夏祭り・花火大会

関門海峡花火大会の穴場スポットはココ!アクセス方法付き☆

目安時間 7分

前回、第29回 関門海峡花火大会の日程や、有料席の情報をご紹介しました。

今回は、

「関門海峡花火大会は見たいけど、少しでもゆっくりと見れる場所はないのかな?」

という方の為、穴場スポットをご紹介します。

ぜひご参考にされてください。


スポンサーリンク

  

日程や有料席の詳細に関しては、こちらの記事をどうぞ。
関門海峡花火大会 2016!有料席のお得情報や遊覧船のことならここ!

関門海峡花火大会の穴場スポットはココで決まり!門司編


まずは、北九州の門司側の穴場スポットを紹介していきます。
(博多方面からお越しの方はこちらです。)

1.ノーフォーク広場


関門海峡がすぐ目の前に広がるこの広場は、絶好のビュースポット

門司側と下関側の両方から打ち上がる花火を、観覧することができます。

打ち上げ場所より少し距離がある為、花火の見え方は少し小さくなりますが、綺麗に見ることができます。
音も小さめなので、小さなお子様連れの方は安心です☆

■アクセス

・出光美術館駅(門司港レトロ観光線)より 徒歩13分

・JR門司港駅より 徒歩20分
(JR門司港駅→バスで12分、和布刈公園前下車、徒歩すぐ)


2.和布刈公園(めかり公園)

門司や関門橋、下関の夜景を一望できることで、大変人気があり、知名度も高い公園です。

綺麗な夜景+花火も見れる、贅沢な穴場スポット。
花火デートを楽しみたい方には、ぜひオススメしたいスポットです☆

アクセス方法は車がオススメですが、混雑することと、駐車場が満車になることを考えると、早めに現地入りしておくのが良いでしょう。

■アクセス

JR門司港駅 徒歩30分



3.風師山 (展望広場)


こちらも関門海峡を一望することができます☆

元々風師山は、打ち上げ場所から距離もある為、地元民の中での穴場スポットとして知られていました。
しかし、近年ではどんどん観覧者が増えてきていて、19時頃には結構混雑するようです。

道も駐車場も混雑するため、早めに行きましょう。


4.片上海岸


片上海岸は釣りのスポットとして有名です。
下関の夜景を綺麗に眺めることができるスポットで、ここからも両岸の花火を観覧することができます☆

門司港付近の混雑を避けたいという方にはオススメです。

■アクセス

JR小森江駅より 徒歩17分



5.九州鉄道記念館の西駐車場


車を駐車したまま花火を観覧できるスポット☆
※もちろん当日は交通規制が入るので、時間等に関しては注意が必要です。

少し移動すると屋台のある海岸にも行けるので、便利です。

■アクセス

JR門司港駅より 徒歩2分




スポンサーリンク



関門海峡花火大会の穴場スポットはココで決まり!下関編


次は下関編です。
門司側に比べると観覧客が少ない傾向にあるようなので、時間に余裕がある人や、少しでも混雑を避けたい人は下関側でみるのも、ありですね☆

1.火の山公園


山頂からは瀬戸内海日本海が一望できる、絶景のスポット。
夜景も花火も両方楽しみたい方にオススメです☆

※競争率がかなり高く、18時の時点で、もういっぱいになるようなので、早めに行きましょう。

■アクセス


JR下関駅→バス:火の山行き、15分 → 火の山ロープウェイ下車 → 徒歩30分


2.巌流島


巌流島も火の山公園と同じく人気がありますが、火の山公園よりは混雑しないのでおすすめです!
花火も迫力がかなりあって、見応えがありますよ☆

■アクセス
門司港レトロ桟橋(門司)、又は、唐戸桟橋(下関)から
巌流島行き渡船


3.めかりPA(パーキングエリア)


かなり多く見物客が集まる、人気スポット。

気をつけなければならないのが、満車になると入場規制があるというところ。
午後には満車になる…ということもたびたびあるようなので、かなり早めに行く必要がありそうです。


4.海響館


下関の有名な水族館
花火までの時間をつぶす方も多いです。

夜の部に入場すると、海響館の中から花火を見ることができるんです!
なんといっても、エアコンの効いた涼しい所で、花火を見れるというのが嬉しいですよね☆

しかし、車でのアクセスはオススメしません。
駐車場が満車なのはもちろん、帰りはかなり大渋滞します。

■アクセス

JR下関駅→バス:海響館行き 7分

・門司からのアクセス
JR門司港駅→徒歩で門司港 2分 → 連絡船に乗り海響館へ 5分 




まとめ


関門海峡花火大会は、関門海峡が見える場所であれば、わりかしどこからでも花火を観覧することができます☆
見える場所が広範囲なのは、観覧者としては嬉しいですよね。
しかし、もちろんどのスポットも人気がある為、早い段階で場所取りを行うのが賢明です。

皆さんが少しでも良いスポットから観覧できることを祈っております…☆

第29回関門海峡花火大会の日程や有料席に関してはこちら.
関門海峡花火大会 2016!有料席のお得情報や遊覧船のことならここ!

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

はじめまして。
ブログ管理人の芽衣です。

暮らしに役立つ情報を
随時更新していますので
是非ゆっくり見ていってください^^

スポンサーリンク




人気記事TOP5!

花粉症のレーザー治療 術後の経過記録。

恵方巻きは前日に作る?保存は冷蔵庫?冷凍できる?

  新着記事
記事検索はコチラ

カテゴリー
お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ^^

運営者情報

運営者情報はこちら

メタ情報