母の日

母の日 義母が喜ぶメッセージ例文を紹介!初めて書くならこれ♪

目安時間 11分


結婚してからの母の日は、
ご主人のお母様にもプレゼントを送る方が多いと思いますが、
困ってしまうのが「メッセージ」ですよね。

メッセージを添えた方が感謝の気持ちが伝わるし、添えようと思うけど、なんて書こう・・・

と悩んでいませんか?

スポンサーリンク




そこで今回は、
義母の喜ぶメッセージの例文を
ポイントを抑えながら、
パターン毎に紹介していきますね^^

母の日 義母が喜ぶメッセージの例文はこれ!


文章を書き始める前に、
喜ばれるメッセージを書く為の
5つのポイントを抑えておきましょう!

1.必ず手書きで!


「字が汚いから、パソコンで・・・」

という方、STOPです!


パソコンで印刷された文字は、確かに綺麗です。

しかし、よそよそしく見えますし、
手書きの文字のように、
肝心の“気持ち”が全く伝わりません。

それこそ、自分で考えた文章ではなく、
テンプレートをそのまま利用したんだ、
と思われてしまいます。


字が汚くても良いんです。
それが個性ですし、味があるんです。
丁寧に書けば、必ず気持ちは伝わります。

メッセージカードは必ず手書きで書きましょう。

2.文中の呼び名に注意する


ご主人のことを、普段は呼び捨てやあだ名で
読んでいると思いますが、
メッセージには、

「〇〇さん」

というように、
さん付けで書きましょう。

この方が、息子を立ててくれているという風に、
グンと印象が良くなります。


同時に義母に対する書き方も、

  • お義母さん
よりも

  • お母さん

の方が断然受けが良いです!

お義母さんだと、

他人行儀な気がして嫌だ。
・家族になったのにを感じる


という方が多いんです。


ご自身の抵抗がなければ、
お母さん」と書くのがオススメです。

3.名前は連名にする


男性はこういう行事や、手紙に、
無関心な方が多いですよね。

きっと、義母への母の日のプレゼントも
奥様が選ばれたのではないでしょうか?

うちもずーっとそうです。(笑)


しかし、選んで送ったのは自分であっても、
メッセージカードには、

ご主人の名前+奥様の名前 より

というように、
夫婦連名で書いた方が良いでしょう。


お母様だって、
きっと息子が選んでないということは、
分かっています。(笑)

しかし、そこに息子の名前を書いていると、
息子から貰ったという喜びと、
息子を立ててくれたんだなという
良い印象が残ります。

4.孫の名前(息子・娘)の名前を書く


義母や義父は、
孫が可愛くて仕方ありません!

うちの両親も、「実の子供より孫が可愛い!」と言っているほどです。(笑)


そこで、息子や娘がいらっしゃる方は、

「〇〇(子供の名前)が、
おばあちゃんにはこれが似合う!
と言うので、これにしました。」

「〇〇(子供の名前)が、
週末になる度に、おばあちゃん家行きたい!
 と言って、とても会いたがっています。」


など、子供の名前を入れると大変喜ばれます。
子供がいらっしゃる方は、是非加えて見てください^^

5.感謝&気遣う言葉を忘れずに!


文章の初めと締めは、
感謝の言葉や気遣う言葉にしましょう。

母の日は、母に対して、

「日頃の苦労を労り感謝の気持ちを伝える日」

なので、必ず忘れず入れてくださいね。
言葉の例は、例文にて紹介していきますね。


では早速例文を見ていきましょう。




スポンサーリンク




①普段からよく会う義母の場合


【例文①】

お母さんへ


いつもお心遣いいただき、本当にありがとうございます。

お母さんの優しさにいつも助けられており、
本当に感謝しております。

母の日ということで、
日頃の感謝の気持ちを込めて、
○○さんと(夫の名前)一緒に選んだプレゼントを贈ります。


まだまだ未熟な為、ご迷惑をおかけしてしまうことがあるかもしれませんが、
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。


(夫の名前)+(自分の名前) より

【例文②】

お母さんへ

いつも細やかなお心配りをありがとうございます。

先日は△△(子供)の面倒を見ていただいて、本当にありがとうございました。
家に帰ってきてからも、「またおばあちゃんちに行く!」と言って、ききませんでした。(笑)

