インフルエンザ

マスクで耳が痛い時の対策は?痛くないグッズはコレ!

目安時間 9分

ウイルス感染を防ぐための必須アイテムである「マスク」

しかし、長時間つけていると耳の後ろが痛くなった…という経験はありませんか?
1度痛くなると、他の物に交換しても痛いままで困りますよね…。

そこで今回は、

  • マスクで耳が痛くならない為の対策
  • 痛くならないグッズ

をご紹介致します。
スポンサーリンク


マスクで耳が痛い時の対策は?

マスクをつけた時の耳の痛みって本当に不快ですよね。
体調が悪くなるのを予防する為につけているのに、逆に不調になってしまっては元も子もありません。

それでは早速、マスク装着時に耳が痛くならない為の方法をご紹介致します!

1.耳に触れる部分をカバーする

ゴム紐の耳の裏に当たる部分に、
・ガーゼ
・コットン
・ティッシュ
・医療用テープ(サージカルテープ)
などをつけて、ゴムが直接当たらないように細工しましょう。

ゴム紐を細工する方法

■準備する物

・マスク
・コットン(ガーゼやティッシュ可)
・医療用テープ
・はさみ

1.ガーゼやコットンを適当な大きさに切る。


2.耳の裏に当たる部分の紐に巻き付ける。


3.巻き付けたら、取れないように医療用テープで止める。


完成!

簡単にできるので、是非やってみてくださいね。

2.絆創膏をはる

“マスクを交換する度にカバーをするのは面倒…”

という方は、耳の裏の紐が触れる部分に「絆創膏」を貼って、耳の裏を保護しましょう。

耳の裏に直接ゴムが当たらないので、痛みから保護してくれる役割があります。

なるべくガーゼ部分が広い絆創膏を使用した方が、クッション部分が広くなるので、痛くなりにくいですよ^^
私はこの大きいサイズを半分に切って使ってます。↓

3.紐を伸ばす

  • 紐がキツイ
  • 紐が短い

など、ゴムの伸縮性によって痛みが出る場合もあります。
この場合、思い切ってゴムを伸ばしてみましょう。

思いっきり引っ張って伸ばすと、伸縮性が弱まるので痛みを軽減することができます。
力加減を調整して行えば、完全にゴムが伸びてつけれなくなるわけではないので、安心してください。

やり方はこちらの動画を参考にどうぞ。↓

4.女性向け:髪の毛やヘアピンで固定

そもそも耳にかけなければ痛くない!という発想から、
髪の毛が長くツインテールをする方は、ゴム紐を耳ではなく髪の毛に引っ掛けるという荒技も!

ヘアピンで自分の好きな場所にゴムを固定する方法もあります。

女性で髪の毛が長い方は、試してみると良いでしょう。



マスクをつけても耳が痛くないグッズはコレ!

1.ゴムの部分が「幅広」のマスク

耳の裏が痛くなる原因として、ゴム紐の部分が“丸くて細い物”が、比較的よく痛くなる傾向があるようです。
その為、マスクを選ぶ際に

  • ゴム紐の部分が太い物
  • ゴムではなく不織布でできている物

を選ぶようにしましょう。

超快適マスクは、“耳が痛くない”とパッケージに記載されているように、
耳かけ部分が幅広で、不織布でできている為、一日中装着していても痛くなりません。
私もインフルエンザの時5日間ずーっとつけていましたが、痛さが気にならず、重宝しました!(女性用サイズもあり)

2.紐なしマスク

そもそも紐がなければ痛くない!
ということで、実は紐なしのマスクもあります。

  • 紐が気になる…
  • 痛いのは絶対嫌!

という方は、値段もリーズナブルなので、1度試してみてはいかがでしょうか?

3.マスクの紐ガード

先程ガーゼやコットンを使って、マスクの紐から耳の裏を保護する方法をご紹介しましたが、
実は、ガードする為のグッズも販売されています!

自分で補強する為には、1回1回ガーゼを切ってテープでとめて…という手間がかかりますが、
グッズならさっと取りつけることができて、繰り返し使えるので簡単!

1個持って置くととても便利ですよ。

4.マスクを首の後ろに固定

耳にかけると痛いので、グッズを使って、耳ではなく首の後ろに固定するという方法があります。

「今度は首の後ろが圧迫されて痛くなるんぢゃ…」

と心配される方がいらっしゃるかもしれませんが、柔らかい素材でできており、長さ調整可能な穴が3ヵ所ついているので、心配ありません☆

5.ダイソーのバレッタが優秀!

実は100円ショップに売っている、

「くるっと巻いてとめるだけ」

というバレッタの端のフックに、マスクの紐を引っ掛けて、後頭部で固定するという方法があります!


バレッタ自体が柔らかいので、頭が痛くなる心配もありません。
何より100円というコストパフォーマンスも嬉しいですよね^^

種類も色々あるので是非1度100円ショップで探してみてくださいね。



まとめ

マスクは感染予防アイテムとして、とても優秀なので、痛くならないような対策やグッズで
快適なマスクライフをお過ごしくださいね。

■インフルエンザ関連記事

・予防や対策
≫インフルエンザ予防で効果的なのは正しい手洗い!湿度管理や換気も重要!

≫インフルエンザ予防には緑茶が効果抜群!うがいの方法やペットボトルでもOK?

≫インフルエンザ予防でうがいは効果がない?マスクは?徹底解説!

≫インフルエンザは家族にうつる?感染しない対策はいつまで行う?

・予防接種
≫インフルエンザの予防接種は効果ない?気になる副作用は?いつ受ける?

≫インフルエンザ予防接種の副作用とは?起こる確率や対処法を紹介

≫インフルエンザの予防接種は妊婦は危険?赤ちゃんへの影響は?いつ打つべき?

≫インフルエンザの予防接種の赤ちゃんへの効果は?時期や間隔、値段について

・感染後のQ&A

≫インフルエンザの頭痛を和らげる方法は?市販薬を飲んでもいい?

≫インフルエンザ菌の排出期間はいつまで?寿命はどのくらい?

≫インフルエンザの時のお風呂はいつからOK?シャワーは?

≫インフルエンザはお風呂でうつる?入る順番は?

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

スポンサーリンク




人気記事TOP5!

ディズニーオンアイスに関する記事まとめ

赤ちゃんの夏バテの症状は?正しい対策を紹介

  新着記事
記事検索はコチラ

カテゴリー
お問い合わせ

お問い合わせはこちらからどうぞ^^

運営者情報

運営者情報はこちら

メタ情報