事件

【学校どこ?】鳥取市立小学校の教諭が暴言で停職1カ月の懲戒処分を受けた件について

【学校どこ?】鳥取市立小学校の教諭が暴言で停職1カ月の懲戒処分を受けた件について

児童に暴言を吐いたとして停職1カ月の懲戒処分を受けたのは不当だとして、鳥取市立小学校の元教諭の女性(当時20代)が鳥取県教育委員会の処分取り消しを求めた訴訟の判決が8日、鳥取地裁でありました。

現在、【学校どこ?】鳥取市立小学校の教諭が暴言で停職1カ月の懲戒処分を受けた件について調べている方が多いようです。

この記事では、【学校どこ?】鳥取市立小学校の教諭が暴言で停職1カ月の懲戒処分を受けた件についてまとめていきます。

【学校どこ?】鳥取市立小学校の教諭が暴言で停職1カ月の懲戒処分を受けた件について

児童に暴言を吐いたとして停職1カ月の懲戒処分を受けたのは不当だとして、鳥取市立小学校の元教諭の女性(当時20代)が鳥取県教育委員会の処分取り消しを求めた訴訟の判決が8日、鳥取地裁でありました。

訴状などによると、女性は2021年4月から鳥取市立小学校で勤務。県教委は、女性が同年5月19日の授業中、児童に「調子に乗ったらぶっ殺す」「関西なめんなよ」などと発言したとして、同年8月4日付で停職1カ月の懲戒処分とした。

女性は事実誤認があるとし、処分は重すぎると主張していた。

この日の判決で安西裁判長は、「ぶっ殺す」の発言は、女性側が提出した授業の録音データに存在せず、「事実は認定できない」とした。一方、「次言ったらもうやるからな」「関西なめんなよ」「泉州(大阪府南西部)なめんな」などの発言を根拠にした懲戒処分は許されると認定。

これらは、「小学校教諭の職責に反するものとして非難を免れず、現に児童の心情が傷つけられている」とし、「懲戒処分に値すると認めること自体は相当」と判断した。

一方で女性が任用後1カ月半程度しか経過していない▽懲戒処分歴がない▽別の懲戒処分事例と比べて不均衡がある――などの理由から、戒告や減給ではなく停職としたのは「裁量権の範囲を逸脱、または乱用」だと指摘した。

引用元:Yahooニュースより

授業中に暴言はさすがに問題なのではないでしょうか。発言の内容云々ではなく、暴言自体に問題があるように感じます。

【学校どこ?】鳥取市立小学校の教諭が暴言で停職1カ月の懲戒処分を受けた件について学校はどこ?

今回問題が起きた学校名は公表されておらず、鳥取市立小学校ということのみが分かっています。

鳥取市立小学校を確認すると、39校の学校が確認できます。

現時点の情報のみでは、特定することは難しい状況ですが、こちらについては、引き続き調査を行い、今後改めて何かわかり次第追記していきたいと思います。

【学校どこ?】鳥取市立小学校の教諭が暴言で停職1カ月の懲戒処分を受けた件に対する世間の反応は

生徒がそこまで悪いことをしていないのに、人格を否定するような暴言を先生が言いまくる、とかはヒドイ場合は処分を受けてもしょうがないと思う。 けれど例えば生徒が先生に対して尊厳を傷つけるようなことを執拗に言ってくる、などの場合は、逆に怒ってみせない方が生徒にとって良くないような気がします。 言っていいこと、悪いことがある、やりすぎたらめちゃくちゃに怒られてもしょうがない、ということを小さいときにしっかり心に刻むべきだと思います。

僕が小学生の時は暴言とかはなかったんですが本や大きい定規で叩く先生もいましたが、その当時の親ってどちらかと言うとあかんことはしっかりと怒ってくださいって親がほとんどでしたね。 今ならモンスターペアレントって言われるのが増えて先生方も大変だと思います。 学校の教師ってほんとにいじめ問題もあって救われないと思いますし、休みも少ないでしょうし本当に大変な職業だなと思います…

引用元:Yahooコメントより抜粋

【学校どこ?】鳥取市立小学校の教諭が暴言で停職1カ月の懲戒処分を受けた件に対するSNSの反応は

【学校どこ?】鳥取市立小学校の教諭が暴言で停職1カ月の懲戒処分を受けた件について【まとめ】

この記事では、【学校どこ?】鳥取市立小学校の教諭が暴言で停職1カ月の懲戒処分を受けた件についてまとめてきました。

本記事が、あなたのお役に立てれば幸いです。

他の最新エンタメ記事一覧はこちら

ジャニーズタレントに関する記事一覧はこちら