ハガキ・年賀状

私製はがきや官製はがき、通常はがきの違いは?

目安時間 5分


はがき(葉書)と言っても、


◇ 私製はがき
◇ 官製はがき
◇ 通常はがき



など、いろんな呼び方・種類がありますが、
「一体何が違うの?」と思っている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?


今回は、それぞれのはがきの違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

  

私製はがきや官製はがき、通常はがきの違いって何?


まず、この3つの大きな違いとしてあがるのが、

切手有無」です。



官製はがきと通常はがきは、
すでに切手が印刷されています。

その為、切手を購入して貼る必要がなく
そのままポストに投函すれば配達してもらえます♪


しかし、私製はがきの場合、
はがきに切手の印刷がないので、
別途切手を購入する必要があります。



それでは、更に詳しく各ハガキの特徴見ていきましょう。




スポンサーリンク




1.私製はがき



私製はがきというのは、その名の通り、

私製 → 「私が製作したもの

ということなので、
郵便局等で販売されていない、


◇ 観光地などで販売されているポストカード
◇ 自分で作った手作りのはがき



のことを指します。

公式ではない、非公式のものといった感じですね。


非公式な分、官製はがき比べて、
オリジナル性の高いハガキではありますが、

先程もお伝えしましたが、
私製はがきには切手が印刷されていないので、
別途切手を購入」してハガキに貼ってから
送らなければなりません。


その為、「はがき代+切手代」がかかるので、

他のはがきと比べてコストパフォーマンスが悪い

という点がデメリットです。


2.官製はがき



官製はがきは、郵便局が販売している
すでに切手が印刷されている全てのはがき」のことです。

◇ 往復はがき
◇ 年賀はがき


もこの分類に入ります。



し か し



実は「官製はがき」という言葉は、
2017年現在、本来は存在しない言葉なんです。


どういうことかというと、
「官製はがき」というのは
郵便事業を国が行っていた「2007年まで使用されていた言葉」なんです。

官製はがきの“官製”とは
「政府が制作している」という意味なんですね。


2007年10月に郵便局が民営化されて、
日本郵便株式会社になってからは、


官製はがき → 通常はがき


という言葉が使われるようになりました。

はがきの販売も、
通常はがき又は、郵便はがき
というネーミングで販売されています。


呼び方が変わったと認識で問題ありません^^



しかし、実際のところは、
まだまだ官製はがきと呼んでいる方も多いので、


「官製はがき = 通常はがき」


と覚えておくと便利ですよ。
        


スポンサーリンク




3.通常はがき



ここまで来たらもうお分かりですよね^^

「通常はがき = 官製はがき」のことでした。

郵便はがき”と呼ばれることもあります。


切手がすでに印刷されているので
送り先と内容を書けば、すぐに送ることができます。



先程、

「通常はがきは郵便局で販売されている公式はがき」

とお伝えしましたが、
近年では郵便局だけでなく
コンビニやスーパーと販売店が増えてきています。



まとめ



◇ 官製はがきと通常はがきは同じで
  切手不要なもの

◇ 私製はがきはオリジナルのもので
  切手が必要なもの



でした。


近年でははがきの使用頻度がどんどん減っていますが、
たまにはメールではなくて、
はがきを使用してみるのも
新鮮な気持ちになれて良いかもしれませんね^^


【2017年新情報!】
はがきの値上がりについてはこちら。

→ ハガキの値段が値上がり!年賀はがきも値上げした?

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

スポンサーリンク




人気記事TOP5!

ディズニーオンアイスに関する記事まとめ

赤ちゃんの夏バテの症状は?正しい対策を紹介

  新着記事
記事検索はコチラ

カテゴリー
お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ^^

運営者情報

運営者情報はこちら

メタ情報