お母さんのご都合の良い日に、また皆で遊びに行かせてください、

日頃の感謝の気持ちを込めて、
私達からささやかな贈り物です。

これからのも若々しい、元気なお母さんでいてくださいね


(夫の名前)+(自分の名前) より


普段から良く会っていて、

・子供の面倒を見てもらったりする

・最近○○をしてもらって助かった


ということがあれば、
それに対しての感謝を伝える文を、
文中に入れると良いですよ^^


【例】

・先日は○○をしていただき、本当にありがとうございました。

・いつも△△(子供の名前)を可愛がって下さってありがとうございます。


など。


普段からメールを良くしていたり、
仲が良い場合は、あまり固く考えず、
普段通りのフランクな文章で書きましょう^^

②遠方に住んでいる義母の場合


【例文①】

お母さんへ


お変わりありませんか?
私達は、家族皆病気にかかることもなく、元気に過ごしています。

これも、お母さんがいつも、
何かとお心遣いをしてくださるおかげです。
本当にありがとうございます。

日頃の感謝の気持ちを込めて、
○○さんと選んだプレゼントを贈ります。

お体には無理をせず、これからもお元気でいらして下さいね。

年末年始に帰省したいと考えておりますので、
お会いできるのを楽しみにしております。

今後とも、よろしくお願い致します。


(夫の名前)+(自分の名前) より


【例文②】

お母さんへ


いつも細やかなお心遣いをありがとうございます。
お母さんの優しさに、家族全員助けられています。

母の日ということで、感謝の気持ちを送ります。

○○さんから、お母さんの肉じゃがが美味しい!ということを聞きました。
今度帰省した際には、お母さんの肉じゃがレシピを是非教えてください!

まだまだ未熟なため、いろいろと教えていただくことが多いと思いますが、
今後とも宜しくお願いいたします。


(夫の名前)+(自分の名前) より


遠方に住んでいて、頻繁に会えない場合は、
義母の近況を伺う文」をいれましょう。

【例】

お変わりございませんか? など。

+α こちらの近況を追加すると、尚良いでしょう。


子供がいる場合は、

【例】

最近は△△がアンパンマンが大好きで、
家がアンパンマン屋敷になっています。(笑)


など、内容にこだわる必要はないので、ありのままの日常を伝えましょう^^

子供がいる場合


子供がいる場合は、


「○○さんと一緒に選んだプレゼント」の所を、
    ↓
△△(子供の名前)がおばあちゃんに似合いそう!と選んだ


「お母さんの優しさにいつも助けられており」
    ↓
お母さんの優しさのおかげで、△△(子供)も、すくすく成長しております。


というように、子供の名前を入れた文章をいれると、
とても喜ばれますよ^^



スポンサーリンク



母の日のメッセージ 義母に初めて書く場合の例文は?


結婚して初めての母の日。

まだお母さんとあまり話したこともないし、一体何を書けば…
と、一番悩む時期ですよね。


初めてメッセージを書く場合は、

・未熟ですがという文をいれる

・丁寧な言葉で書く


という2点がポイントです。


最初から、フランクな文章を書いてしまうと、
馴れ馴れしい!礼儀がなってない!と思われる可能性もあるので、
初めは、丁寧な文で、自分はまだ未熟であるという点を付け加えましょう。

【例文①】

お母さんへ

いつも温かいお心遣いをいただき、本当にありがとうございます。

まだまだ結婚生活が始まったばかりで、至らない点が多いのですが、
お母さんが居てくださるので、とても心強いです。


母の日ということで、日頃の感謝を込めて、
○○さん(夫)と一緒に、選んだプレゼントを贈ります。

くれぐれもお体にはご無理をなさらず、これからも素敵なお母さんでいてください。

まだまだ未熟ではありますが、
今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。


(夫の名前)+(自分の名前) より


【例文②】

お母さんへ

まだまだ未熟な私達のことを、いつも気にかけて下さり、
本当にありがとうございます。

お母さんの優しさにいつも励まされています。

日頃の感謝の気持ちを込めて、
細やかですが、○○さん(夫)と選んだプレゼントを贈ります。

どうぞお体には気を付けて、お過ごしください。


まだまだ至らない点だらけではありますが、
今後とも宜しくお願いいたします。


(夫の名前)+(自分の名前) より

まとめ


義母との仲の良さでメッセージの内容も変わりますが、
丁寧な言葉で気持ちを込めて書けばOKです!

感謝の気持ちだけで嬉しい物です^^

難しく考えすぎずに、素直な気持ちを伝えてみてくださいね☆

スポンサーリンク

   母の日 

この記事に関連する記事一覧

スポンサーリンク




人気記事TOP5!

ディズニーオンアイスに関する記事まとめ

赤ちゃんの夏バテの症状は?正しい対策を紹介

  新着記事
記事検索はコチラ

カテゴリー
お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ^^

運営者情報

運営者情報はこちら

メタ情報