未分類

自由研究 低学年のテーマは?書き方やまとめ方も紹介

目安時間 8分
夏休み、さけて通れないのが宿題と自由研究。
親もかなり悩まされます。笑

その中でも自由研究はテーマ設定から自分でしなきゃいけないので、かなり悩みどころです。
なるべく子供が楽しく出来るものが良いですよね。

そこで今回は低学年向けの自由研究について、オススメのテーマや書き方など、わかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

  

自由研究 低学年のテーマは?

低学年向けの自由研究で人気のあるテーマを、いくつかご紹介します。

1.工作

やはり、低学年のうちは工作が人気です。

理由としては、自由研究だと観察や調査など、時間も手間もかかるので、低学年のうちは特に子供が飽きてしまうこともあります。^^;
後は、観察していた虫が死んでしまったり・・・。

その為、手軽にできる工作が一番人気があります。

工作だと、段ボールを使って恐竜を作ったり、牛乳パックで貯金箱を作るのはどうでしょう?
低学年のうちは、子供が楽しみながら簡単に作れるようなものがおすすめです。

人気のある工作の作り方はこちらから

2.科学実験

科学実験と言っても決して難しいものではなく、低学年向けの難易度の低いものなので、誰でも簡単に行うことが出来ます☆

オススメの科学実験のやり方を紹介しますね。

夏にオススメ!3分間シャーベット

材料

・レジ袋
・氷
・塩
・好きなジュース
・手袋

1.レジ袋(二枚重ね)に氷(製氷皿1個分)をいれて、叩いて細かくします。
2.1とは別の袋にコップ半分程度のジュースを入れて、口をしばります。
3.新しい袋に1の氷をいれて、カップ1杯の塩を入れ、2も袋ごといれ口をしばります。
4.手袋をはめて、3の袋を3分間強く揉みます。
※ジュースの入っている袋を押しつぶさないように注意してください。
5.中のジュースが固まったら取り出します。
まとめ方のポイント

塩の割合を変えるとどうなるのか?
氷の砕き具合を変えたらどうか?
ジュース以外の物(牛乳や生クリーム、お茶等)だとどうなるのか?
など、工夫してみる。


3.観察

観察と言うと長期間かけて行うものをイメージしがちですが、短期間でささっと行えるものもあります☆

ここでは、野菜を使った観察の自由研究の方法をご紹介します。

パリパリきゅうりとしなしなきゅうり

材料
・きゅうり
・水
・塩
・その他野菜 何種類か

塩の使い方でパリパリにもしなしなにもなるきゅうり。
ほかの野菜だとどうなのか調べる。

流れ

1.きゅうりをきざんで二つに分ける。
2.ひとつは塩水につけて、ひとつは塩をふる。
3.塩水につけた方はパリパリに、塩を降った方はしなしなになる。
4.他の野菜でもやってみる。
まとめ方のポイント

実験の様子、野菜の様子を絵に書いてまとめる。


今回は低学年向けの簡単なものを紹介しましたが、
こちらのサイトでは、
高学年向けの難易度が高いものもたくさん紹介されていますので、是非参考にされてください。

自由研究アイデアの参考サイトはこちら
引用元:学研キッズネット


スポンサーリンク



自由研究 低学年の書き方は?

低学年のうちは難しく考えずに、思ったことをそのままストレートにかけば問題ありません。

1.研究をした理由、きっかけ

なぜこの研究をしたのかということ。

低学年のうちは難しく考えず、率直な感想で良いです。
例えばカブトムシの歩き方の観察であれば、カブトムシが好きで、どんな風に歩くのか気になったから。などで問題ありません。

2.方法

どんな風に研究したのか、何を使ったのかなど。

3.結果

どんな結果がでたのか。

4.研究してみて気づいたこと、わかったこと。

例えると、研究する前はこう思ってたけど、実際はこうだった!など。


以上のことを書いていたら問題ありません。
子供が思ったことをそのまま書きましょう。


書き方のポイント

  • 文字の大きさや色を変える。
  • 写真をはる。
  • 絵を書く。

文章だけだと、とても殺風景になるので、「タイトルを大きく書く」「大事なところは赤で書く」
「写真をはる
」など、工夫してみましょう。




スポンサーリンク



自由研究 低学年のまとめ方

ここまでくれば自由研究もあと少しです。

まとめ方も難しく考える必要はありません。
子供の得意なことや、好きな方法を選びましょう。

まとめる方法は?

一般的な方法としては

レポート
日記(絵日記)
模造紙
スケッチブック
です。

写真が多い場合や、押し花などはアルバムにまとめても良いでしょう。

それぞれの特徴としては

■レポート
資料風で見やすい。
文書力が必要。高学年向き

■日記・絵日記
毎日観察した記録をつける場合に向いている。
絵日記だとわかりやすく見やすい。

■模造紙
1枚の紙に全ての情報が載っていて、一目でわかる。
情報量が少ない時向き。

■スケッチブック
絵や、図をたくさん書く時向き。
大きいので書きやすい。



特徴を踏まえると、レポートは低学年のうちは避けた方が良いでしょう。

観察実験の場合→絵日記 実験はしたけど、書く事が少ない場合→模造紙
文字よりも図をたくさん書く場合→スケッチブック
が良いでしょう。

模造紙の場合は失敗がきかないので、下書きしてから書くことをオススメします。

まとめ


自由研究というのは、文字通り自由な研究です。
これはダメ!というのはありません。

難しく考えずに、子供の好きなものや、得意なことで楽しく取り組みましょう。

親子のコミュニケーションにもなるので、楽しい夏の思い出を作りましょうね。


高学年編はこちらを参考にどうぞ。
夏休みの自由研究、高学年編!テーマや書き方、まとめ方の解説。





スポンサーリンク

   未分類 

プロフィール

はじめまして。
ブログ管理人の芽衣です。

暮らしに役立つ情報を
随時更新していますので
是非ゆっくり見ていってください^^

スポンサーリンク




人気記事TOP5!

花粉症のレーザー治療 術後の経過記録。

恵方巻きは前日に作る?保存は冷蔵庫?冷凍できる?

  新着記事
記事検索はコチラ

カテゴリー
お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ^^

運営者情報

運営者情報はこちら

メタ情報