病気

ヘルパンギーナの原因や症状は?大人がかかると重症化?治療方法は?

目安時間 5分

三大夏風邪についてお送りしていますが、今回は「ヘルパンギーナ」

今西日本で大流行しているとニュースになっていますね。

早速、原因や症状、治療のポイントについて紹介していきます。

スポンサーリンク

  

ヘルパンギーナの原因や症状は?


ヘルパンギーナは、乳幼児や子供が多く発症するウイルス感染症で、「プール熱」「手足口病」と共に三大夏風邪と呼ばれています。

主に6月~7月末にかけてピークを迎え、流行します。


ヘルパンギーナの原因ウイルスは?


ヘルパンギーナは

エンテロウイルス
エコーウイルス
コクサッキーウイルスA群・B群

とエンテロウイルスに属するウイルスが原因で発症します。

この中でも「コクサッキーウイルス」の感染が主な原因とされています。

上記のウイルス以外にも、発症原因となるエンテロウイルスは多く確認されているので、二次感染には注意が必要です。

ヘルパンギーナはどんな症状がでるの?


主な症状としては

・発熱(38度~40度近い高熱)
・口の中に口内炎や水泡ができる
・のどの痛み

喉の痛みが原因で、つばを飲み込むことが困難になってしまい、よだれが増え、嘔吐しやすくなったりすることもあります。

口内の水泡が破けることによって、ただれ痛みが出て、食事をするのが困難になることもあります。
ちなみに水泡は2~3日で破けて、約1週間ほどで回復していきます。



スポンサーリンク



ヘルパンギーナは大人が感染すると重症化する?!


ヘルパンギーナ大人
ヘルパンギーナは子供に多い病気とされていますが、ウイルス感染症なので、稀に大人でも感染する病気です。

手足口病同様、大人が感染すると重症化するケースが多く見られます。


症状としては子供同様、発熱・口内の水・喉の痛みですが、大人の場合は40度近い高熱が出て、症状が治まるまでに時間がかかるようです。

高熱などの症状がピーク状態のときは、節々の痛みや倦怠感も伴うことがあります。、

飛沫感染接触感染糞口感染により、うつる病気なので、発熱時の出勤は控えるようにしましょう。



スポンサーリンク



ヘルパンギーナの治療方法は?


エンテロウイルス系の抗ウイルス剤は今のところありません…。
その為、予防接種なども行われていません。

ヘルパンギーナの治療は基本的に、症状に合わせた治療がおこなわれます。

自宅でのケアは?


まずは安静に過ごしましょう。
そしてたっぷり睡眠時間を確保するようにしてください。

高熱による脱水症状を防ぐために、こまめに水分補給をしましょう。

ヘルパンギーナは口内に多数の口内炎や水泡ができ、痛みを伴うため、子供だと水分補給を嫌がるという場合もあります。
そんなときは、刺激の少ないイオン飲料や湯ざましなどを飲むようにしましょう。

そして、二次感染を防ぐために、必ず手洗いうがいを徹底して行いましょう。

症状が改善しても、ウイルス自体は2週間~4週間以上の長期にわたって、便から排出されることが分かっています。

糞口感染によっての感染には要注意なので、乳幼児がいらっしゃるご家庭では、オムツ替えの際は使い捨ての手袋マスクをし、二次感染の予防を行いましょう。


まとめ


三大夏風邪、今回はヘルパンギーナについてでした。

子供のいない家庭ではあまり知られていないようですが、大人も感染する病気なのでしっかり予防することが大切です。


さまざまな予防グッズ等販売されていますが、手洗いうがいに敵うものはありません。
常に意識して予防を行いましょう。


関連記事

夏風邪の原因はエアコン?!ウイルス別の症状や長引く理由を徹底解明!
手足口病になる原因や症状は?実は大人もかかる病気だった!効果的な治療法はこれ!
アデノウイルスって何?気になる感染経路や症状と対処法を徹底解析!

スポンサーリンク

   病気 

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

はじめまして。
ブログ管理人の芽衣です。

暮らしに役立つ情報を
随時更新していますので
是非ゆっくり見ていってください^^

スポンサーリンク




人気記事TOP5!

花粉症のレーザー治療 術後の経過記録。

恵方巻きは前日に作る?保存は冷蔵庫?冷凍できる?

  新着記事
記事検索はコチラ

カテゴリー
お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ^^

運営者情報

運営者情報はこちら

メタ情報