イヤイヤ期を上手に乗り越える為の5つの方法を現役ママが紹介!

   

子供の成長と共に必ずやってくるとされている
「イヤイヤ期」


ご飯を食べるのも、
お風呂に入るのも、
出かけるのも、寝るのも…

とにかく何をするにもイヤ!!
と拒否して、泣いて、
「一体どうしたらいいの?!泣」
と親としても頭を抱える
本当に憂鬱な時期ですよね…


そこで今回は、
私が実際にイヤイヤ期を乗り越えた方法を
ご紹介します!

スポンサーリンク

  

イヤイヤ期を上手に乗り越える5つの方法!


1.達成しやすい小さな目標を決める





例えば、イヤイヤ期のあるあるな、
抱っこをせがんで歩いてくれないという現象。


この場合、

「抱っこしないよ!ちゃんと歩いて!」

と言っても、言うまでもなく歩いてくれません。汗

むしろ不機嫌になったり、
泣き始めたりと、状況は悪化してしまいます。


そこで、ダメ!!と否定するのではなく、
子供がそれなら・・・と思う程度の
小さい目標を決めてあげるのがポイント。

「あそこに見えてる鳥居のところまで歩こうね」

簡単に達成できる小さな目標を決めて、
達成したら、大袈裟なほど褒めてあげましょう^^


こうすることによって、

「じゃあ次はあそこまで行ってみる?」

と次の目標を提案しても、
案外乗ってくれるようになりますよ♪


2.遊びやゲームを生活の中に取り入れる




イヤイヤ期の真っ最中に、「これしてあれして」と言っても、
イヤ!と言って聞いてくれません。


そこで、「子供が楽しめるゲームの要素」
を取り入れてみましょう♪


例えば、ご飯を食べてくれないとき。

子供に目をつぶって貰って、
あーんさせて口におかずを入れ、

「ママが今お口に入れたのは、なーんだ?」

とおかず当てゲームにして食べさせます。


すると、子供も食べることが楽しくなり、
次は次は?!と、どんどん食べてくれたりするので、
おすすめですよ^^

朝は時間がない…


時間があるときなら良いですが、
朝など、バタバタしている時間帯は、
中々付き合ってあげることができませんよね。

こんな時は、最初から、
「3回だよ~」と回数を決めて
できる範囲で遊んでいましたよ^^


終わったら、

「3回終わったから、次はお昼にしようね♪
 次はどんな問題にしようかな~」

など、ちゃんと続きはいついつにするからね!
と伝えてあげると、
子供も、また後で遊べるんだと安心して、
イヤ!ということなく、
割とすんなり終わらせることができるので、
試してみてくださいね。




スポンサーリンク




3.時間に余裕を持って、気の済むまでやらせる





【とある朝】

ママ「靴下はかせるからおいで!
   急がないと保育園遅れちゃう!」

   ↓

子供「自分でやる!」

   ↓

ママ「今日は時間ないからママがやるね」
   
   ↓

子供「イヤイヤ!自分でする」

   ↓

ママが無理やり履かせる

   ↓

思い通りにならずに、子供が泣きだして暴れだす

   ↓


結果、せっかく履かせた靴下はまた脱ぎ、
不機嫌になった子供は、
普段ならできることもせずに泣き続け
逆にどんどん時間が過ぎる。

なんて経験はありませんか?


うちはイヤイヤ期の時、
毎日この繰り返しでした。(^-^;


こうなると、思い通りにならない子供も不機嫌になり、
急いでいるママもイライラしてしまって、
とにかく悪循環になってしまいますよね。


この状況をうまく乗り切るためのコツは、

 時間に余裕を持つ
 気の済むまでやらせる


ということです。



この時期の子供は、
とにかく何でも自分でやりたいので、
それを見越して、
普段よりも時間に余裕を持って行動するようにしましょう。


いつも15分かかるなら、
倍の30分見ておくことで、
子供の気の済むまでやらせてあげることができ、
満足すれば、不機嫌になることはないので、
逆にスムーズに進むようになります。

逆に30分かからず、
10分で終わったら余裕ができて、ラッキーですしね^^


イヤイヤ期は、
「子供の自主性が芽生え始めた証拠」でもあるので、
時間に余裕を持って、
子供の自主性ややる気を最優先してあげましょう^^


POINT


子供は自分でしたいけど、
中々思ったようにできないということもありますよね。

そんな時は、
そのまま手を出すと機嫌が悪くなってしまうので、

「手伝っても良い?」

一言聞いてから手を出すようにしましょう。


それでもイヤ!というときは、
ママがお手本を見せてあげたりすると、
怒らずにスムーズに進むことも多いですよ^^


4.子供に選ばせる




この時期は、
とにかく人に決められることを嫌がります。

その為、子供自身に選択・決定させることが大切です。


例えば、何かをして欲しいときは、

「自分でやる?
 それともママがやる?」

と、“誰がするか”を子供に選ばせるようにします。


イヤイヤ期の子供は、

 とにかく自分でやった
 自分で決めた


この2つの事実が重要です。



その為、ママがやるにしろ、


「ママがやっていい?」


と聞くのではなく、


「自分でやる?
 それともママがやる?」


と、選択しを持たせて、子供に
「自分でママにやってもらうことを選んだ」
という満足感を与えることが大切です。


そうすることで、
無理やりやってあげるよりも、
スムーズに受け入れてくれるようになりますよ^^


5.ママも一人になって落ち着く時間を作る





毎日毎時間イヤイヤばかり言われて、
ママもイライラしてしまい、
思わず手を出しそうになったりしてしまうこともありますよね。

そんな時は、トイレや別の部屋に行き、
一人で少し落ち着く時間を取りましょう。


以前、保健師さんに相談したところ、

何十分も放置するのは危険だからもちろんダメだけど、
3分~5分程度だったら、多少泣かせたまま、
安全性の確保してある部屋に置いておいても大丈夫だよ。

イライラして手をあげたり、
感情的に叱ったりしたら良くないから、
ママも落ち着く時間をとりましょう。


と言われたことがありました。


1分程度、トイレで深呼吸するだけでも、
気持ち的にかなり違うので、
限界だと感じたら、
1度1人になって、一息つきましょう!


そして、パパが休みの日には、
数時間でもパパに預けて、
リフレッシュしてくださいね^^




スポンサーリンク





まとめ


イヤイヤ期は、本当に本当に
こっちも精神的に来ますよね…。

そんな時は、ママも無理をせずに、
パパに子育ての大変さを分かってもらうチャンス!と思って、
たまにはパパに子供をお願いして、
気晴らしに出かけちゃいましょう♪


子供の初めての反抗期に悩まされているママさんの
少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク