喪中はがきを出す時期は?様々な状況別の対処方法も紹介

   

身内に不幸があった場合に出す「喪中はがき」

初めて出す場合、
いつ出したらよいのかなど、
分からないことばかりですよね。



今回は、喪中はがきの

 出す時期はいつ頃なのか?

について、良くある質問を交えながら、ご紹介いたします。


スポンサーリンク

  

喪中はがきを出す時期は?





喪中はがきは
「今年は喪中の為、新年の挨拶状を控えます」という、
年賀欠礼の挨拶状なので、
相手が年賀状の準備を始める前に届くのが理想です。


年賀状を送る側からしても、
年賀状を送った後に喪中だったということを知ると、

「喪中だったのに送って申し訳ないことをした」

と思う方もいらっしゃるので、

一般的に年賀状の準備を始めるのが
11月中旬頃~とされているので、

喪中はがきを出す場合、

「11月中・遅くても12月初旬まで」には届くようにしましょう。




ここからは、良くある質問を紹介しますね。




スポンサーリンク





Q.12月中旬以降に不幸があった場合は?


A.

喪中はがきは
「喪中なので、新年の挨拶状は控えさせていただきます」
という旨を相手に報告するものなので、
遅れても出すようにしましょう。


相手側も毎年来ている年賀状が来ないと、
どうしたんだろう?と気にしてしまうので
時期よりも、何より送ることが先決です。


もし、年末に不幸があり、
相手から年賀状が届いた場合は、
寒中見舞いでお知らせすれば問題ありません。

Q,喪中の場合、結婚・出産・引越等の報告はどうしたら良いの?


A.

喪中はがき内で、
結婚や出産などのおめでたいことを一緒に報告するということは、
もちろんNGです。


不幸と慶びの報告が同時に来たら、
「え?お悔みとおめでとう、どっちを言ったらいいの?」
ってなりますよね。


その為、必ず別の形で報告するようにしましょう。


方法としては2つあります。


 寒中見舞いに一文添えて報告する
 新年があけてから、別に報告のハガキを送る



一般的には、寒中見舞いに一文添えて報告する場合が多いです。



しかし、マナーに厳しい方からすると、

「本来寒中見舞いって、相手への気遣いが目的なのに、
 堂々と結婚や出産など、自分の主目的で書くのは違うんぢゃ…」

と思う方もいらっしゃいます。


その為、


 マナーに厳しい親族の方に送る場合
 写真などを乗せて大々的に報告したい方


は、別の報告ハガキを送る方が良いでしょう。





スポンサーリンク




Q,相手の近況報告は知りたいんだけど…


A.

喪中でも相手の近況は知りたいし、
年賀状は受け取りたいな…という方もいらっしゃいますよね。


これに関しては特に問題ありません^^


本来喪中はがきというのは、
「今年は喪中の為、新年挨拶状を控えます」という、
年賀状を休みますとお知らせする為のものなので、
別に相手からの年賀状を受け取るのは何も問題ないんです。


普段は中々会えず、最近は年賀状のやり取りだけしかできていない…
という友人もいらっしゃると思いますので、
相手の近況報告が知りたい方は、

「私は喪中で年賀状は送れないけど、
 ○○の近況は知りたいから、気にせずに年賀状送ってね」


と、年賀欠礼状に一言添えておきましょう^^



まとめ


喪中はがきは「11月~12月初旬まで」に
届くようにするのが一般的です。

もし相手から年賀状が届いた場合は、
寒中見舞い」を出すことを忘れずに行ってくださいね。

スポンサーリンク