年賀状の余り 5つの使い道!交換できる?印刷済みは?懸賞や換金も?

   

年賀状って、
宛名を書き間違えてしまったり、
印刷ミスがあるかもしれないし…と
念のために余分に購入するけど、
結局余ってしまった…というケースが多いですよね。


余ってしまった年賀状でも
捨てるのは勿体ないし、何か使い道はないかな?

とお考えの方も多いのではないでしょうか?



そこで今回は、
余った年賀状を無駄にすることなく活用する
いくつかの方法を、具体的に説明していきます。

あなたにあった方法を選んで、
余った年賀状を是非有効活用してくださいね^^

スポンサーリンク




年賀状の余りの使い道は?




必要以上に買い込んでしまって、
大量に余ったその年賀状、
実は、様々な使い道があるんです♪



使い道としては、


◆ 普通はがき、又は来年度の年賀状として活用する
◆ 寄付する
◆ 新しいはがきや切手と交換する
◆ 懸賞に応募する
◆ 換金する


上記の5つがあります。


それでは、
それぞれの方法を具体的に紹介していきますね。


1.普通はがき、又は来年度の年賀状として活用する



「年賀状はその年の年賀状としてしか使用できない」

と考えている方が多いのですが、
これは間違った解釈で、
年賀はがきは「普通はがき」として使用することができます。


この場合は、まず
年賀はがきには切手が印刷してある下のところに、
年賀」という文字が印刷されているので
この文字をボールペンやペンで斜線を引いて消します。


POINT

この作業を忘れてしまうと、
翌年の元旦に届くことになりますので、注意してくださいね。



そしてもう一つ。

年賀はがきは52円ですが、
2017年6月1日から、
普通はがきの値段が「62円」に値上がりしたので、

差額分の「10円切手」を貼ってから投函する

ということを忘れないように注意しましょう。


はがきの値上がりに関してはコチラ。
>> ハガキの値段が値上がり!年賀はがきも値上げした?


こうすれば、普通はがきとして使用することができます。

もちろん、干支やお年玉くじなどを気にしなければ
翌年の年賀状としても使用可能です。

ただ、送り主がお年玉くじをチェックをして
勘違いしてしまう可能性もありますので、
事前に事情を伝えておける
仲の良い友人や近い身内など以外には
使用しない方が良いかな?と個人的には思います(^-^;

2.寄付する




NPO団体などを通じて、
寄付を募っている、民間企業や団体へ寄付するという手もあります。


団体に寄付をすると、
受け取った団体が現金化を行い、
必要としている様々な場所へ寄付を行います。


ハガキや切手も別に必要ないし、
別に換金しなくても良いし…と思っている方は、
是非寄付してみてはいかがでしょうか?

興味のある方は、
メジャーな寄付団体のHPを貼っておくので
是非一度チェックしてみてくださいね。

年賀状以外の寄付も受け付けています。

>> シャプラニール





スポンサーリンク




年賀状の余りは郵便局で交換できる!




余った年賀状を郵便局に持っていくと、


◆ 普通はがき
◆ 切手
◆ 郵便書留
◆ レターパック


などに交換することができます。


いずれも、「1枚あたり5円」の手数料がかかります。


期間は特に決まっていませんので、
古い年賀はがきであっても、
問題なく交換してもらうことができます。



「じゃあ、古い年賀状を新しい年賀状へ交換してもらったらいいんだ!」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
残念ながら、それはできないようです(^-^;


また、換金や返金も行っていません。

あくまでも通常はがきや切手へ交換という形となっています。


また、「料額印面(切手部分)が汚れているもの」は
無効となる場合があるので、
保管の際には注意しておきましょう。


通常時は交換にあたり、手数料が5円発生しますが、
近親者の不幸による服喪が理由の場合は、
無料」で交換してもらえます。


但し、交換の期間が決まっており、

手持ちのお年玉付郵便はがき等の
販売開始日~販売期間終了日まで


となっているので、注意してください。


その際は郵便窓口にて、
服喪であることを申告し、必要書類に

 請求される方の住所と氏名
 亡くなられた方との続柄等

を記入する必要があります。


交換に関する詳細はコチラをチェックしてみてください。

>> 年賀はがきの交換について 日本郵便公式HPより


年賀状の余り 印刷済みの物は?


「年賀状に写真を印刷してるんだけど…」

という方も、ご安心ください^^


未使用に限らず、
「書き損じたはがきや印刷済みのはがき」も
交換の対象
となります。


但し、先程もお伝えした通り、
料額印面(切手部分)が汚れているもの」に関しては、
断られる可能性がありますので、注意しておきましょう。




スポンサーリンク



年賀状の余りで懸賞に応募しよう!





余った年賀状が通常はがきとして使用できることは分かったけど、
普通に使うのは送り主に対して失礼ではないか…
となんだか気が引ける方もいらっしゃいますよね?

それなら期待を込めて
懸賞」に応募してはいかがでしょうか?^^


私の友人には、
あえて年賀はがきを懸賞用に多めに買い込み、
お年玉くじのところをしっかりチェックしてから、
外れたものを懸賞用に回すという懸賞好きの子もいます。(笑)

交換も換金も面倒だし…という方は、
余った年賀状を利用して、
豪華景品のGETを目指すのもありですね♪

余った年賀状は換金しよう!




先程お伝えした通り、
郵便局にもっていっても換金や返金は行っていませんが、
金券ショップ」で換金するという手もあります。


この場合、

◆ 持って行った期間
◆ 特殊印刷かどうか
◆ キャラクターものか

などによって、買取価格が変動してきますが、

相場平均としては、
未使用・販売期間内」の年賀はがきで、
1枚当たり「35円前後」となっています。



換金の場合は、
「未使用」のものと限定されていますが、
「書き損じや印刷したハガキもお金にかえたいのに…」
という方もいらっしゃいますよね?


この場合、手間はかかりますが、

一度印刷済みハガキを、
郵便局で「新しいハガキや切手へ交換」してもらい、
そのハガキや切手を金券ショップで換金する。


という方法を使えば、現金化することが可能です。


実はこの方法・・・

普通に年賀状を持ち込むより、
金額も高くなります…( ̄ー ̄)


現金化したい方は試してみてくださいね。

まとめ


5つの方法からご自身にあった方法を選んで、
余った年賀状を有効活用してみてくださいね^^

スポンサーリンク