エンタメ

伊藤博文の死因は暗殺だった!韓国の民族運動家による衝撃の事件の真相とは

伊藤博文の死因は暗殺だった!韓国の民族運動家による衝撃の事件の真相とは

伊藤博文さんは、日本の近代化に大きく貢献した政治家で、初代を含めて4度も内閣総理大臣を務めました。

彼は、明治憲法の起草や日清戦争・日露戦争の講和条約の締結など、日本の国際的地位を高めるために尽力しました。

しかし、彼は1909年に韓国の民族運動家によって暗殺されてしまいました。なぜ彼は暗殺されたのでしょうか?

この記事では、伊藤博文さんの死因について、当時の歴史的背景や暗殺事件の経緯、彼の死がもたらした影響などを解説します。

伊藤博文と韓国の関係

伊藤博文さんは、日本と韓国(当時は大韓帝国)との関係に深く関わっていました。

彼は、日清戦争と日露戦争の講和条約で、日本が韓国に対する保護権を獲得することに成功しました。

また、1905年に初代韓国統監に就任し、韓国の行政権を握りました。

伊藤博文さんは、当初は韓国併合に反対していました。

彼は、韓国を保護下に置くのは韓国の国力がつくまでの間だと考えていました。

彼は、韓国が自らの力でロシアや中国などの列強に対抗できるようになることを望んでいました。

しかし、次第に彼も韓国併合に傾いていきました。

その理由は、韓国内で起こった反日運動や高宗皇帝(当時)のハーグ密使事件などが影響しています。

伊藤博文さんは、これらの出来事を受けて、韓国が自立することは不可能だと判断しました。

彼は、1909年6月に統監を辞任しました。

その後も彼は、政府内で韓国併合を推進する立場を取りました。

伊藤博文が暗殺された事件

伊藤博文さんが暗殺された事件は、1909年10月26日に起こりました。

彼は、中国東北部のハルビン市で開催されたロシアと中国との会議に出席するために渡航していました。

その際にハルビン駅で降り立った伊藤博文さんは、大韓帝国(当時)の民族運動家・安重根(アン・ジュングン)さんに狙撃されて死亡しました。

安重根さんは、朝鮮人民党(当時)という独立運動団体のメンバーでした。

彼は、日本が行っている韓国の保護政策や併合政策に反対していました。

彼は、伊藤博文さんを韓国の悪者とみなし、彼を暗殺することで韓国の独立を促すと考えていました。

安重根さんは、伊藤博文さんがハルビンに来ることを事前に知っていました。

彼は、日本人に変装してハルビン駅に潜入しました。

そして、伊藤博文さんが降り立った瞬間に、ピストルで彼の腹部を撃ちました。

その後、安重根さんは現場で逮捕されました。

伊藤博文さんは、自分を撃ったのが朝鮮人だと知って驚きました。

彼は、死ぬ間際に「俺を撃ったりして、馬鹿な奴だ」と呟きました。

彼は、自分が韓国のために尽くしてきたつもりだったので、安重根さんの行動に理解できなかったのでしょう。

伊藤博文の死がもたらした影響

伊藤博文さんの死は、日本と韓国の関係に大きな影響を与えました。主な影響は以下の通りです。

  • 韓国併合が加速した
  • 日本政界の均衡が崩れた
  • 安重根が韓国の英雄になった

まず、韓国併合が加速したという点です。

伊藤博文さんは、当初は韓国併合に反対していましたが、後に賛成するようになりました。

しかし、彼はまだ韓国併合を急ぐことはないと考えていました。

彼は、韓国併合をする前に、日本と韓国の関係を改善することや、国際社会の理解を得ることが必要だと考えていました。

しかし、彼が暗殺されたことで、そのような配慮は無視されるようになりました。

日本政府は、伊藤博文さんの死を口実にして、韓国併合を強行しました。

1910年8月22日に日韓併合条約が調印され、同月29日に発効しました。

これにより、大韓帝国は消滅し、朝鮮半島は日本の領土となりました。

次に、日本政界の均衡が崩れたという点です。

伊藤博文さんは、日本政界で最も影響力のある人物でした。

彼は、元老や枢密院議長として政府内で重要な役割を果たしていました。

彼は、国際協調派であり、外交や憲法制定などに詳しかったです。

しかし、彼が暗殺されたことで、日本政界の均衡が崩れました。彼のライバルだった山縣有朋(やまがたありとも)さんや陸軍軍閥が台頭しました。

彼らは、軍拡や拡張主義を推進する派閥でした。彼らは、伊藤博文さんが抑えていた日本の対外政策に変化をもたらしました。

彼らは、日本の国益を守るために、中国やロシアなどの列強と対立することを恐れませんでした。

彼らは、日本のアジア進出を加速させ、第一次世界大戦や満州事変などの戦争に突入していきました。

最後に、安重根が韓国の英雄になったという点です。

安重根さんは、伊藤博文さんを暗殺したことで、日本では犯罪者として扱われました。

彼は、1910年3月26日に絞首刑に処されました。

しかし、韓国では、彼は抗日闘争の英雄として讃えられました。

彼は、日本の植民地支配に対して勇敢に立ち向かった人物として、多くの人々の心を打ちました。

彼は、1970年にソウルに安重根義士記念館が設立されたり、2009年にハルビンで記念式典が開催されたりするなど、今もなお韓国の国民的英雄として敬われています。

彼は、韓国の独立運動や民族主義のシンボルとなっています。

伊藤博文の死因に対する世間の声

  • 伊藤博文死因が朝鮮人に射殺されたっても初めて知ったし 朝鮮合併がそれで加速したっても初めて知った〜 むしろ日本側で朝鮮半島がなんとか欲しい勢力が伊藤博文が邪魔でそう策略したのかも? 日清戦争も日露戦争も朝鮮半島がらみねんな 知らなかったってより知ろうとしなかっただけでもある〜

伊藤博文の死因に関するSNS投稿

色んな説がある様です。

伊藤博文の死因は暗殺だった!韓国の民族運動家による衝撃の事件の真相とは

伊藤博文さんの死因は暗殺でした。

彼は、韓国の民族運動家・安重根さんによってハルビン駅で撃たれて亡くなりました。

彼は、日本と韓国の関係に深く関わっており、韓国併合を推進する立場にありました。

彼の死は、日本と韓国の関係に大きな影響を与えました

。韓国併合が加速し、日本政界の均衡が崩れ、安重根が韓国の英雄になりました。

他の最新エンタメ記事一覧はこちら

ジャニーズタレントに関する記事一覧はこちら