小樽のイルミネーション2016!期間限定のキャンドルバーや観覧時の服装は?

      2017/03/02

皆さん、北海道のイルミネーションを見たことがありますか?
雪景色の中で煌びやかに輝くイルミネーションは、まさに幻想的な世界です。

今回は、そんな美しい雪景色の中見ることのできる、小樽のイルミネーションについて☆
おすすめのカフェや、観光でいらっしゃる方の為に、観覧時の服装についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

  

小樽のイルミネーション2016!開催期間や時間、見どころをCHECK!

小樽の冬の恒例イベントといえば、「小樽ゆき物語」です♪
2015年からは、「小樽雪あかりの路」、余市町の「余市ゆき物語」とも連携することで、更にパワーアップしたイベントになりました^^

見どころ満載の人気イベントへとパワーアップしてきている為、2016年度からは開催期間も延長されることが決定☆


今年の開催期間は、

2016年11月12日(土)~2017年2月12日(日)

となっています。


点灯時間は、

日没~22:30

までです。

日没~ということなので、例年の傾向を見ても、17:30以降には確実にライトアップされているのではないかと思います。


小樽ゆき物語では、各スポットや、イベント毎に少し期間が異なります。
詳細は下記の“見どころイベントの詳細は?”をご覧ください。


オープニングセレモニーとして、点灯式を、

2016年11月12日(土)16:30~、小樽運河にて行います。

ステージショーもあるので、是非足を運んでみてくださいね☆


見どころやイベントの詳細は?

今年の小樽ゆき物語も、魅力のあるスポットがたくさん!
スポット毎に期間や見どころをご紹介しますね♪

1.定番スポット:小樽運河「青の運河」

小樽の象徴といえば、“運河”“硝子”“灯り”。
この象徴ともいえる、小樽運河がイルミネーションによって、「青い運河」へと生まれ変わります。

青に輝く運河、隣には雪道、全てがキラキラと輝き、まさに幻想的な世界です。

大切な人と、是非歩いてみてください^^

小樽といえば、美味しい食べ物がたくさんあることでも有名ですが、

「おすすめの物が知りたい!」
「何を食べたらいいのか分からない…」


という方の為に、今年から、小樽市内や余市町内の飲食施設の自慢グルメを掲載した、「まちごはんパスポート」が発行されます☆
旅においしい食事はかかせないですよね!笑

地元おすすめ、自慢のグルメ情報を是非参考にされてみてはいかがでしょうか?^^

【開催期間】
2016年11月12日(土)~2017年1月31日(火)

【開催場所】
小樽運河 浅草橋~中央橋
※中央橋は工事中の為、12月末~の点灯予定。

2.浮き玉ツリー

「浮き玉って?」
と思われる方が多いかもしれませんね。

浮き玉というのは、漁業に使うガラス製の浮き玉のこと。

小樽の発展をささえてきたのは港町!といわれているほど、漁業が盛んな街小樽。
その小樽ならではの発想で、ガラス製の浮き玉200個に、電飾を施したツリーです☆

今では、訪れた人達の記念撮影スポットとして人気です♪

【開催期間】
2016年11月12日(土)~2017年1月31日(火)

【開催場所】
運河プラザ

3.ワイングラスタワー

小樽は「硝子の街」としても有名。
その硝子の街に相応しい、シンボルタワーとして、この“ワイングラスタワー”を今年も設置します☆

積み上げたワイングラスに灯る光がなんとも幻想的な空間を作り出しています。

魅了されること間違いなしです☆

【開催期間】
2016年11月12日(土)~2016年2月12日(日)

【開催場所】
運河プラザ

4.小樽天狗山「青の天狗桜」

北海道三大夜景”認定スポットである、「天狗山
その夜景は、ミシュランでも1ツ星を獲得するほど!

そんな天狗山の山頂にある天狗桜もブルーのライトでライトアップされます☆
雪の壁に浮かび上がるイルミネーション、そして美しい小樽の夜景は、言葉も出ないほどの絶景です。

【開催期間】
2016年11月19日(土)~2017年1月31日(火)

【開催場所】
小樽天狗山


ちなみに、先程ご紹介したイベント、「小樽雪あかりの路」の開催期間は、

2017年2月3日(金)~2017年2月12日(日)


余市町のイベント「余市ゆき物語」は、

2016年11月12日(土)~2017年2月12日(日)

となっています。



スポンサーリンク



小樽のイルミネーションに、期間限定キャンドル・バーがOPEN!

