エンタメ

清春の娘は音楽の才能が凄い!バンドや大学、父親への溺愛エピソードについて徹底解説

清春の娘は音楽の才能が凄い!バンドや大学、父親への溺愛エピソードについて徹底解説

ロックバンド「黒夢」や「SADS」のボーカリストとして知られる清春さんは、プライベートでは2人の娘の父親です。

長女の森憂希さんと次女の森紫音さんは、父親譲りの音楽の才能を持っています

この記事では、清春さんの娘たちのバンドや大学、父親への溺愛エピソードなどについてまとめてみました。

清春の娘は2人とも音楽大学に通っている

清春さんは1998年に結婚し、同年に長女の森憂希さんを、2001年に次女の森紫音さんを出産しました。

清春さんは娘たちをとても可愛がっており、インタビューやバラエティ番組などで度々話題にしています。

清春さんの娘たちは、父親と同じく音楽が大好きで、2人とも音楽大学に通っています。

長女の森憂希さんは洗足学園音楽大学の音楽・音響デザインコースに在籍し³、次女の森紫音さんは東京音楽大学の声楽科に在籍しています。

清春さんは娘たちが音楽を志したことについて、「自分がやってきたことを否定するわけにはいかない」と語っており、「自分ができることは応援するだけ」とサポートしています。

清春の長女・憂希はガールズバンドで活動中

清春さんの長女・森憂希さんは、高校時代からガールズバンド「BLACK SPRING ↓ Lola Momentary Regret」(通称:BSLMR)で活動しています 。

ボーカルとギターを担当し、作詞作曲も手掛けています 。

BSLMRは2015年に結成された4人組バンドで、メンバーは憂希さん以外にも全員洗足学園音楽大学に通っています。

ロックを基調としたサウンドとキャッチーなメロディーが特徴で、インディーズながらも多くのファンを獲得しています 。

BSLMRは2019年に初めて全国流通盤となるミニアルバム「Lola Momentary Regret」をリリースしました。

また、2020年には初めてワンマンライブを開催しました。清春さんも娘のライブにこっそり足を運んで応援しているそうです。

清春の次女・紫音は声楽家を目指している

清春さんの次女・森紫音さんは、東京音楽大学の声楽科に在籍しています。

声楽家を目指しており、オペラやミュージカルなどに興味があるそうです⁴。

紫音さんは、父親の清春さんとは違って、あまり目立つタイプではないようです。

インスタグラムやツイッターなどのSNSも持っていないようで、画像や動画もほとんど見つかりませんでした。

ただし、清春さんが娘たちと一緒に撮った写真を自身のインスタグラムにアップしていることがあります。

その中で紫音さんの姿を見ることができます。清春さんは娘たちと仲良く過ごしている様子が伝わってきますね。

清春の娘への溺愛エピソードが話題に

清春さんは娘たちを溺愛しており、そのエピソードが度々話題になっています。

以下にいくつか紹介します。

– 娘が3歳くらいの時に愛車に落書きをされても全く怒らなかった。
– 娘が彼氏連れてきた時ミュージシャンだったら全力で潰すと発言した。
– 娘のスイミングスクールをマメに見に行ったり、学校の送り迎えもよくしていた。
– 娘が小学校の卒業式で歌った「卒業写真」を聴いて感動して涙した。
– 娘が高校生になった時に「お父さんはもう必要ないんだろう」と寂しがった。

 

清春の娘に対する世間の声

  • 清春さんが 娘に嫌われたくないから、 怒らないって テレビで言ってましたねぇ…
  • リハ終わりに清春に「この受付の、君の大ファンなんだよ」と言ったら、わざわざパンフレットにサインして渡してくれたなあ。

清春の娘に関するSNS投稿

お父さんの顔です。

清春の娘は音楽の才能が凄い!バンドや大学、父親への溺愛エピソードについて徹底解説【まとめ】

ここまで清春さんの娘についてまとめてみました。以下がポイントです。

– 娘は2人とも音楽大学に通っている。
– 長女・憂希はガールズバンドで活動中で、作詞作曲も手掛ける。
– 次女・紫音は声楽家を目指しており、オペラやミュージカルに興味がある。
– 清春は娘たちを溺愛しており、そのエピソードが話題になっている。

清春さんはロックミュージシャンとしてだけでなく、良き父親としても尊敬されています。

娘たちも父親の背中を見て成長していますね。今後もその活躍から目が離せません。

 

他の最新エンタメ記事一覧はこちら

ジャニーズタレントに関する記事一覧はこちら