エンタメ

マレーシア移住で最初にする物件探しのコツとは?【体験談】

マレーシア移住で最初にする物件探しのコツとは?【体験談】

マレーシアへ移住をして最初にするのは住居を探すことだと思います。

正直、家さえ決まってしまえばホテル暮らしなどから離れられる訳で、生活が一気に落ち着くのでスムーズに決まるといいですよね。

でも異国での住居探しは慣れないと大変だと思う方も多いでしょう。

このページではそんな方向けに、実際に体験したマレーシア移住での家探しのコツを解説していきます。

マレーシア移住で物件を探す時の予算感

マレーシアで家を探す時に、大体いくらぐらいを目安にしたら良いのでしょうか?

私が実際にマレーシアのペナン島で家を借りた時は、3LDKのコンドミニアムでRM1750という賃料で契約をしました。

実際初めは一人暮らしだったのでスタジオタイプ(キッチンやベッドルームが一緒の1ルーム)であればRM1000くらいだったのでそれでもよかったのですが、会社へ徒歩で行ける圏内で探したので大き目の部屋しかありませんでした。

それでもペナン島のシンボルであるペナンブリッジがバルコニーから見えて、広さ3LDK(ジム・プール付き)が5万円もしないというのは破格だったと思います。

これが首都のクアラルンプールになれば、同じ間取りでもRM2000は超えると思うので、注意してください。

マレーシア移住で物件を探す方法

私の場合は、会社が紹介してくれた不動産会社や空き物件が掲載されているウェブサイトがあるのでそれを見て問い合わせをしました。

人気物件は既に予約を検討している人がいるケースもあるので、検討は早めにされた方が良いでしょう。

ウェブサイトには不動産会社担当者の連絡先が乗っているので、コミュニケーションアプリのWhatsappなどでメッセージを送るとすぐに内見の予約が取れますよ。

マレーシア移住で物件を契約する時の手数料

100 US dollar banknote

私が実際に家を探した時に、不動産会社やオーナーへ支払った金額の総額はRM4000程だったと思います。

実際に家を立ち退く時に家賃1か月分のデポジットは清掃料などを除いて返ってきます。

私の場合は、エアコンが部屋に4つあってそれらの清掃料としてRM600程引かれたのみでした。

大体1年契約で、不動産会社を通して再契約するとまた手数料を取られてしまうので、オーナーから直接取引を持ち掛けられて、契約する方も多いと思います。(お互い節約できる)

たまたま部屋のオーナーが日本滞在経験があるマレー系マレーシア人だったのもあり、大変好意にして頂いたことは本当に現地の滞在で助かりました。

水道の蛇口が壊れた時なども汗びっしょりになりながら直してくれたり、本当に良いオーナーさんだったので今でも感謝しています。

マレーシア移住で物件を探す時の注意点

マレーシア移住で物件を選ぶ際の注意点は、どんなところでしょうか?

しっかりしていそうな不動産会社へ依頼する

まずは、不動産会社が余計な請求をしていないかちゃんとしたエージェントを選ぶことです。

大抵話し方であったり、スーツを着ていたりで印象で判断するしかないですが、あまりズボラそうな担当者の場合は避けた方がいいでしょう。

物件自体もしっかりチェックする

ベットのマットレスが汚れていたり、テレビがつかない、エアコンが壊れているなど普通に起きるので、実生活に必要なところはすべてチェックしましょう。

契約前に壊れている部分は、オーナーと直接チェックしあえれば後々問題になることはありません。

私の場合は、入居してすぐにドアノブが壊れたので、これは私のせいではないよというのをメッセージアプリへ送って履歴を残しておきました。

虫が出ないか

コンドミニアムの高層階であれば、ゴキブリや虫が出ることは少ないかもしれませんが、見掛けることがあれば結構ストレスになります。

私は18階に住んでいて、小さなゴキブリは見たことがありますが大きなゴキブリを見たのは1度きりでした。

苦手でない人にとっては良いのかもしれませんが、虫が苦手な人は注意してください。

周囲がうるなくないか

これは内見などの一瞬で判断するのは難しいのですが、外国人労働者が多い場所などでは夜中まで爆音でカラオケを家でしていたりと、騒音に対して日本に比べて気を付ける人は少ない印象です。

うるさくて引っ越しを検討する人もいるくらいなので、予めこういったトラブルも想定していた方が良さそうです。

セキュリティはしっかりしているか

大体日本人が住むようなコンドミニアムには、ネパールなどの外国から来た警備員が複数人常駐して見回りをしてくれます。

なので、不審者がくれば彼らがすぐに対応してくれるでしょう。

私が住んでいたコンドミニアムでは、窃盗事件が起きてからエントランスやエレベーターに、居住者が持つカードキーが無いと入れない仕様になりました。

また、これは難しい問題ですがセキュリティ自体が居住者に対して窃盗や殺人事件を起こすケースも稀に発生しており100%過信して信用するには少しリスクがあるでしょう。

マレーシア移住で最初にする物件探しのコツとは?【体験談】まとめ

ここまでマレーシア移住で物件を賃貸で探す場合のコツについて解説をしてきました。

初めにお伝えした通り、いきなりの海外で物件を探せというのはとてもハードルが高い様に思えます。

しかし、事前に情報を得ていたらトラブルを避けて物件を契約することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

マレーシア移住で最初にする物件探しのコツとは?【体験談】を読んだあとのおすすめ記事

マレーシア移住で後悔してしまったこと10選【実はあったこんなこと】

人気の注目記事

05031311651からの電話には要注意!Amazonドライバーからの電話番号であることを忘れずに【徹底解説】

中山美穂の現在とは?かつて一世を風靡した女優の今について徹底解説!

梶田冬磨さんの死因は?急逝された理由について徹底調査!