美しいイルミネーションで、心は暖まりますが、どうしても身体は冷えてしまいますよね…。

北海道のイルミネーションは特にそうです。
本州と同じように考えていたら、痛い目にあいます。笑

美しいイルミネーションを堪能する為にも、一休みすることが重要です。

実は今回のイルミネーション期間限定で「キャンドル・バー」がOPENします♪
身体が冷えた時は、温かい室内で一休みしてくださいね^^

【期間】
2016年11月16日~2016年12月24日までの、
金曜・土曜限定OPEN!(計13回)

【メニュー】
・ビール 350円
・その他アルコール 300円
・おつまみ 370円~

【場所】
運河プラザ内

小樽のイルミネーションを観覧するときの服装は?

小樽は、札幌よりも雪が多い街です。(坂も多いです…)
その為、防寒が必須となります。

地元民ならいいのですが、観光で行く方は、

・どのくらい寒さ対策をしていけばよいのか
・どんな服装でいったらいいのか


というのが未知の世界ですよね。

ここで、例年の12月頃の気温や状況から見て、どんな服装が良いのか、地元の方に訪ねてみました!

1.とにかく靴には要注意!

「デートで行くから、オシャレなヒールで…」

なんて考えている女性の方、
絶対にNOOOOOOOOOOです!笑

100%転んで恥をかくのでやめましょう。
普通の靴でも雪道は滑ってしまう可能性大です。

通常北海道など、雪の多い地域の方の靴は、雪道対応の作りになっているんです。

先程お話しした通り、小樽は雪や坂の多い街なので、雪道対応の靴を履くことを強くおすすめします。
雪道対応の靴だからって、作業靴みたいな物じゃなく、普通におしゃれなブーツもあるので、女性の方も安心してくださいね^^

ちなみに、雪道対応の靴は、通販等でも購入できますが、相場は5,000円~6,000円となっています。

実際に北海道の店舗で購入すると、安い店では2,000円程度で購入することも可能なようです。
時間に余裕のある方は、現地で見つけるのもありでしょう。

帰ってから使う予定はなく、旅行のみで使う!という方は、ムートンブーツなど、防寒の面を重視したものを購入すると良いでしょう。

2.温度調整しやすいものを選ぶ!

とにかく厚着しなきゃ!と思って、ヒートテック2枚に、タートルネックに、カーディガンに、コートに…
なんてお考えの方はいらっしゃいませんか?

確かに防寒の面でみると非常に良いですが、良く考えてください。

ずっと外にいませんよね?

そうなんです。
観光に来る方は特に、皆さん外に居る時の寒さを意識しすぎて、室内にいる時のことを忘れてしまって、ついつい着こんでしまうんです。

そうすると、今度は室内に居る時に暑すぎてどうしよう…と困った事態になります^^;
その為、着る物に関しては、温度調節できるものがおすすめです☆

例えば、冬といえば、タートルネックを着用する方が多いと思いますが、タートルネックは首をカバーする物ですよね。

しかし、良く考えてください。
首をカバーするものならば、マフラーでも良いですよね?
マフラーの方が、簡単に着脱できるので、温度調節が可能で便利です♪

他に着脱が簡単な物と言えば、カーディガンもそうです。

このように、室内と屋外で温度調節を簡単に行えるアイテムが非常に便利でおすすめです^^

3.コートの素材に注意

コートの素材によっては、雪が付着しやすい物があります。
例えば、モッズコートや、ウールのコートなど。

付着した雪がとけると、濡れてしまうので、あまりおすすめしません。
傘も吹雪いている時はさせないので、お気に入りの高いウールのコートなんかは、やめておいた方が良いでしょう^^;

ダウンのように、さっと落とせる物の方が良いです。

4.スカートを履くならタイツを重ね履き!

女性の方でスカートを履く予定の方は、タイツを重ね履きしましょう!
160デニール位でも、風を通してしまうので、下に薄いレギンスやスパッツを履くと良いでしょう。

とにかく風を通さない為に、デニムやパンツの下にもタイツやレギンスを履いている方が多いようです。


防寒は重要ですが、温度調節のできるものを着用し、着すぎに注意しましょう!



まとめ

小樽の雪と、イルミネーションの光とのコラボレーションは最高に美しいですよ♪
暖かい格好をして、是非足を運んでみてくださいね^^



スポンサーリンク