エンタメ

【死因】YMO高橋幸宏さんが死去!脳腫瘍だったことなど詳細について徹底解説!

【死因】YMO高橋幸宏さんが死去!脳腫瘍だったことなど詳細について徹底解説!

高橋幸宏さんは、YMO(イエローマジックオーケストラ)のメンバー・ドラマーとして一世を風靡したミュージシャンです。

お洒落で格好よく、知性的なキャラクターで人気でしたよね。

若い層の方から見てもカッコいい!ダンディ!と思われる方は多かったでしょう。

そんな高橋幸宏さんですが、2023年1月15日に死去されたことが発表されました。

高橋幸宏さんの死因は何だったのでしょうか?

この記事では、高橋幸宏さんの死因について解説していきます。

この記事でわかること
  • 高橋幸宏のプロフィール
  • 高橋幸宏の死因
  • SNSの反応

高橋幸宏さんプロフィール

名前 高橋幸宏
生年月日 1952年6月6日
出身地 東京都 目黒区
配偶者 高橋 喜代美
所属事務所 EMI、 イーストワールド

高橋幸宏の死因は脳腫瘍の闘病に起きた

高橋幸宏さんは、2020年に脳腫瘍で手術を行い闘病中であったことが分かっています。

復帰へ向けて懸命なリハビリを行っていたと様子だったとのこと。

元々頭痛が長引いたことで異変に気付き検査したところ、脳腫瘍が分かったそうです。

この脳腫瘍が分かった時に、高橋幸宏さんはその日まるで時間が止まった様に感じて仕事が手につかなかくなったことをカミングアウトしていました。

しかし、2021年に更に異なる病気を患った可能性について自身のSNSで言及していました。

詳細までは明かされていませんが、脳腫瘍の再発までは言われていないと発言しています。

これについては最後まで明かされることがありませんでした。

地元の病院や都内の病院を行き来していることとも話されているので、回復を目指していたと読み取れます。

高橋幸宏の死因は誤嚥性肺炎

所属事務所は、高橋幸宏さんの死因を誤嚥性肺炎だったことを明かしています。

元々2022年1月のツイートでは、アバスティンの点滴治療が始まり妻に運転してもらっていると話しています。

このアバスティンの点滴治療は、大腸がんなどに使用される為、これは憶測ですが高橋幸宏さんはガンを患っていたのでは?と言われています。

しかし、真偽は不明です。

高橋幸宏の死因となった誤嚥性肺炎とは?

高橋幸宏の死因となった誤嚥性肺炎とは?

誤嚥性肺炎とは、嚥下する際に、食物や飲み物が気管支に逆流して肺に入り込んでしまう病気です。

これによって肺に感染が生じることがあります。

症状には、咳、痰、胸痛、呼吸困難などがあります。

原因には、食道の狭窄や肺の病気などが考えられます。

治療には、嚥下障害を改善するための治療や、感染を治療するための抗生物質を使用することがあります。

高橋幸宏の死因に関係する脳腫瘍とは?

高橋幸宏さんの死因に関係する脳腫瘍とは?

日本国内では年間2万人の脳腫瘍患者が出ると言われています。

悪性腫瘍だった場合でも5年生存率は、50%程なので予後は良いと言えるのではないでしょうか?

現に高橋幸宏さんの場合は、他の病気で亡くなったことも示唆されていますよね。

高橋幸宏さんの死因に関するSNS投稿

回顧する方も多く居ますね

【死因】YMO高橋幸宏さんが死去!脳腫瘍だったことなど詳細について徹底解説!【まとめ】

この記事では、YMO高橋幸宏さんの死因について解説していきました。

テレビで見かけたタレントさんやミュージシャンが亡くなると悲しい気持ちになりますね。

本記事の内容があなたのお役に立てば幸いです。