになると思うので、有意義なものにしましょう。

マレーシア移住のデメリットってあるのか?3年半生活した感想を紹介!【予想外】を読んだあとのおすすめ記事

マレーシア移住で後悔してしまったこと10選【実はあったこんなこと】

\家事や育児の合間にできる!お得なWEBライター講座/