病気

子供の視力低下の原因は?視力を回復させる方法と有効な食べ物はこれ!

目安時間 8分
成長期に身長が伸びていくように、目の大きさも変わる為、20歳までに視力もかなり変動します。
視力が良いと思われている子供ですが、実は小学生の視力低下のスピードは大人よりもかなり早いと言われています。

子供の視力低下は、親としてもかなり心配ですよね。

視力が落ちてしまう原因や、回復策を紹介します。


スポンサーリンク

  

子供の視力低下の原因とは?


視力が下がるといっても、視力低下にはいくつかの種類があります。


1.近視:遠くはぼやけるけれど、近くは見える。
2.遠視:遠くも近くもぼやける。特に近くを見続けると疲れる。
3.乱視:遠くも近くも二重に見える。

※上記以外に、他の目の病気も考えられます。


原因は何なのでしょうか?

1.遺伝

親からの遺伝。近視の原因は遺伝的要素が多いとされています。
近視は約89%の高確率で、親から子へ遺伝すると言われています。

2.生活環境

子供は、勉強や試験、ゲームや読書など、目を使い負担をかける時間が多いです。
その為、近視化が進行すると言われています。

原因は上記の2つに分かれます。

次は詳しい原因をみていきましょう。

①姿勢が悪い

姿勢 姿勢の悪さと視力の悪さが関係あるの?と思う方が多いかもしれませんが、大いに関係があります。

姿勢が悪い状態が続くことで、目筋のバランスが崩れてしまい、近視を加速させてしまうのです。

姿勢を正さず、前かがみのまま机に顔を近づけて勉強をしたりすることは危険です。
同じ距離のものを見続けることで、ピント調節がうまく行えなくなる原因になります。

②長時間の携帯操作、テレビ観賞

簡単に説明すると“目の使い過ぎ”です。
長時間1点あけを見つめることで、目の周りが凝ってしまい、ピントを調整し辛くなってしまいます。

③呼吸が浅い

呼吸が浅くなると、体内に十分な酸素が行きわたらなくなってしまうので、血液中の酸素濃度が低下し、視力にも影響がでます。
酸欠によって、毛様体の筋肉と水晶体の弾力が失われ、近視や老眼が加速すると考えられています。

④寝転びながら本やテレビを見る

横になってテレビを見ることで、見ているものへの距離が左右で異なり、差が出てしまうことで、視力にも左右差が生じます。
このような習慣を続けると、「乱視」の原因にもなりますので注意してください。

⑤ストレス

「心因性視力障害」とも呼ばれるのが、ストレスによる視力低下。
目や神経に異常がなくても、ストレスによって、脳に負担がかかり視力が低下してしまうというもの。

目は自律神経によってコントロールされています。
その為、ストレスが原因で自律神経失調症などが発症すると、視力も影響をうけて低下してしまうのです。

⑥コンタクトやメガネが合っていない

メガネやコンタクトの度数がずれていると、視力がされに低下してしまいます。
装着しているにも関わらず見えないということは、更にストレスを感じたり、目を疲れさせてしまいます。


スポンサーリンク



子供の視力を回復させる方法は?


まずは視力を落とさない為の工夫を!

  • 姿勢に注意する。
  • 1時間に1回は必ず目を休める。
  • 長時間のテレビ観賞やゲームは控える。
  • 近くばかり見ていた後は、遠くを見つめる癖をつける。
  • テレビ、読書、携帯を見る時は、必ず明るい部屋で見る。

など、まずは視力がこれ以上低下しないように普段の生活を改善していきましょう。

とはいえ、眼科に行くとメガネを進められるのがおちで、結局そのままさらに視力は低下していく…
というケースがほとんどですよね。

かと言って、手術はさせたくない…

という方は視力回復トレーニングを行ってみてはいかがでしょうか?

トレーニングを行うことによって視力が回復した!という方はかなりいらっしゃいます。
試してみる価値は十分にあります。

トレーニング方法はこちらを参考にどうぞ。








スポンサーリンク




子供の視力を回復するために有効な食べ物はこれ!

視力回復に効果的な栄養素と、その栄養素が含まれる食べ物を紹介します。


1.アントシアニン

食材:ブルーベリー・カシス
眼に良い食べ物といえば、すぐに頭浮かぶのが「ブルーベリー」ですよね。
ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、

・抗酸化作用
・目の角質やコラーゲンの合成を促進する働き

があります。

■効果

・眼病予防
・眼の老化を防ぐ
・暗闇でも目を見えやすくする

2.ビタミンA

食材:うなぎ、レバー 、ホタルイカ、筋子、卵 etc
「目の健康」に必要不可欠なビタミンA。

■効果

・目の皮膚や乾燥を防ぐ
・角膜や網膜の働きをサポート
・夜盲症に効果があり
・美肌効果
・がん予防
しかし、ビタミンAの過剰摂取は体に良くないとされています。

子供の場合、骨格異常が起こることがあるようです。
ビタミンAを含む食べ物だけを過剰に摂取するのはやめましょう

あくまでも他の栄養素を含む食材と一緒に、バランス良く摂取することが大切です。

3.ビタミンB1

食材:豚肉・たらこ
■効果

・神経の働きを活性化させる
・眼精疲労の回復
・目の周りの筋肉を和らげる

4.ビタミンC

食べ物:イチゴ・アセロラ・柿・ケール・ブロッコリー・カリフラワー etc
ビタミンCにも抗酸化作用があります。そして、眼の水晶体が酸化するのを防いでくれます。 (水晶体は、カメラでいうレンズの役割。水晶体が酸化してしまうことで、眼が見えづらくなってしまいます。) 

■効果

・水晶体の酸化予防
・美肌効果 etc

5.ルチン

食材:納豆・長芋
納豆はコスパも良いので、是非とりいれたい食材です。

■効果

・目の粘膜の保護
・ドライアイを防ぐ

まとめ

子供の視力低下は、親にとってもかなり深刻な問題です。

まずは、視力が低下しないようしっかり予防をしましょう。

低下のスピードの早い子供ですが、反対に回復のスピードも早いです。
諦めずに子供も楽しめるトレーニングを行いましょう。


スポンサーリンク

プロフィール

はじめまして。
ブログ管理人の芽衣です。

暮らしに役立つ情報を
随時更新していますので
是非ゆっくり見ていってください^^

スポンサーリンク




人気記事TOP5!

花粉症のレーザー治療 術後の経過記録。

恵方巻きは前日に作る?保存は冷蔵庫?冷凍できる?

  新着記事
記事検索はコチラ

カテゴリー
お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ^^

運営者情報

運営者情報はこちら

メタ情報