浴室ドアの換気口を掃除!カビは○○○液湿布でスッキリ!

      2017/03/02

大掃除を始めるといろんな所が気になり始めますよね。
浴室の中はピカピカにしたけど、浴室のドアってどうしたいいの?という方の為に、
ずぼら主婦の簡単浴室ドアの掃除のやり方をご紹介します♪

スポンサーリンク

  

浴室ドアの換気口を掃除!

浴室のドアの汚れといえば、

  • ゴムパッキンのカビ
  • 通気口のホコリやカビ
が主だと思います。

我が家も、脱衣所でヘアスプレーを良く使用するので、通気口にはホコリが貼りついてべったり…
隙間ってなかなかとれないし、掃除もしづらいんですよね^^;


でもドア掃除って面倒だし、どうしたらいいのか…と考えていたところ、ずぼら主婦はひらめいたのです!

オキシクリーンだ!

と。

オキシクリーンというのは、万能洗剤といわれている、酸素系漂白剤のことです。↓


前回、洗濯槽掃除の記事でもご紹介しましたが、
オキシクリーンは、洗濯はもちろん、洗濯槽、浴槽、浴室、台所、コンロ、換気扇、床や窓…etc
さまざまな場所の掃除で大活躍してくれる、1つあると大変便利な万能アイテムなんです♪

しかも、塩素系のクリーナーと違って、人にも環境にも優しいので、安心安全なんです☆

今回も、オキシクリーンを使用してピカピカにしていきますよー!!

もちろん、市販の酸素系漂白剤でもOKです^^
≫ 酸素系漂白剤 シャボン玉 酸素系漂白剤 750g【楽天24】[シャボン玉せっけん...



スポンサーリンク



浴室ドアの掃除方法

【準備する物】
・オキシクリーン
(酸素系漂白剤)
・タワシや歯ブラシ、スポンジなど

1.浴槽に45度~60度でお湯をはります

まずは、お風呂に熱めのお湯をはってください。
お湯の量は通気口が隠れるくらいの高さでOK!(だいたい半分くらいかな?)

45度~60度の温度がオキシクリーン(酸素系漂白剤)の活性酵素の働きを一番活性化させてくれる温度なので、必ずこの温度にしてくださいね。

残り湯を追いだきしてもOKですが、入浴剤を入れてしまったお湯は、除菌や汚れ落ちの効果が薄まると言われているので、なるべく何も入っていないお湯を使用しましょう。

2.浴槽の中にオキシクリーンを入れる

浴槽の中にオキシクリーンをなるべく満遍なくいれます。

量は、専用のスプーンで2杯ほどでOKです。
(※コストコのアメリカ産オキシクリーンの場合の量。)

中国産のオキシクリーン:約8杯
酸素系漂白剤:200g

を目安に入れてください。

3.浴室のドアを取り外して、浴槽にいれる

はい!ここでずぼら発揮!
浴室のドアを取り外して、オキシクリーンの入った浴槽に通気口を下にしてどぼん!
私はついでに、浴槽のフタやおけなんかもいれちゃいます♪
img_2203
浴室のドアの取り外し方は、異なるので説明書を見てください。
意外と簡単にできますが、重たいので慎重におこなってくださいね!

4.2時間~1晩漬けておく

オキシクリーン(酸素系漂白剤)の効果は、20分以上6時間以内と言われています。
汚れが酷い場合は、6時間はせめておいた方が取れやすくなりますよ♪

私は夜寝る前にここまでしておいて、朝まで放置しています^^

5.汚れを流し、磨いていく

朝になると…

img_2205
うげーーーー!!(゜Д゜)
水の色までだいぶ汚い…

こんな風にこびりついていた汚れやほこりが浮いてきています。

あまり汚れていない場合は、ここでぬるぬるがとれるまで洗い流すと、綺麗にとれると思います。

とれなかった分の汚れをスポンジや歯ブラシを使って磨いていきます。
面白い程するするとれますよ~♪

5.綺麗に流して完了!

汚れを綺麗に流したら終了です☆

あんなに汚かった汚れがピカピカになりました~^^
img_2450
img_2451
スペースに余裕のある方は、掃除の後にベランダ等で日干しするといいですよ☆



スポンサーリンク



浴室ドアのカビ掃除には、○○○液で湿布しよう!

ここまで行っても、ゴムパッキンについた頑固な黒カビがとれない…という方もいらっしゃると思います。

うちのドアやレールの部分など、こんなことに…

img_2207

img_2209


そんな方は、オキシ液で湿布をしましょう!

オキシ液湿布のやり方


【用意する物】
・オキシクリーン
(酸素系漂白剤)

・バケツや風呂おけ
・泡だて器
・キッチンペーパー
・ラップ

1.オキシ液を作る

まずは、オキシ液を作ります。
水5ℓに対してスプーン半分程度。(約30~50g)

おけやバケツに、45度~60度のお湯をいれて、オキシクリーンを入れます。
img_2475

2.泡だて器を使ってモコモコに泡だてます

しっかりと粉が溶けるように、泡立て器で混ぜます。

img_2478
モコモコ泡が出てきますよ~

img_2484

3.キッチンペーパーをオキシ液に浸し、汚れやカビの部分に湿布する

オキシ液にキッチンペーパーを浸し、軽く絞ってから、カビで汚れてるゴムパッキンにパックのように貼り付けます。
乾燥しないように上からラップをすると、より効果的です☆
img_2486
img_2485
このまま、20分~6時間放置し、
その後剥がして、タワシで擦って終了です☆

黄色かった部分も真っ白に♪

img_2490
img_2453
あまりに頑固なカビは1度で取れないことがあります。
その場合は、何度か繰り返し行うことでかなり薄くすることが出来ますよ!!

まとめ

浴室掃除をこまめにすみずみまで掃除している方って、本当に尊敬します(:_;)
私のようなまとめて一気に!派の方は、是非お試しください~☆

【関連記事】
◇オキシクリーンで掃除編
≫洗濯槽掃除
≫ドラム式洗濯機の掃除
≫フローリング(床)掃除
≫トイレ掃除


◇重層で掃除編
≫電子レンジの掃除

スポンサーリンク