桃の節句の食べ物には意味が込められていた!

   

3月3日といえば、ひな祭り。
別名「桃の節句」とも呼ばれています。

桃の節句の食べ物といえば、はまぐりやチラシ寿司などがあげられますが、
意味があるのをご存知でしょうか?

今回は、

・桃の節句の食べ物に込められた意味

についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

  

桃の節句の食べ物には意味が込められている!


桃の節句の代表的な食べ物と言えば、


  • ちらし寿司
  • はまぐりのお吸い物
  • 菱餅(ひしもち)
  • ひなあられ
  • 白酒



などがありますが、
これらの食べ物には全て意味が込められています。

意味を理解した上で準備してみてくださいね^^

ちらし寿司

ちらし寿司と言えば、お祝いの席では定番の料理となっていますね。

ちらし寿司の場合、ちらし寿司そのものに意味があるのではなく、
中に入っている具材に意味があります。

ちらし寿司の具材と言えば、

・エビ
・れんこん
・豆
・錦糸卵
・人参
・三つ葉


などが入っていますよね。

  • エビ:腰が曲がるまで長生きする
  • れんこん:見通しが良い
  • 豆:健康でまめに働ける、まめに生きる


などの縁起の良い意味があります。

残りの卵、人参、三つ葉に関しては、
華やかな彩を添えることで、春を呼んでくれる意味があります。

また、「寿司」という言葉は「寿を司る」という意味があるので、
縁起物としてお祝いの席での定番メニューとなりました。

はまぐりのお吸い物

はまぐりの貝殻は、
対になっている貝殻でないと、ピッタリ合いません。

このはまぐりの貝殻を、仲の良い夫婦として表し、

一生一人の人と連れ添えますように

という願いが込められているんです^^


ちなみに、はまぐりの代用品として、サザエが使用される場合もあります。
サザエは「願い事が叶う」と言われてい魔除けとっても縁起の良い食べ物なんですよ^^



スポンサーリンク



菱餅(ひしもち)

緑、白、ピンクの3色のお餅をひし形に切って重ねたものが「菱餅」ですが、
菱餅は、ひし形という形と、この3色の色に意味があります。

ひし形は「心臓」を意味しており、
娘の災難や厄除けを願う親心を表しています。


そして、3色の色には、


・緑:健康、長寿
・白:清浄
・ピンク:魔除け

を意味するという説と、

・緑:大地
・白:
・ピンク:桃の花

を意味し、3色合わせると、

雪が解け、大地に草が芽生えて、桃の花が咲く

という、春を迎えることを意味する説があります。


また、それぞれの菱餅は、

・緑餅:増血効果のある「よもぎ
・白餅:血圧を下げる「ひしの実
・ピンク餅:解毒作用のある「クチナシ

を使用して色付けされているんです。

娘の健康を願ったものなんですね^^

ひなあられ

ひな祭りの代表的なお菓子と言えば、ひなあられですよね。

現在では様々な種類や味のひなあられが販売されていますが、
元々は、餅に砂糖を絡めて炒った和菓子でした。

ひなあられの白、ピンク、緑、黄の4色は、四季を表しています。

ひなあられには、でんぷんが多く含まれており、健康に良いので、
1年中幸せに過ごせますように」という気持ちが込められています^^

また、現在のひなあられは、
関東と関西で味が全く違うんです!

✓関東:甘いポン菓子
✓関西:醤油や塩味


お住まいの地域のひなあられはどっちか、調べてみてくださいね^^

白酒

元々は白酒ではなく、桃の花びらを漬けて作られた「桃花酒(とうかしゅ)」が飲まれていました。

昔から桃は、
邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすもの
とされており、薬酒として中国から伝わってきました。

江戸時代からは桃花酒ではなく、
女性にも飲みやすい「白酒」が定着してきました。

とはいえ、白酒はアルコール10%ほどのお酒なので、子供は飲めません。
主役の娘ちゃんには、ノンアルコールの甘酒がおすすめですよ^^



まとめ

女の子の初節句である、桃の節句。
食べ物にも縁起の良い意味がたくさん込められているんです☆

今年からは、この意味を感じながら食べ物を食べてみてくださいね^^

スポンサーリンク