エンタメ

絶望ライン工の年収は本当に240万円?YouTube収益で金持ちという噂の真相とは!

絶望ライン工の年収は本当に240万円?YouTube収益で金持ちという噂の真相とは!

工場勤務の40歳独身男性の日常を自虐的に紹介するYouTubeチャンネル「絶望ライン工ch」。

その年収は240万円という低収入であり、彼女もいません。

しかし、実はYouTubeの収益や音楽活動でかなり稼いでおり、金持ちになっているという噂があります。

絶望ライン工の年収や収入について詳しく解説します。

絶望ライン工とは?

絶望ライン工とは、YouTubeチャンネル「絶望ライン工ch」の投稿者であり、製造業に勤める40歳独身男性です。

月収16万円という低収入であり、彼女もいません。その様子を自虐的に紹介することで人気を集めています。

チャンネル登録者数は2023年7月現在で約35万人に達しています¹。

絶望ライン工の動画は、主に以下のような内容で構成されています。

– 工場で働く様子
– 弁当や食事の紹介
– 一人暮らしの部屋や生活用品の紹介
– 婚活や恋愛に関する話題
– 作曲家としての活動や音楽に関する話題

動画はシュールでブラックなユーモアが満載であり、笑ってはいけないのについ笑ってしまうようなものが多くあります。

また、BGMや映像編集も高い技術が感じられます。

絶望ライン工の年収は240万円?

絶望ライン工は自身の動画やTwitterで、自分の年収を240万円と公表しています²³。その内訳は以下のようになっています。

– 工場勤務の給与所得:255万円(月収16万円×12ヶ月+賞与30万円)
– YouTubeの広告収入:不明
– 音楽活動の収入:不明

しかし、この年収は本当なのでしょうか?実はYouTubeの広告収入や音楽活動の収入がかなり高額である可能性があります。

絶望ライン工はYouTube収益で金持ち?

絶望ライン工はYouTubeチャンネル「絶望ライン工ch」を運営しており、その広告収入がかなり稼げているという噂があります。

では、実際にどれくらい稼げているのでしょうか?

YouTubeチャンネル「Tuber Town」では、登録者数や再生回数からYouTuberの推定年収を算出しています。

そのサイトによると、絶望ライン工の推定年収は約500万円〜600万円となっています。

これは工場勤務の給与所得の倍以上になります。

また、絶望ライン工は自身が作曲した楽曲をYouTubeや音楽配信サービスで公開しており、その収入も得ています。

具体的な金額は不明ですが、作曲家としての実力は高く評価されており、他のYouTuberとのコラボレーションも行っています。

そのため、音楽活動の収入もかなり高額である可能性があります。

絶望ライン工の年収に対する世間の声

  • 世間が思うほど神社は裕福ではないし、Youtubeで絶望ライン工というチャンネルを見ていたら年収240万で終了と言っていたが、先ほど書いたような年収120万の神職もいる。もっと大変な人もいるのかもしれない。 多くの神職はセーフティネットの外側にいる。

絶望ライン工の年収に関するSNS投稿

さらに有名人に。

絶望ライン工の年収は本当に240万円?YouTube収益で金持ちという噂の真相とは!【まとめ】

以上、絶望ライン工の年収や収入について詳しく解説しました。

絶望ライン工は自分の年収を240万円と公表していますが、実はYouTubeの広告収入や音楽活動の収入でかなり稼いでおり、金持ちになっているという噂があります。

その噂はかなり信憑性が高く、推定年収は500万円〜600万円という驚きの金額になっています

。絶望ライン工は自虐的なキャラクターを演じていますが、実は才能溢れるクリエイターであることがわかりました。

 

他の最新エンタメ記事一覧はこちら

ジャニーズタレントに関する記事一覧はこちら