ハガキ・年賀状

普通はがきを年賀状として出す時は書き方に注意!

年賀はがきではなく、
「普通はがき」を使って年賀状を出す場合、
年賀状として扱ってもらう為に、
書き方に決まりがあるのをご存知でしょうか?

これをしておかないと、
年賀状ではなく、普通の郵便物と勘違いされてしまって
お正月に届かない…ということになりますので、
気を付けてくださいね。

そこで今回は、

「普通はがきを年賀状として出すときの書き方」

について、ご紹介します。

  

普通はがきを年賀状として出す時の書き方に注意!

普通はがきは年賀はがきと違って、
主に通常時の郵便はがきとして使用するものなので、

年賀状の受付期間である、
「12月15日~12月25日の期間」に投函すると、
郵便局側は

「これは年賀状でない、普通の郵便物」

と判断してしまい、
肝心の正月に届かないということになってしまうので、

確実にお正月に届ける為に、
今からお伝えする2点のことを
投函前に必ず行いましょう。

1.表の切手下に「年賀」と書く

年賀はがきの場合、このように、
切手部分の下に「年賀」という印字が入っていますよね。

しかし、普通はがきの場合だと、
この年賀の印刷がないので、そのまま出すと

「これは普通郵便だ」

と認識されてしまうんですね。

その為、

「これは年賀状です!!」

ということを郵便局員に伝える為に、
表の切手下に「年賀」という文字を書く必要があります。

年賀の文字は

 赤色
 縦書き
 大きくはっきりと

書くようにしましょう。

こうすることで、
普通はがきでも「年賀状」として扱ってもらえます。

ちなみにこの文字は、
手書きでも印刷でもスタンプでも大丈夫です。

枚数が多い場合は、手書きで書くと大変なので
スタンプを使うと楽ですよ♪

郵便局に行けばゴム印が置いてあるので
それを利用することもできますし、

自宅でしたい場合は、
文房具店や通販でも購入できますよ。

2.年賀状用の投函ポストに投函する

年賀状の受付期間になると、
ポストの投函口が「年賀状用」と「普通郵便用」に分かれるので、

「年賀状用のポスト」に投函します。

もちろん郵便局の窓口でもOKです!

誤って普通郵便用に投函してしまうと、
普通郵便として年内に配達される可能性があります。

新年の挨拶が年内に届いてしまう程
先方に失礼なことはないので、気を付けましょう。

普通はがきを年賀状として出す時は書き方に注意!まとめ

普通はがきで年賀状を出す場合は、

 「年賀」の文字を書く
 年賀状用ポストに投函する

ということを忘れずに行いましょう。

また、元旦に届いてほしい!という方は、
配達受付期間にも注意しておきましょう。

>> 年賀状を元旦に配達する為の投函期限はいつまで?

人気の注目記事

05031311651からの電話には要注意!Amazonドライバーからの電話番号であることを忘れずに【徹底解説】

【2022年最新】03 6636 0855からの電話は迷惑電話?実態を徹底調査

モモのアンチはなぜ彼女を嫌うのか?SNSや口コミである理由について徹底調査!