夜桜をスマホで撮影するコツ!綺麗に撮れるアプリもご紹介♪

      2017/03/02

美しい夜桜。
せっかくなら、観たままの美しさを
カメラに収めておきたいですよね。

しかし、高機能や一眼レフのカメラは持ってない…
という方も多いのではないでしょうか?

そこで!誰もがお持ちのスマホのカメラで、

✓高機能カメラ顔負けな写真を撮るコツ
✓綺麗に撮れるアプリ

をご紹介いたします!

スポンサーリンク

  

夜桜をスマホで撮影するコツ!

夜にスマホのカメラで撮影すると、

「白く映った」
「緑がかってしまった」


など、中々綺麗に撮れなかったということがありますよね。

スマホのカメラ自体が悪いと思われる方が多いのですが、
本当の原因は、設定をミスしている可能性が高いです。

そこで、設定を含め、綺麗に撮るため方法を解説していきますね^^

1.フラッシュはオフに!

「夜なのにフラッシュつけないの?!」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

フラッシュというのは、
光の当たる1点部分(手前側)は白く映り、
それ以外は真っ暗
に映ってしまいます。

その為、1部分だけ、色が飛んで白く映ってしまうので、
フラッシュはオフ 又は、オートに設定しておきましょう。


2.HDR 又は、夜景モードに設定する

カメラの設定をHDRか、夜景モードに設定します。

HDRとは?
HDRとは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ合成)」のこと。

1回のシャッターで、「明るい、普通、暗い」の3パターンの写真を連写し、
その3パターンを自動的に合成し、より肉眼に近い写真になります。


HDRは、

・風景
・暗い場所
・逆光
・直射日光下


での撮影時に効果を発揮します。

逆に、

  • 動きのある写真
  • 色鮮やかな被写体
  • コントラストを強調したい

という時は不向きなので、覚えておきましょう。


最近のiPhoneやスマホには標準のカメラに備わっている機能なので、
是非利用してくださいね^^

HDR機能のない、携帯の場合は夜景モードに設定しましょう。

3.ホワイトバランスを調整する

ホワイトバランスの設定によっては、街灯が影響して、
桜が緑がかって写る場合があります。

一度上記の2つの設定をしてから撮影してみて、桜の色がおかしければ、
ホワイトバランスを調整してみましょう。



スポンサーリンク



夜桜を撮影するならこのアプリを使おう!

最近のスマホのカメラは高機能なものが多いので、
デフォルトのカメラアプリでも十分なのですが、
もっとクオリティーの高い物を求める方は、アプリを活用しましょう!

今からご紹介するアプリは、もちろん全部無料なので安心してくださいね☆

1.夜撮カメラ

夜景の撮影に特化したアプリで、操作もモード選択のみで簡単!
コンポジットモードには、自動ブレ補正機能もついているので、手持ちのまま綺麗な写真が撮れちゃいます♪

2.Night Camera

こちらも夜景に特化したアプリですが、上記と違うのは、
動く被写体」にも対応しているということ!

桜だけでなく、人物や会場の雰囲気まで綺麗に写すことができます。
高解像なので、画質も綺麗ですよ♪

3.Sai-Jiki -彩時記-

専用の桜フィルタが搭載されているアプリです!
自然な美しい色合いの桜が撮影できるように、自動補正してくれます^^

桜以外にも、紅葉や雪などの季節に合わせたフィルターや、SNSに簡単にシェアできる機能もあります。

また、サイト上で全国1000ヵ所以上のお花見スポットの、
現在の開花状況も更新してくれているので、お花見予定の方は是非利用してください^^

まとめ

昼間のお花見も良いですが、
ライトアップされた夜桜はとても幻想的な美しさで見とれてしまいますよね。

その風景を目に焼き付け、写真にも収めることができるよう、祈っております^^

スポンサーリンク