エンタメ

【大河ドラマ】『どうする家康』がつまらないと言われる5つの理由

【大河ドラマ】『どうする家康』がつまらないと言われる5つの理由

NHK大河ドラマ『どうする家康』は、松本潤演じる徳川家康の生涯を描く作品です。

しかし、放送開始から視聴率が低迷し、視聴者からの不評も多いです。

どうしてこのドラマはつまらないと言われているのでしょうか。

【大河ドラマ】『どうする家康』がつまらないと言われる5つの理由その理由を探ってみました。

『どうする家康』がつまらないと言われる理由①時代考証がおかしい

「どうする家康」は、戦国時代から江戸時代初期にかけての歴史を背景にしていますが、その時代考証がおかしいと指摘されています。

例えば、岡田准一演じる織田信長が着用している南蛮マントは、尾張時代の信長には早すぎるという声があります。

また、火縄銃が連射式になっていたり、馬上のシーンがCGで作られていたりと、現実味に欠ける描写も多いです。

時代劇としてのリアリティや緻密さが求められる大河ドラマには不向きな演出だと言えます。

『どうする家康』がつまらないと言われる理由②BL風味が強すぎる

https://twitter.com/sekigaharanifu/status/1664851902138314752?s=20

『どうする家康』では、信長と家康の関係がBL風味に見えると話題になっています。

信長が家康に対して威圧的で執拗な態度を取ったり、家康が信長に対して従順で恐縮したりするシーンが多くあります。

また、信長が家康を「白い子兎」と呼んだり、「食ってやろうか」と言ったりする台詞もBL的なニュアンスを感じさせます。

BL好きな人には楽しめるかもしれませんが、そうでない人には不快感や違和感を与える可能性もあります。

『どうする家康』がつまらないと言われる理由③松本潤の演技が微妙

主演を務める松本潤の演技も微妙だと言われています。

松本潤は元々アイドルグループ『嵐』のメンバーであり、どの役を演じても「松本潤」であるという印象が強いです。

また、家康の役柄に合わないタメ口や軽さも指摘されています。

家康は歴史上ではカリスマ性や能力が高く、乱世を生き抜いた人物ですが、松本潤の演じる家康は頼りなくて無能に見えるという声もあります。

『どうする家康』がつまらないと言われる理由④コメディタッチがひどい

https://twitter.com/shizuoka_ieyasu/status/1667317252562255873?s=20

『どうする家康』は、コメディタッチな演出や台詞が多くあります。

脚本は吉沢良太さんであり、コメディを得意としていることが影響していると思われます。

しかし、コメディタッチな演出や台詞は、大河ドラマとしての重厚さや緊張感を損なっていると感じる人も多いです。

特に、寺島しのぶさんの講談風のナレーションは、雰囲気をぶち壊しているという声があります。

コメディはある程度の緊張感があってこそ面白くなるのであって、全編軽い『どうする家康』ではコメディの効果も薄れてしまうのです。

『どうする家康』がつまらないと言われる理由⑤CGが安っぽい

『どうする家康』は、CGを多用していますが、そのCGが安っぽく見えるという声もあります。

CGはコンピューターグラフィックスの略で、映像のすべてをデジタルで作る技術です。

しかし、『どうする家康』のCGはゲームのような低いクオリティであり、実写映像との違和感が強いです。

CGは最先端の技術を取り入れているということもあり、視聴者がついていけていないのかもしれませんが、それにしても安っぽさは否めません。

『どうする家康』がつまらないに対する世間の声

  • どうする家康ギブアップ! 戦国時代好きだったから期待してたが… 史実がかなり違うのはいいがそれ抜きにしてもつまらないし合わないネタが笑えない… 龍馬伝や真田丸、軍師官兵衛みたいな大河が見たいです…
  • どうする家康が歴代大河ワーストクラスにつまらない理由が脚本家にある事を裏付ける記事

『どうする家康』がつまらないに関するSNS投稿

【大河ドラマ】『どうする家康』がつまらないと言われる5つの理由【まとめ】

以上が、『どうする家康』がつまらないと言われる5つの理由です。

脚本や演出、演技などに問題が多く、視聴者の期待を裏切っています。

大河ドラマとしての重厚さや緊張感が欠けており、コメディやBL要素が過剰に感じられます。

また、時代考証やCGのクオリティも低く、リアリティに欠けます。

これらの理由から、このドラマはつまらないと言われているのです。

 

他の最新エンタメ記事一覧はこちら

ジャニーズタレントに関する記事一覧はこちら