お正月

年末年始休みの期間 2017-2018!公務員、銀行、一般企業など業種別に紹介

目安時間 8分

毎年、年末年始の長期休みを楽しみに
仕事を頑張ってる!!
という方も多いのではないでしょうか?^^


せっかくの長期休みなので、

◆ 実家に帰ってのんびり過ごす
◆ 普段いけない海外旅行に出かける

など、さまざまな過ごし方があると思いますが、
より充実した休みを過ごすためにも、
早めに計画を立て、
宿泊先や公共機関の予約をとっておきたいですよね。


それでは今年【2017-2018】
年末年始休みの期間をチェックしていきましょう!


スポンサーリンク

  

年末年始休みの期間 2017-2018!


年末年始の休みは業種によって異なりますが、
一般的な目安として、
官公庁のスケジュールを参考にするとよいでしょう。


官公庁のスケジュールは、
公務員や市役所職員、政治家、官僚など、
行政機関に勤務している方の
法律で定められている休みのスケジュール」になります。


行政機関の休日に関する法律を見てみると、毎年

「12月29日~1月3日の6日間」

が年末年始の休みと決まっています!


曜日の配列によっては、土日が続き、
長期休暇になる場合もありますが、
2017-2018のカレンダーを見てみると・・・



この通り、土日が連休内に重なっているので、
多くの一般企業では、
官公庁のスケジュール通り

「12月29日(金)~1月3日(水)まで」

6日間休みになるでしょう。



とはいえ、業種や企業によっても、
年末年始の休みの期間が変わってくるので、
業種別の休みをチェックしていきましょう!




スポンサーリンク





公務員の年末年始休み 2017-2018





県庁・市役所・ハローワークなどの公務員の方、
官僚・政治家など、行政機関に勤務している方に関しては、
先程お話したように、
官公庁のスケジュール通りの休みになりますので、


12月29日(金)~1月3日(水)


の6連休になります。



ちなみに・・・♪

2年後の2019-2020年は、
年末年始休暇に上手く土日が絡んで
9連休の大型連休になります!!




公務員の方々は2年後の9連休を楽しみに頑張りましょう!^^


銀行の年末年始休み 2017-2018




銀行や郵便局(ゆうちょ銀行)の場合は、
「銀行法」という法律によって、
年末年始休みが決まっており、毎年

12月31日~1月3日まで

の4連休となっています。


しかし今年、2017年は12月30日が土曜日なので、
仕事納めが12月29日(金)になり、

12月30日(土)~1月3日(水)

の5連休となります。





但し、経理の仕事など職種によっては、
出勤することもあるようです。

一般企業の年末年始休み 2017-2018


一般の民間企業の場合は、
業種や各会社によって、休みは異なります。


 一般企業
 医療福祉関係
 製造業
 サービス業


を例に挙げてみていきましょう!

一般企業の場合




一般企業の場合、
基本的に行政機関の休みと同じで、
カレンダー通りの年末年始休暇に
設定している企業が多いので、


12月30日~1月3日までの5連休
12月29日~1月3日までの6連休



以上のどちらかのケースが多いでしょう。


もし、有休を使える場合は、
1月4日(木)・5日(金)に使えば、
土日+8日(月)は成人の日で祝日で休みになり、

11連休という超大型連休になっちゃいます♪




11連休もあれば、旅行にも行けるし、
帰ってきてゆっくり過ごす時間もあるし、
幸せすぎますよね(*´艸`)

福利厚生に力を入れている企業さんなんかは、
このように大型連休をもらえることが多いんだとか。

羨ましいですね…


ただ、一般企業の方も、
2年後の2019-2020年は9連休が待っているので、
楽しみにしておきましょう♪




スポンサーリンク




医療福祉関係の場合





医療や福祉関係の場合、

 入院施設がない個人病院
 皮膚科・整形外科など、直接命に関わらない科

の場合は、当番医の日や休診日を踏まえて、
「5日~1週間程度」の休みが設定されている場合が多いです。


入院施設がある場合は、
入院患者や利用者の方がいらっしゃるので、
年末年始は関係なく、シフト制での休みとなります。


福祉施設に勤めている知人に聞いたところ、
スタッフ間で交代で2~3日の短期休みを取る
とことはあるそうです。


やはり命に関わる現場なので、
長期休みというのは厳しいですね。


製造業の場合




製造業の休みは、機械稼働や生産ラインの関係で変わってきますが、
一般的には、


 12月28日(木)~1月3日(水)


の7連休の会社が多いようです。

印刷業で働いている兄も
例年この日程で休んでいます。



ちなみに、大手のトヨタ自動車さんのHPを見てみると、

12月29日(金)~1月7日(日)

と、なんと10連休となっています!!





このように大型連休がとれる企業がある一方で、
全く休みがない…というところもあるので、
製造業は「何を製造しているか」によって
休みの日数が大きく変わってくるようです。

サービス業の場合





最後にサービス業!!


サービス業と言っても、

 飲食業
 アパレル業

など、さまざまな業種がありますが、
サービス業は言うまでもなく、
皆が休んでいる時こそ、稼ぎ時の業界なので、
残念ながら年末年始の大型連休はありません…。



お店によっては、

 31日・1日 休み
  2日から通常営業スタート


という店舗も多いかもしれませんね。


私が以前飲食店とアパレルで働いていた時は、
飲食店は、1日のみ休みで、
アパレルは休みなしでした(^-^;


ショッピングモールなどに入っている店舗は、
モールの定休日と同じ休みになるので、
店舗によって異なるでしょう。


年中無休の大型チェーン店なんかは、
休みなしですしね…。


サービス業は、シフト交代制でのお休みになるでしょう。

皆が休んでいる時に働いてくださっている
関係者の方々に感謝感謝ですね!!

まとめ


2017-2018年の年末年始休みの日程を
チェックしていきましたが、
本当に業種によって様々ですね。

早めに予定を立てて、
有意義な年末年始をお過ごしくださいね^^


◆ 関連記事
>> 年末年始の混雑 高速は?公共機関の帰省ラッシュ情報も有
>> 年末年始は海外旅行へ 予約開始はいつから?確実に押さえるポイントを紹介

スポンサーリンク

   お正月 

スポンサーリンク




人気記事TOP5!

ディズニーオンアイスに関する記事まとめ

赤ちゃんの夏バテの症状は?正しい対策を紹介

  新着記事
記事検索はコチラ

カテゴリー
お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ^^

運営者情報

運営者情報はこちら

メタ情報