エンタメ

【最新】スシロー犯人”ペロペロ男”その後の真実〜高校中退、6700万円賠償金、更生への歩み〜

【最新】スシロー犯人ペロペロ男その後の真実〜高校中退、6700万円賠償金、更生への歩み〜

2023年、回転寿司チェーン「スシロー」で不適切な行為をした男子高校生、通称「ペロペロ男」。

彼が引き起こした前代未聞の事件は、私たちに大きな衝撃を与えました。店内で醤油ボトルや湯飲みを舐めまわし、寿司にも唾液をつけた指で触れる様子が映った動画の拡散は、瞬く間に社会問題へと発展したのです。

本記事では、そんな「スシロー犯人」ことペロペロ男の素性に迫ります。

顔写真や名前、通っていた学校、家族構成など、気になる情報を徹底的に調査し、事件の詳細から最新の動向まで、読者の皆さまの疑問にお答えしていきます。

スシロー犯人「ペロペロ男とは」?

2023年1月、SNS上に一本の動画が投稿されました。回転寿司チェーン「スシロー」の店内で、男子高校生が不適切な行為を繰り返す様子が映し出されていたのです。

醤油ボトルや湯飲みを舐めまわし、寿司にも唾液をつけた指を触れるその姿に、ネット上は騒然。たちまち動画は拡散され、「スシロー犯人」は”ペロペロ男”の異名で呼ばれるように。

マスコミが大々的に報じたことで、事件は一気に社会問題へと発展していきました。

ペロペロ男の素性が判明!顔写真と名前は?

動画拡散から間もなく、ネット上では犯人探しが開始。

ペロペロ男は岐阜県内の某高校に通う男子生徒であることが特定されます。過去の空手大会の入賞歴から素性が割れるなど、プライバシー情報が次々と暴露される事態に。

顔写真や名前も、一部のまとめサイトで公開されました。実際の氏名については伏せますが、中性的なイケメンだと評判に。真面目で目立たない存在との情報もあり、周囲の人間は一様に驚きを隠せない様子でした。

イケメンと噂の犯人の意外な学校生活

ルックスの良さでは定評のあったペロペロ男。しかし、学校ではむしろ目立たない存在だったようです。真面目で大人しく、友人関係も浅かったのだとか。一方で、「実は以前からやんちゃだった」との証言も。動画に映し出された”悪ふざけ”は、日頃の素行の表れだったのでしょうか。イケメンでも、その実態は誰も知る由もありません。表と裏の顔を使い分ける、まさに”問題児”のタイプだったのかもしれません。

犯人の家族構成~父は建築関係で母は美人~

ペロペロ男は、両親と兄弟からなる6人家族の長男坊。

父親は建築関係の仕事に就いており、母親は美人で評判の良い人物だったようです。比較的裕福な家庭環境で、弟は生徒会の副会長を務めるなどの真面目ぶり。

山間にある自宅は、なんと500平米の豪邸との情報も。生活保護を受けているとのデマは事実無根でしたが、一連の不始末を「育ちの悪さ」と決めつけるのは早計と言えそうです。外見だけでは、人の本質は測れないというわけですね。

問題の動画は?その衝撃的な内容とは

さて、肝心の動画の中身はどのようなものだったのでしょうか。ペロペロ男の犯行の全貌を、あらためて振り返ってみましょう。

  • テーブル上の醤油ボトルに直接口づけし、舐めまわす
  • レーンを流れるお寿司に、唾液をつけた指で触れる
  • お茶用の湯飲みを手に取り、口をつけて舐める
  • 一連の行為後、カメラに向かって親指を立ててドヤ顔

「不衛生すぎる」「もう2度とスシローへは行けない」。

ネットには批判の声があふれ、動画は瞬く間に拡散。「食の安全」を揺るがす許しがたい行為に、怒りは収まることを知りませんでした。

炎上騒動の経緯を振り返る

ペロペロ男の犯行はSNSを通じて拡散され、たちまち大炎上に発展します。

批判の的となったのは、彼の非常識な振る舞いだけではありません。個人情報の特定合戦が過熱し、ネットリンチとも言える事態を招いたのです。

実名や家族構成まで晒され、日常生活にも支障が出る有様。自業自得とはいえ、行き過ぎた”制裁”には疑問の声も上がりました。一方、騒動の影響は、当のスシローにも。株価の下落や信用の失墜など、甚大な損害を被ることになったのです。

両親の謝罪と犯人の高校退学

事態の深刻さを悟った両親は、息子を連れて直接スシローへ謝罪に向かいます。

しかし、店側はこれを拒否。法的措置を取る構えを見せ、毅然とした対応で臨みました。

マスコミの前に姿を現した両親は、終始涙を浮かべながら頭を下げ続けます。

「息子を連れて相手に土下座させるつもりだった」「私たちの監督不行き届きが原因」。

責任の重さに、言葉を詰まらせる場面も。事件後、ペロペロ男は自宅に引きこもる日々が続いたといいます。そして遂には、通っていた高校も自主退学する運びに。自らの犯行が招いた”代償”は、あまりにも大きなものでした。

巨額賠償金の行方~一家の危機は去ったのか~

ペロペロ男とその家族にとって、逃れられない”宿題”が残されています。損害賠償の支払いです。2023年6月、スシロー側が約6700万円の賠償を求めて提訴したことが明らかに。内訳は信用毀損のほか、醤油ボトルの交換費用など。

当時はコロナ渦だったこともあり、感染防止のためのアクリル板設置で、最大9300万円の損失が出るとの試算も。請求額の増額すら取り沙汰される事態に、一家は青息吐息と言ったところでしょう。支払い能力が問題視される中、果たして金銭的解決は図れるのかと注目が集まっていました。

ただ、支払いが現実的でないと判断したのか、スシロー側からペロペロ男側へ損害賠償を求めた訴訟は、7月31日に最終的な調停が成立し、約6700万円の請求は取り下げられて和解が成立しました。

スシロー側はその際に「具体的な内容の公表は控えるが、責任を認めていただき、当社として納得できる相応の内容だったと説明しています。

事件後のスシロー、再発防止策の全貌

提訴に踏み切ったスシロー側は、事件の風化を許さぬ構えで、今ではスタンダードになった全店にアクリル板を設置するなど、思い切った再発防止策に乗り出しました。

犯行を可能にした店内レイアウトの欠陥を、設備面から改善する狙いがあったようです。

「安心・安全はあって当然。お客様との信頼関係を取り戻すことが何より大切」。

広報担当者のコメントからは、再起を期す強い意志がうかがえました。

ペロペロ男の今後~更生への道のりは~

事件の渦中にあるペロペロ男。現在の心境やいかに。

両親の話では、事件から日数も経過し、自分の行動の重大さを理解し始めたのだとか。日々反省の言葉を口にしているそうですが、はたして更生への道筋は見えるのでしょうか。

犯行時こそ高校生でしたが、もはや「若気の至り」では済まされません。

社会人としての自覚を持ち、二度と過ちを繰り返さぬ誓いを立てること。周囲の信頼を一つずつ取り戻す努力を続けること。そうした地道な歩みの先に、再生のチャンスが待っているはずです。前途多難な”戦い”に挑むペロペロ男に、エールを送りたいと思います。

【最新】スシロー犯人”ペロペロ男”その後の真実〜高校中退、6700万円賠償金、更生への歩み〜

スシローの事件は、私たち消費者に「食の安全」の重要性を問いかけました。

提供される商品への信頼は、飲食店の生命線。それを揺るがす愚行は、いかなる理由があろうと許されるものではありません。

しかし同時に、過ちを犯した者に対する寛容の心も忘れてはならないのです。

ペロペロ男には、真摯な反省を胸に前を向いて生きていってほしい。事件の当事者として、そして一人の人間として。彼の更生の日が来ることを、心から願ってやみません。

他の最新エンタメ記事一覧はこちら

ジャニーズタレントに関する記事一覧はこちら