年賀状を出してない人から来た場合の返事はどうする?文例を紹介

   

お正月の楽しみの一つとして、
届いた年賀状を読むことがあげられますが、
予想外に「年賀状を出していない人」から届き、

“この人に出してなかった!どうしよう!汗”

と焦ってしまうことも。


今回は、出していない相手から年賀状が届いた時

◆ 返事はどうするか
◆ 文例


をご紹介します。

スポンサーリンク

  


年賀状を出してない人から来た場合の返事はどうする?




“げ!この人に年賀状出すの忘れてた!”

と、まさかの人から年賀状が届いた場合の返事ですが、
返事を出す前に、まず
相手との間柄や関係性を踏まえた上で


「これから年賀状のやり取りをずっと続けたい相手かどうか」


判断しましょう。



何故こんなことをするかというと、
たった1回の返事で
この先、一生やりとりが続けなければならないからです。


もちろん、途中でやめることもできますが、
一度始めてしまうと、
やめたいと思っても中々止めずらく、
ズルズル続けてしまうのが実態です…。



その為、


 相手との関係性
 年賀状で挨拶しなければならない相手かどうか
 一生年賀状のやりとりを続けていきたい相手かどうか



この3点を踏まえて、判断しましょう。



参考までにですが、実際、
年賀状のやりとりをしているのは、
どんな関係性の人たちなのか
調べてみたところ、


◆ 会社の上司や同僚
◆ 親族(結婚後)
◆ 家族で親しくしている友人


には送っているという人が多数でした。

独身で年賀状を出す人は少なく、
特に友人関係ではメールで済ませるという人がほとんどのようです。


また、マナーとして
年賀状として書面で届いたものなので、
同じ形式である年賀状で
しっかり返信するという人も多かったですよ。


判断の参考にしてみてくださいね。



上記のことを踏まえて、
年賀状の返事を出すと判断した相手には、
できるだけ早く返事を出すようにしましょう。


また、年賀状を送らない相手でも、


・新年の挨拶
・年賀状のお礼
・新年の挨拶が遅れてしまったお詫び



は、メールや電話で伝えるようにしましょう。


嫌いな相手から年賀状が届くということは
滅多にないと思うので、
今後の関係性を考えても、
マナーとしてやっておいた方が良いでしょう。




スポンサーリンク




年賀状を出してない人から来た場合の文例を紹介




まず、年賀状を送ってない相手から届いた場合の返信の文章として、

 年賀状のお礼やお詫びを書く
 年賀状のお礼やお詫びは書かない


という、2パターンがあります。


どう使い分けるかというと、
「目上の人」に関しては、
お礼やお詫びを書くと、失礼に当たってしまうので、
あえて書きません。


何故かというと、年賀状は
目下の人が目上の人に、
新年の挨拶を直接言いに行かなければならないところ、
それができないので、書面にて失礼します。
という意味合いがあるので、

目下の人 → 目上の人に
先に送っているものということになります。


なのに実際は、
目上の人から先に届いてしまい、
新年の挨拶をされてしまったので、
このこと自体、大変失礼なことなんですね。


その為、こちらからお礼やお詫びをしてしまうと、
失礼の重ね塗りになってしまい、
逆に失礼にあたいするので、
あえてお礼やお詫びの文章は書かないようにしましょう。


「コイツ遅れて出したくせに詫びもないのか!」

と思われないかという点ですが、
1月7日までの投函であれば、
消印は押されないので、
相手にはいつ出したものか分かりませんし、
郵便遅配がある可能性も十分にあり得るので、
特に問題ありません^^


「昨年末に年賀状を書いて送りました」というていで、
返信を書きましょう。


目上の人以外の場合は、
お礼とお詫びをいれても良いですし、
同様に入れずに新年の挨拶だけで済ませても問題ありません^^


それでは前置きが長くなりましたが、
文例をご紹介していきます。




スポンサーリンク




目上の人に対する文例



謹んで初春のお慶び申し上げます

旧年中は格別のご指導を賜り、厚く御礼申し上げます

本年も変わらぬご指導と、末永いお付き合いをお願い申し上げます

ご家族皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りいたしております


親しい先輩や同僚などに対する文例


謹んで新春のお慶びを申し上げます

ご丁寧な年賀状をいただきながら、
新年の挨拶が遅れてしまい、大変失礼いたしました。

日頃のご厚誼に心から感謝しております。

この一年のご健康と、
ますますのご活躍をお祈り申し上げます

今年も変わらぬお付き合いのほど、
よろしくお願いいたします


親しい間柄の場合は、
もっと崩した書き方で問題ありませんので
上記の例文の流れを参考に


1.新年の挨拶
  ↓
2.(年賀状のお礼とお詫び)
  ↓
3.去年のお礼や近況報告
  ↓
4.相手の新年の幸せを祈る文章(4.5は逆でもOK)
  ↓
5.新年のお付き合いをお願いする文章



という感じで書いてみてくださいね^^


まとめ


年賀状を送ってない人から届くと
やばい!と焦ってしまいますよね(^-^;


今後の関係も大切にしていきたい人には、
すぐに返事を出し、
来年は出し忘れのないように、
しっかり年賀状の宛先リストへ記入しておきましょう!

>> 年賀状に関する記事まとめ

スポンサーリンク