レゴやデュプロの掃除はどうする?洗い方を写真入りでご紹介♪

   

子供のだーすきなレゴ(LEGO)♪


・・・なんですが、
LEGOって凹凸の間にホコリや汚れが入ったら、
取りづらいという難点が・・・。


そこで今回は、私の行っている、

レゴやデュプロの掃除方法

をご紹介します。

スポンサーリンク

  

レゴやデュプロの掃除はどうする?


レゴってずーっと使ってると、
子供の手の汚れや油分で、
凹凸の間が汚れていたり、
ホコリが詰まってるということも・・・。


子供の扱うものなので、
清潔にしておきたいですよね。



ブロックが少量の場合や、
そこまで汚れていない場合は、

  • 歯ブラシで擦り、水洗いして干す
  • 掃除機でホコリを吸う


という方法で掃除すると、
綺麗になります^^


1.歯ブラシを使う


【準備するもの】

・歯ブラシ

・洗面器

・新聞紙

【手順】

① 洗面器に水をはり、レゴを入れる

② 歯ブラシで汚れている部分をこする

③ お湯で良く洗い流す

④ 新聞紙の上で、陰干しして乾かす


POINT


汚れがひどい場合は、キッチン洗剤を使うと、
綺麗にとれますよ^^


2.掃除機でホコリを吸う


【準備するもの】

・掃除機
(先端の細いノズルやホコリ用のものがあればそれを使う)

・あれば除菌スプレー


【手順】

① 掃除器で汚れているブロックのホコリを吸う


基本的にはこれだけですが、
清潔に除菌をしたい場合は、
除菌スプレーを振り、新聞紙の上で陰干しすればOKです。




スポンサーリンク




レゴやデュプロの洗い方を紹介♪


上記の方法だと、
ブロックの量が増えてきてからは、


・1つ1つ洗うには形が複雑

・沢山あって1個づつ洗うのは面倒



なんですよね(^^;




そ こ で 


私はいつも、大量の時は、
洗濯機で洗っちゃいます( ̄▽ ̄)


それでは早速洗い方を紹介しますね♪

レゴの洗い方


【準備するもの】

オキシクリーン(酸素系漂白剤)   

・バケツ       
 
・泡だて器

・大き目の洗濯ネット 網目の細かい物

・バスタオル      

・輪ゴム        


上記は全てレゴの量を見て、必要量を準備してください。


1.パーツをばらして、グループ分けをする


まずは、汚れが綺麗にとれるように、
全てのパーツをバラバラにしましょう。







洗濯機にかけるので、
ができたり、部品によっては折れてしまう可能性があります。


そこで、以下の4つのグループに分けしましょう。


① 通常のブロック

② 人型の物・クリアパーツ

③ 柱など折れやすい部品

④ 車のタイヤなどの金属のついている部品





まず、②と③は、洗濯機で洗うと、
ペイントが剥がれたり、部品が折れてしまう可能性があるんですね。

そこで、②と③は一緒のネットに入れ、
洗濯機を回す前の付け置き洗いだけ行います。



④に関しては、錆びる可能性があったり、
グリスが落ちて、動きが鈍くなるので、
雑巾等で拭き、グリス部分には触らないようにしてください。



汚れとか傷は気にしないよ~という方は、
普通のブロックと一緒に洗ってOKです。

(私は金属パーツ以外、全部一緒に洗ってます。笑)


グループ毎に、ネットにいれておきましょう。



2.漂白剤をバケツに入れ、お湯でとかす


45度~50度のお湯を入れ、
酸素系漂白剤をバケツに入れ、
泡だて器で混ぜて粉を溶かします。






私はオキシクリーンを使っていて、
15ℓのバケツに、付属のスプーンで半分ほどの量をいれています。

酸素系漂白剤を使う方は、
各洗剤の説明に書かれている量よりも、少し濃いめに作ると良いですよ。

3.ブロックを付け置きする


ネットに入れたブロックを入れて、
30分~1時間付け置きします。



4.軽く洗い流す


シャワーでザッと洗い流します。




先程の②と③のパーツは、
更に洗濯用洗剤を少しつけて、綺麗に洗い流し、
新聞紙の上に陰干しして完了です。




スポンサーリンク




5.バスタオルの上にレゴを広げる。


残った普通のパーツたちを、
広げたバスタオルの上に出します。




POINT


洗濯機に傷がつかないようにするために、
バスタオルでカバーします。


6.キャンディー型に固定する


①まず、バスタオルを半分におります。




②上から2回おります。





③サイドを絞って、2重にした輪ゴムて固定します。






④反対側も同じように止め、このようにキャンディー型になればOKです。




POINT

1.ここまでしていてもレゴがタオルから漏れ出すこともあります。
  絶対に漏れ出したくない場合は、
  上記の上から更にタオルを巻いて固定してください。

2.しっかり汚れがとれるように、
  少し余裕を持たせてバスタオルを巻きましょう。


7.ネットにいれる


タオルでカバーしたレゴをネットにいれます。



8.洗濯機で回す


通常通り、洗濯機で回します。
(柔軟剤は不要)

手洗いコースがあれば、手洗いコースでOKです。




9.陰干しする


日陰に新聞紙を敷き、レゴを広げて陰干しすれば、完了です♪





レゴを洗浄したことによって、
油分がなくなり、そのまま使うと、


・差しづらい

・外れにくい


ということがあるんですよね。

3歳くらいのお子さんだと、
結構固いと感じてしまうかもしれません(^^;


その場合、接合部に少量の「シリコンスプレー」を吹きかけると、
扱いやすくなります^^

試してみてくださいね。





まとめ


最近主人の実家で、主人が子供の頃に使っていた、
30年以上前のレゴを発見したのですが、
これが相当汚くて・・・


洗濯したら、ピカピカになりました♪


是非やってみてくださいね^^

スポンサーリンク