暮らしの知恵

インフルエンザはお風呂で感染する?入る順番は?【気になる情報を徹底解説】

家族の一人がインフルエンザにかかった場合、
部屋の中は除菌や換気等、細心の注意を払いますが、
共用スペースである「お風呂」はどうでしょう?

今回は、

・インフルエンザはお風呂でもうつるのか?
・入る順番はどうしたらよいのか

についてご紹介致します。

インフルエンザはお風呂でうつる?

「インフルエンザに患者がお風呂を使った場合、
同じお風呂に入った他の家族も感染するのか?」

結論から申し上げますと、

お風呂でも感染する可能性はあります。

しかし、お風呂でインフルエンザに感染する確率は非常に低いです。
家の中で一番低い場所と言えるかもしれません。

お風呂というのは、高温多湿の場所ですよね。

インフルエンザウイルスは、

  • 気温20度以上
  • 湿気50%以上

の環境に置かれると、感染力をなくし死滅します。

その為浴室というのは、
ウイルスが活動しずらい場所なんです。

とはいえ、浴室内で感染する可能性は0ではないんですよね。

というのも、インフルエンザの感染経路としては、

  • 空気感染
  • 飛沫感染
  • 接触感染

とありますが、このうち
空気感染」と「飛沫感染」に関しては、
誰かと一緒に入るということでなければ、
あまり心配いらないかもしれません。

気をつけなければならないのが、「接触感染」です。

例えば、

インフルエンザ中のパパが菌がついた手で風呂桶をさわる

その後、娘がお風呂で同じ風呂桶に触り、手に菌が付着

知らずに目をこすった

となれば、インフルエンザに感染してしまいます。

浴室は、ウイルスが死滅しやすい場所ではありますが、
100%死滅するとは言い切れません。

万が一ウイルスが活動している時に触れてしまえば、
もちろん感染のリスクがあるんです。

その為、

  • 風呂桶
  • ボディタオル
  • シャンプーやコンディショナー、ボディソープなどのボトル

など、共有しているアイテムは注意が必要です。

シャワーやドアノブなんかもそうですね。

ボディタオルは他の物を使用したり、
なるべく共用しないようにしましょう。

身体を拭くバスタオルも共有はさけてくださいね。

感染を防ぐためにも、
インフルエンザ患者の入浴後は、
シャワーや風呂桶、ドアノブも
除菌スプレーをして拭いておきましょう。

そしてあがった後は、
しっかり換気を行いましょう。

浴室での感染も心配ですが、
それよりも心配なのが脱衣所です。

感染者が脱衣所で咳をした場合、
もちろん脱衣所にはウイルスが舞いますので、
空気感染の危険性も出てきます。

あがった後はすぐにマスクを着用し、
感染を広げないように注意しましょう。

浴槽のお湯から感染しない?

ウイルスや菌というのは、種類によって感染力に差があります。

とても熱に強く、殺菌するのに
55度以上のお湯に30分以上かかる」菌もあります。

その為、残り湯はすぐに捨てるようにしてください。

そして、インフルエンザ感染中に浴槽に浸かるのはおすすめしません。

詳しい記事はこちら。↓
≫インフルエンザの時のお風呂はいつからOK?シャワーは?

インフルエンザ中のお風呂に入る順番は?

浴室で感染する可能性のある状況を踏まえて考えると、インフルエンザに感染中は、

「一番最後」

に入浴するのが良いでしょう。

浴室は感染しにくい場所とはいえ、
Oではありません。

ウイルスが活動しにくい場所というだけで、
必ず死滅しているかは目に見て分かりません。

その為、感染のリスクを最大限に抑える為にも、
インフルエンザ患者の入浴は家族全員の入浴後にしましょう。

そして二次感染予防の為に、
入浴後は換気と除菌を忘れずに行いましょう。